月別アーカイブ: 12月 2015

福島にて

12月19~20日 福島は遠い。あらゆる意味で遠い。ほんとうに、あらゆる意味で。 でも、このまま福島を訪れることなく、2015年を終えることは気持ちが許さなかった。住んでいる人には甚だ失礼なのだけれど、福島を訪れることは気持ちが踊ることではない。だから、仲間に会いに行くのだと気持ちを切り替えてみる。 ここには僕らが生まれて、高度成長期に入り、今に至るまでのこの国の矛盾の全てがある。関東に住んでいる、僕らが使った電気のあまりあるツケを福島の人々が払わされている。そして東電からの保証金、復興や除染などにまつわる利権は街の人間関係をズタズタに切り裂いている。今年、たった2回しか訪れていない僕がこれ以上記すことははばかられる。ただ、ただ。あまりに、醜く、こころが痛い。 正直に云って、言葉にならないのだ。なるわけがないのだ。この圧倒的な事実の前では。日本中を旅する僕は、人々のこころの中で、福島が忘却の彼方に霞んでいることを皮膚感覚で知っている。だから、写真で伝えようと思う。言葉にならないから。フォトジェニックに撮ろうなんて、まったく思っていない。ただ、目の前の風景を、吐きそうになりながら、撮影しただけ。人間の欲望の膨大な残骸。自分もふくめて、人間っていったい何なんだろうね? 僕が君の家の庭に汚物をまき散らしたなら、逮捕されるだろう。けれど、これだけの広大な国土、そして海、こどもたちの未来と、人々のこころを汚染しておきながら、誰ひとり責任を問われない。そんな法で、国家なら、オレは信じない。子供たちに何と説明したらいい?オレはできないね。挙げ句、原発を再稼働させ、外国に売る。オレは意味が分からないんだよ。オリンピックの前にやることあるだろうよ?オレが狂ってるかい? ひとつだけ忘れられない話を書いておくね。 福島県相馬市でオレがこころから敬愛している人物。彼はいわきに孫が居る。相馬といわきはオレが「世界最悪の道」と思っている常磐道で、震災後、繋がった。そのニュースを聞いたとき、到底正気だとは思えなかった。あの原発の数キロ横を通るのだよ。国民ひとりあたりの被曝限度は決まっているのだよ。それでも開通させる。何のために?たくさん写真を載せておくから、それぞれで考えてくれると嬉しい。この風景の向こうでは作業員たちが廃炉のために身を削っている。 原発事故後、相馬からいわきまでは郡山などを遠回りせねばならず、3時間かかった。常磐道だと1時間。放射能に臭いがあるなら、誰も通らないだろうね。でも目には見えない。胸部レントゲンの160分の1の被曝量って、レントゲンは健康のため受けるもんであって、「通行料金を払った上で」被曝すんのとは意味が違うだろう? その人物の話に戻る。幼い孫がこの道を通って来るのは嫌だ。でも、祖父としては1分でも早く孫に会いたいんだ。分かるかい?それが人のこころってもんなんだよ、ヒロシ!って。オレは何も云えなかった。何と罪作りな国なのか。こんなこと、止めることが出来るのは国だけじゃんか!そしてこんな政府を選んでるのはオレたちじゃんか。アーメン。 今日はこれ以上は無理。もう書けない。でもね。行って良かったんだ。オレは自分のこととして身体に刻んだ。だから、来年もMY LIFE IS MY MESSAGE、続ける。たとえ最後の一匹になったとしても、おかしいことはおかしいといい続ける。 日本中から託される気持ちの継続的な使い道を、福島でようやく見つけることができた。愛が循環しているのはほんとうに嬉しい。もう少し状況を整えたら、発表するね。  

カテゴリー: 未分類 | 9件のコメント

day off

12月18日 金曜部 晴れ 遠方から来客があるので、思いきって休みました。こうでもしなきゃ、際限もなくやってしまうので。とか云いながら、早起きして筋トレとランニングはやるけどね。苦笑。 それにしてもいい天気。今日もお裾分け。明日は久しぶりに福島に行きます。あれからどうなったのか、自分の目で見ないと。来年のMY LIFE IS MY MESSAGEのことも仲間と話しあってきます。

カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント

ありがとう

12月17日 木曜日 曇り 12/26のライヴにたくさんのリクエストをありがとう。全部、紙に書き写したす。その曲数、実に41。幾つになっても、前を向いていることがいちばん大事だけれど、みんなの胸に刻まれてる音楽を演奏するのも、大事だよね。来年、何かそういうことも考えてみないとね。一人でいいなら、この41曲、2日かけていいなら歌いきれるもんね。 今夜は悩ましく考えてみます。 今日は夕陽がとっても奇麗だったのでお裾分け。海の写真は走ってるときに撮ってるので、カメラではなくiPhoneなんだけど、オレのiPhoneには海か、夕陽か、雪山の写真しかないってことに気づいたんだよね。色気なさすぎ。まぁ、いっか。

カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント

父の日

12月16日 水曜日 晴れ 冬とは思えぬ、暖かい一日。そして父の命日。 奴のことは大好きだったが、若い頃、酒飲みにだけはなってたまるかと思っていた。がしかし、アーメン。カエルの子はカエル。酒で滅びた奴よりも、遥かに酒量は上回っていると思うが、未だに死んでないのは、酔うとハッピーにしかならないからかな? 34年前に奴が死んだ時から、山口家の崩壊は始まり(暗い話じゃない)、遂にオレひとりが残るだけとなり、このまま行けば、山口家絶滅、ご先祖様すいませんってことになるが、オレだって精一杯生きた結果だから、それは許してもらおう。まるでアッシャー家の崩壊みたいだが、ある意味これ以上崩壊しようがないからして、 オレはあっけらかんと明るい。 奴は角瓶(それもポケット瓶)が好きだったから、買ってきて一緒に飲んだ。悪くなかった。 というのも。 昨日、オレが娘のように思っている、同級生の娘が娘を産んだ(ややこしい)。つまりオレのマブダチは「おじいちゃん」になったってことである。同級生が「おじいちゃん」になったってのに、オレは未だ「人間の誕生」に関わったことがなく、送られてきた写真を見ただけで、娘が更なる娘を抱きかかえている写真の本質を受け止めきれず、頭が混乱をきたしている。なにごとも、理解すんのに時間がかかるんだわ。てか、娘は完全に「母」の表情をしていて、女性はごいすー、とオレはのけぞるのだった。 そんなときは。 曲を書くに限る。ようやくそこに戻ってこれた。数日だけど、集中してソングライティングに取り組んでいる。最近はテーマが先にあって、曲を書くことがある。それはそれでひどくやりがいを感じるし、何よりも、曲を書いている時間が愉しい。どうしてかって、何を描いても、オレの自由だから。たとえ、頭が混乱しててもね。 ————————————– たっくさんのリクエストをありがとう。笑っちゃうくらいにバラバラなのは、僕らの曲が多角的に愛されてるんだと勝手に理解しとくね。少なくとも、このメンバーになって1回もやったことのないちょームズい曲に取り組んでみようと思うよ。今日までリクエスト、受け付けます。じゃんじゃん、どうぞ。

カテゴリー: 未分類 | 20件のコメント

光の道、午後3時57分

12月15日 火曜日 晴れ  12/26のリクエスト、引き続きどうぞ。

カテゴリー: 未分類 | 19件のコメント

days

12月13日 日曜日 曇り  脇目もふらず、全力で走ってきたツケを払っているところ。てか、ほんとうに全力で走っていたので、急には止まれないのです。苦笑。自分をもてあましています。新しい曲を書く方向にシフトしたいのだけれど、その脳味噌を使うためにも、全力で酒を飲み、全力で筋トレをし、全力で買い物し、リセットしようと試みてます。  ともだちが作ってくれるアロマスプレーに癒され中。ユーカリとジェニパー、リトセアがブレンドされたもので、もはやこれがないと生きられません。スタジオ、車の中、楽屋、ときにはステージも。しゅっとひと吹きするだけで、静かな気持ちになれます。ありがとう!  旅で出会った靴屋さんが僕の靴を作ってくれてます。自分の足の形の木型の写真を見るだけで感動するよ。ありがとう!  フィジカル・トレーナーに更なるストレッチと筋トレの方法を教えてもらいました。奥が深い。身体の隅々まで己を知覚するってことは面白いです。少し身体を削りすぎたので、これからは食べて戻します。ありがとう!  過日。  矢井田瞳@赤坂BLITZ。  最高到達点更新!矢井田驚異の伸びざかり!スピリットがほんとうに素晴らしいです。彼女から溢れる「音楽を奏でる歓び」と「人間力」がオーディエンスやオレを鼓舞するのです。シンプルなバンドも素晴らしかったっす。最後にまだリリースされていない新曲を。よし、オレも頑張る。  外国でも音楽の仕事ができるようにMac Bookにソフトをインストールしました。壮大な音楽の旅の第一歩目。数年がかりのプロジェクトになると思うけど、おっさん胸が高鳴ってます。ギターを持って世界に出ます。  これからは12/26のHWのライヴに気持ちをシフトします。みんなが元気に2016年を迎えられるような選曲にしたいっす。すべてのリクエストには応えられないと思うけど、参考にするので、コメント欄にどうぞ。水曜日まで受けつけてます。

カテゴリー: 未分類 | 19件のコメント

HOTEL EXISTENCE

12月11日 金曜日 晴れ / 強風 伝えたいのは決してネガティヴなことじゃない。たぶん状況が厳しいときこそ、ほんとうの表現が生まれてくる。どんなときだって、気高く、ドリーマーで居たい。 確かにCDは売れない。だからコストはかけられない。でも、僕らにはスキルがある。状況を追い風に変えて、新しい方法を探せばいい。必要は発明の母。僕はそう思う。 そしてミュージシャンは多少ミステリアスで、あまり饒舌じゃない方がいい。語り過ぎとSNSには気をつけろ。笑。でも興味をもってもらわなきゃいけないから、そのさじ加減は難しいんだけど。 —————————————————- HEATWAVE、今年で36年目。 ぐっと会って、集中してぱっと録って、仕上げにやたらと時間をかける。僕らが顔を合わせるのはスタジオのみ。住んでる場所も違うから、あとは魚とネットを通じてやり取りする。会話をしなくても、送られてきたファイルの中に刻まれた音がメッセージ。あとはひたすら僕が音に向き合い、最後の化粧の行程を魚が担当する。 若い頃。ネイティヴ・アメリカンの住む大地で、勝手にヴィジョン・クエストをやった。彼らは12歳になると、荒野の中で、宇宙と地面を、自らの身体を通して結ぶ場所を自分の力で見つけだし、そこに水だけで3日間滞在して、ヴィジョンを得る。そのヴィジョンをメディスンマンに伝えたとき、初めて彼は名前を得て、少年ではなくなる。雷鳴を見たものは「ローリング・サンダー」という風に。 内包する宇宙と、ほんとうの宇宙に境はない。そのことを知る人は少ない。テレビを見てたら気づかないよ。その曖昧なエリアのことを、ポール・オースターの新作に書かれていた言葉「HOTEL EXISTENCE」と呼ぶのがふさわしい、と僕は思った。そこにはトラウマやヴィジョンが映し出される。これ以上の説明は野暮だから止める。2016年を生き抜くのに必要な叡智だと僕は思う。オースターさん、ありがとう。 ————————————————– ジャケットの絵を描いてくれた人と僕は会ったことがあるらしい。彼がこの曲を聴いてくれたかどうか、敢えて確認しなかった。でも、きっと会うことになるだろうね。 ————————————————– 12/26のライヴでみんなに届けることができます。通販は年明けの1/6くらいからを予定してます。みんなの日々に響きますように。 ————————————————- Hotel Existence 野生の鷹のように気高く 風とともに去ってゆけたら いつか君にまた会えるかもな 雨粒として あるいは ひかりとして 日々は意義ある悲劇で喜劇 世界と関わるほどに 孤独になっていくだけ それでも探し続けているものは きっと理不尽の向こう側にある 花を飾ろう 白い花を イグディスタンスと云う名のホテルで君の 明日のために花を飾ろう いつか君は気がつくのかな 自分がしでかしたことの 傲慢さに けれど期待は裏切られるだろう ならば今 感謝と祝福を この目で見たことを 知らなかったといえず 知ってしまったことを なかったことにできず ブルーに絡まったまま 投げ出したなら 何もかもが この世界と同じ 荒地に種を撒き続けたら … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 15件のコメント

祝福

12月9日 木曜日 曇り/雨 野坂昭如さん。 実の父親と同じくらい「オヤジ」として勝手に慕ってた。ほんとうに父親に似てたし。追随できない生き方も、そのスピリットも。杉並に住んでた頃、近くにお住まいだったのに、声を掛ける勇気がなかった。後悔先に立たず。ほんとうに昭和が終わる。もうあんな人は生まれないだろう。寂しい。ブコウスキーが死んだとき、ショーン・ペンはこんな気分だったんだろうなぁ。あとは遺されたオレ達がやるしかないんだね。野坂さん。大好きです。感謝と、あなたの人生に祝福を。 (アイルランドで母親代わりの人の葬儀に立ち会って。悲しみよりも、生前彼女を愛した人たちが、彼女のLIFEを祝福していることに感銘を受けたのです。僕はかくありたい。)   ドニゴールからメールが来たんだ。いわく”We’re all getting older and wiser.” 「そんなのは信じない(笑)”って返信しといた。   —————————————————– “この世には根性を貫いたがゆえに、敗れ去った人だっていっぱいいる。純粋であればあるほど、この世では敗れざるを得ない。まったくの無名の人物でも、素晴らしい、己を貫いた尊敬に価する人物はいっぱい存在したはずだろう。そういう人間の運命の方に、ぼくは加担したいな。” by 岡本太郎 何と素晴らしい言葉を遺してくれたんだろう。こころが洗われる。 —————————————————– “真理はそこへ至る道のない土地である(Truth is pathless land)” by クリシュナムルティ 彼の言葉に何度救われたことか。 —————————————————— “お前の目を自由にし、それを真の窓にしろ。目は退屈さを見つめる窓にもなりうるし、無限大を垣間みる窓にもなりうるのだ。” by カルロス・カスタネダ ネイティヴの土地、再訪するときが近づいてる気がする。   ——————————————————- 魚さんのマスタリングが施され、出荷されたのも束の間。マエストロの仕事だから「まさか」、とは思いつつも、確認を怠らないオレ。スッポンですからね。プロの仕事は厳しいのですよ。そこでよもやのバグ発見。ただいま、修正中。プログラム・エラーなのだけれど、プロは最後まで製品に責任を持たなきゃね。 じゃ、明日はジャケットを見てもらおうかな。

カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント

Recording day #021

12月9日 水曜日 晴れ 完成 !!!!! 締め切りの日に滑り込みセーフ。これで、何かの事故が起きなければ、12/26のライヴに来た人には、新曲を3曲、手にしてもらうことができる。一般発売とか、もろもろのアナウンスはちょっと待ってね。音楽を完成させたところで、完全に力尽きたっす。笑。もーしばらくスピーカーの前に座りたくない。 CDが売れない、とか。テレビみたいに(テレビのニュースなんて、基本的にネガティヴなことしか垂れ流さないから大嫌い。そうとう世界を悪くしてると思う)ネガティヴなことは云いたくない。確かに売れない(だってiPadなんてCDのスロットがないんだから売れる訳ないじゃん)けど、だから何だよ?そんなことでヘタれるくらいなら、音楽なんて続けてないってば。音楽をね、ロックンロールをナメてもらっちゃ困る。 「ヘイ!いつも応援ありがとう。こんな時代だけど、みんな元気?オレも2015年は骨折したり、クソみたいな詐欺師に遭ったりしたけど、ぜーんぶゴキゲンな音楽に転化したから、新しいCD作ったよ。みんなに聴いて欲しいんだ。何とか2015年に間に合ったから、これ聴いて、来年はお互いもっといい年にしような」ってな感じ。よろしくね。 オレが唯一、ジミヘンに勝てることがあるとするなら、みんなと同じ、この時代に生きて、新しい音楽を産みだすことができるってことです。 あとはマスタリング。今回は魚さんが担当するのだが、何となく、そんな気分なので、今からクルマを飛ばして配達してくる。 肩こりにまみれて、走りに出たら。褒美みたいな夕焼けだったぜ。人生、悪くないよ。

カテゴリー: 未分類 | 16件のコメント

Recording day #020

12月8日 火曜日 曇り 泣いても笑っても、わたくすに残されたミキシングの時間はあと2日なのです。でも、音楽に関してはスッポンよりもしつこいので、とことんまで粘ります。ってか、自分で呆れるくらい粘ります。あと2日したら解放感のあまり、空を飛べたりして。笑。それはないか。あはは。 あまりの肩こりにバランスボールを買いました。それに座って仕事をするといいと云われたからです。膨らませるのに要した時間、約20分。ほんとに1分でも惜しい状況なのに20分。そして仕事場に運び込もうとしたなら、入り口でつっかえて入らなかったという。笑ってくれ、オレのLIFE。

カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント