カテゴリー別アーカイブ: Songs of Experience / Yamaguchi Hiroshi

Songs of Experience / Yamaguchi Hiroshi #7通販開始

4月10日 木曜日 曇り お待たせしました。Songs of Experience、本日から通販開始っす。特設サイトからどうぞ。このblogの右側からも飛べるよ。よろしくねー。      

カテゴリー: Songs of Experience / Yamaguchi Hiroshi | 2件のコメント

Songs of Experience / Yamaguchi Hiroshi #6

4月4日 金曜日 晴れ   過日、某大国にて。  CDがまるで「過去の遺物」のように扱われているのを観て、軽く恐怖を覚えたっす。日本が先進国だと思っているなら、それはもう幻想に近いかも。タブレットやラップトップにCD/DVDのドライヴは搭載されていないのは皆も知ってると思うし。wifiや携帯のsimの環境がこんなに整っていないってことも、多分日本人は気づいていない。僕だって、外に出なければ分からなかったし、この期に及んで、武器と原発を輸出するんだと国会で決議していることにのけぞるのです。終わってるよ、その発想。未来、ないって。  話を戻すね。  僕はパッケージにひどく愛着があるんです。生きている間はパッケージで作品をリリースしたいけど、それがいつまで可能か、不明な状況ではあるのです。新しいアルバムのディストリビューション。問い合わせを頂いてますが、今のところ、店舗に流通することはありません。悪しからず。来るべきHWのアルバムはまた考えます。なので、作品はいつもの通販サイト「ads405」および、ライヴ会場で手に入れてください。アマゾンは要望が多ければ、検討します。通販での販売は中旬頃を予定してます。もうちょっと待ってね。もろもろ整備中。  さて、新しいアルバムからの3曲目。「冬の朝」です。今のところ、曲順通りに来てるんですけど。オレ、この曲、好きです。このアルバムで唯一、俺以外の人間が参加してくれてる曲です。 ———————————– 冬の朝 by 山口洋 冬の朝 陽だまりの中 その美しい目で 君は何を見ているのか  頬杖をついたまま なくしたものの行方さえ 彼女には分からないまま 十二月の 空は高く 風の中に甘く 枯葉の匂いがする  子どもたちが 公園を駆ける イノセントで無邪気な声が 光のむこうから響いてくる 冬の朝 運命は巡り あいつはかわりゆく すべてのこと 受け入れてゆく あれから いくつもの季節をこえ 悲しみには終わりがあることを あいつもどうやら知ったみたいさ 生まれてきたことを呪う 理由などないさ そんな暮らしのなかで 誰もがみな 夜明けの歌を 探している 冬の朝 風景は流れ 電車の窓ガラスだけが 世界と彼女を隔てている こんなにおく病なまま 年老いていくだけだなんて 考えたこともなかったのに 十二月の 空は高く 風の中に甘く 枯葉の匂いがする  膨れ上がった欲望のバブルが エゴの力に耐えきれず 破裂し続けるのを あいつはずっと見てきた 冬の朝 運命は巡り それぞれにかわりゆく すべてのこと 受け入れてゆく 何も起こらない日々より はるかに豊かなときを生きていると それぞれに言い聞かせている 何気なく また一日が始まり そして暮れてゆく そんな暮らしのなかで 誰もがみな 夜明けの歌を 探している 生まれてきたことを呪う 理由などないさ そんな暮らしのなかで 誰もがみな 夜明けの歌を 探している YH – Yairi Hiroshi Model, Gibson Firebird, Bass, … 続きを読む

カテゴリー: Songs of Experience / Yamaguchi Hiroshi | 6件のコメント

Songs of Experience / Yamaguchi Hiroshi #5

3月28日 金曜日 晴れ そんな訳で、来週4/3横浜を皮切りにソロ・ツアーを開始するでござる。新しいソロ・アルバム、「Songs of Experience」を持ってのツアー。みんな、来てね。買ってね。内容はもちろん、新しいアルバムが中心になるでござるが、ソロのライヴはフレキシブルゆえ、どーしても聴きたい曲があったら、魂から叫ばれるとよろしい。ジャクソン・ブラウンみたいには応えないけど、何がしかの必然性を見つけたら反応するかもで、ござる。 ———————————————– 山口洋 on the road,again / rolling 50 4月3日(木) 横浜・THUMBS UP 4月5日(土) 豊橋・HOUSE of CRAZY 4月7日(月) 高松・Bar RUFFHOUSE 4月9日(水) 広島・音楽喫茶 ヲルガン座 Guest=渡辺圭一 4月11日(金) 京都・拾得 Guest=渡辺圭一 4月12日(土) 大阪・knave Guest=渡辺圭一 4月29日(火・祝) 吉祥寺・Star Pine’s Cafe 5月10日(土) 高岡・Cafe POULOWNIA 5月11日(日) … 続きを読む

カテゴリー: Songs of Experience / Yamaguchi Hiroshi | 12件のコメント

Songs of Experience / Yamaguchi Hiroshi #4

3月23日 日曜日 晴れ 大きな怪我をすることなく、今年のシーズンを終えました。身体と心は静かな力で満ちています。明日、帰国する便に乗ります。 山から受けとったエネルギーをこれから、ライヴでみなさんに届けます。新しいアルバムももうすぐ完成すると、工場から連絡をもらいました。てな訳で、余程のことがない限り、4/3のツアー初日、横浜公演からみなさんに手にして頂けると思います。一般発売は日本に帰ってから、お知らせします。ちょっと、待っててね。 新譜へのたくさんのリクエストをありがとう。思えば、一年前、この家で、この曲を書き上げ、マネージャーにメールを送ったのです。「書けたから、バンドやるってみんなに伝えて。でもってオレ、一人で全国に届けにいく、よろしく」みたいな。じゃ、1曲目に収録されている「Don’t Look Back」。でっかい音で聴いてね。(勧められてsoundcloudを使ってみたんだけど、Chromeじゃ聴けるけど、Safariじゃ聴けなかったりとか、若干不安定な感じっす。すいません。追求してると飛行機に乗り遅れるので、帰って解決するっす。聴けなかったらごめんね)。 追伸 次回の「地獄アワー」のテーマも募集します。帰国したら、取りかかるので、リクエストよろしくねーーーーー。 ————————————- Don’t Look Back by Yamaguchi Hiroshi いったいどれだけの ドアを叩いたなら Don’t Look Back あの子たちの未来に 花が咲くんだろう Don’t Look Back いったいどれだけの 山を超えたなら Don’t Look Back 君にありふれた朝が来るんだろう Don’t Look Back 愚かでなければ 恋なんかしないさ Don’t Look Back 幻想が幻滅へと変わるとき Don’t Look Back 何も持たなきゃ 失うものもないさ Don’t Look Back 意味のない経験なんてないはずさ Don’t Look Back 君を信じられるのは 君だけなんだ … 続きを読む

カテゴリー: Songs of Experience / Yamaguchi Hiroshi | 18件のコメント

Songs of Experience / Yamaguchi Hiroshi #3

3月18日 火曜日 曇り はてさて。 昨日、僕のソロ・アルバムの収録曲を紹介しましたが、「試聴(この感じ、あんまり好きじゃない)」ではなく、数曲はダウンロードはできないまでも、フルで聴くことができる状況にできねーかなぁ、と思っています。僕はファンを信じます。気に入ったら、アルバム買ってね。4649。 で、どの曲を聴きたいのか、せっかくだからリクエストを募ります。できれば、その理由もきかせてください。コメント欄にどしどしどうぞ。収録曲を今一度記しておきます。 Song of Experience / Yamaguchi Hiroshi 1. Don’t Look Back 2. 愛と希望と忍耐 3. 冬の朝 4. 焦燥のブルー 5. ソウマネス 6. Life Is Message 7. Force = Surrender 8. 星光 9. Life Goes On 10. I Believe in … 続きを読む

カテゴリー: Songs of Experience / Yamaguchi Hiroshi | 30件のコメント

Songs of Experience / Yamaguchi Hiroshi #2

3月17日 月曜日 吹雪 セント・パトリック・ディ。いったい何処にこれだけのアイリッシュが居たんだ、といつも思います。 今日はまず、僕のソロ・アルバム「Songs of Experience」の収録曲を。今、滞在しているこの家で書いた曲も多く、何だか不思議な感じです。殆どが2011年以降に書かれたものです。そしてレコーディング中、みなさんからかつての曲のリクエストを募り、いろいろとやってみました。今後も引き続きやっていくつもりですが、今回は妙に今の時代にフィットした25年前の曲「EVERYTHING」を1曲、収録しました。 1. Don’t Look Back 2. 愛と希望と忍耐 3. 冬の朝 4. 焦燥のブルー 5. ソウマネス 6. Life Is Message 7. Force = Surrender 8. 星光 9. Life Goes On 10. I Believe in You 11. Alone Together 12. … 続きを読む

カテゴリー: Songs of Experience / Yamaguchi Hiroshi | 6件のコメント

Songs of Experience / Yamaguchi Hiroshi #1

3月15日 土曜日 吹雪 昨年、全国を廻り、直にみなさんと接してみて。 同じ時代に生きる者として、新しいアルバムをずっと待ち望んでくれていることを身にしみて理解しました。バンドは一度レコーディング・スタジオに入り、HW SESSIONSという試みを繰り返していますが、アルバムの完成までにはまだかなりの時間が必要です。 僕はこの3年間に経験したことが、マグマのように身体の中でたぎっていました。さまざまな経験が音楽となってたち現れてきました。表現したかったのです。それは久しぶりの欲求でした。 僕は甚だ計画性のない男です。それをやりたくなったら、どうしてもやりたいのです。自分を止めることはできません。2014年、すべてのオファーを断って(ほんとうにすいません。音楽に集中したかったのです。同時に2つのことが出来ないのです)、元旦から自分のスタジオで制作を開始しました。 アコースティック・ギター、エレクトリック・ギター、ヴォーカルマイクが常にオンになっていて、何かか浮かんだ瞬間に録音できる状況を整えました。できるだけ心の深いところに降りていくため、殆ど人に会わず、友達はランニングの際の夕陽だけでした。でも、それも悪くなかった。表現者にとって、表現することは一番の歓びです。産みの苦しみなんて、3年前にはもう味わえないかも、と思っていましたから。 頭蓋に浮かんだ風景に集中する。それは創作者として、素晴らしい時間でした。日に日に集中度は増していきました。稀に幻影も見ましたが。自らに課していたルールはただひとつ。ドラムは叩かない。クリック(メトロノームのようなもの)は使わない。それをやり出したら、キリがない。 ですから、今までにリリースしてきた僕のソロ・アルバムのように「弾き語り」ではありません。スタジオにあるドラム以外の楽器を一人で演奏して完成させました。 「Songs of Experience 」。山口洋、2014年、経験の歌。タイトルは敬愛するウイリアム・ブレイクから。全てを込めました。だから、あまり説明はしとうございません。でも、聴いてもらわなきゃ創った意味がないわけで、これから折りを見て、みなさんにお伝えしていきたいと思います。音もどうにかして聴いてもらえる方法を考えます。 何はともあれ、欲求だけで船出したので、発売日も何も決まっておりません。こんなことレコード会社ではあり得ません。でも、僕はそれでいいと思ったのです。発売日が決まって、曲を書くのではなく、どうしようもなく伝えたいからレコードを創る。原点に戻りたかった。 作業はほぼ2月に渡りました。すべてを出しきり、抜け殻になって、スキーとスノーボードとギターを持って、外国に逃亡しました。崖を滑り、スノーボードでボロボロになり、ようやくフラットな気持ちでみなさんに、完成を伝えられます。できたよ! 最高だよ! ほんとだよ! みんなの日々で聴いて欲しいよ!!!!!! 既にマスターはプレスに廻っています。4月の頭には工場から届きそうです。なので、「山口洋 on the road,again / rolling 50」、ツアーの冒頭からみなさんに届けることが出来るはずです。4月3日(木) 横浜・THUMBS UPからってことですね。確定したら、まだアナウンスします。頼むぞ、工場。一般発売はもう少し待ってください。約ひと月くらいかかると思います。 じゃ、今日はジャケットを紹介。何度も書いてきたけど、14歳の誕生日に、僕にギターを教えてくれたのは絵描きの親友なのです。(経歴ってところに僕のことが書いてある)僕はそれまで絵を描いていたのだけれど、互いの才能が交錯して、僕はミュージシャンに、彼は絵描きになったのです。ほんとうの話です。 なので、奴とは37年くらいのつきあい。HWが初めてアナログ盤をリリースした1985年、奴がジャケットを描いてくれました。それから30年経過して、時が満ちたんだと思います。奴のエッチング(銅版画)がジャケットになったことをほんとうに嬉しく思っています。

カテゴリー: Songs of Experience / Yamaguchi Hiroshi | 11件のコメント