作成者別アーカイブ: Yamaguchi_Hiroshi

骨抜き日本人

12月9日 金曜日 晴れ   耐用年数40年の原発を60年使うとか、発電を原発にシフトするとか、軍備を増強するとか、、、。  大してなんの議論も起きず、人々は自分の暮らしを守ることに必死で、広告代理店とマスコミとアホ政治家にいいようにやられていく骨抜き日本人、、、、。  もはや、自業自得だね。  んなことやるためには当然カネが必要で、インボイス制度なんてわれわれフリーの人間からなんとかしてむしり取ろうとしてるだけで。言っとくけど、あいつらが生み出したカネではいっさいないわけで、奴らは公僕なんだよ。既得権益を行使するのではなく、人民のために自ら身を粉にして、奉仕する立場なはずなんだけどね。偉くもなんともないんだよ。フェアであるために高い安定した給料が与えられてるだけで。  こんなに高齢化社会になって、介護の人たちの給料を聞いたら呆れるよ。彼らが社会を支えてくれてるんだから、それに見合った報酬がなければ、かならず悪循環が起きる。  たいせつなのはどこを見て生きるかってことだと思うんだよね。どんなときだって、人は気高くあるべきだよ。最後の一匹になったとしても、あいつらの言うことなんか聞かん。原発や軍備のためには1円も払いたくない。でも、不可能だから選挙に行くしかないんだけどさ。  どこまで行けるかわからんけど、これはオレの固有のLIFEだからね。もちろん自分なりのモラルはあった上で、なんぴとたりとも不可侵であるはずなんだよね。侵されない領域を自分で持っていなければ。  そのためにオレはギターを鳴らす。これは誰にもできない領域なんだよ。自分で磨いてきたんだもん。  思いやりを忘れず、不可侵な領域をたいせつにしよう。アホな情報は毒だからとっとと排除しよう。自分のアンテナと感度を磨こう。たまには野生に還って本能も研いでおこう。ポケットにはジョークを忘れずに。それは暗闇を照らすヘッドライトだよ。  Life goes on !

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

J-WAVEとTOSHI-LOWちゃんと腹痛

12月8日 木曜日 晴れ TOSHI-LOWがナビゲーターを務めるJ-WAVEの「HEART TO HEART」って番組に呼んでもらいました。 六本木ヒルズの駐車場にクルマを停めるだけでお腹痛くなりそうでしたが、すっかりブズーカーになったTOSHI-LOWちゃんとの演奏は愉しかったし、くっだらない話と真面目なコンセプトのバランスが絶妙でした。うん、いろんな意味で「unite」してたっす。 放送は12/18(日曜日)22時からです。ぜひ。    

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

Welcome Here Kind Stranger/Paul Brady

12月7日 水曜日 晴れ スカジャンを着てるとすぐ人にあげてしまう癖がある山口洋です。好きなんだけどなぁ、飲んでると、似合う人、見つけるとすぐにあげたくなる。笑。 さて。この夏、わたくす、「初めての経験」に取り組んでいました。頭の中にある物語を文章にするって作業です。 わたくす、書くことが子供の頃から大好きでした。どっちかっていうと、人前に出ていることより、人里離れたところで文章を書いている方が向いている、と今でも思っています。でも、幸か不幸か、ロックンロールの道を選んだのでね。もうひとつ余計なことを書くなら、「歌ってるけど、書いてる」的な生き方ができないのです。だから、blogをこうやって書いてるのも筆圧を落とさないためでもあって、いつかステージに立てなくなったらなら、ひとつだけ物語を描こうと思ってきました。 今回MUSIC PLANTの野崎さんからオファーがあって、敬愛するPAUL BRADYの本を作りたい、と。そのあっつい想いはこちらを参照してくださいまし。 その本はアイルランド音楽名盤ガイド Vol.1っ体で、ポール・ブレイディの78年の名作『Welcome Here Kind Stranger』のリスナーズ・ガイドなんすね。一枚のアルバムに光をあてたってところがにゃんとも野崎さんらしいっていうか。笑。素晴らしい。素晴らしすぎる。写真も素晴らしい執筆陣のみなさまの文章も。   で、そのアルバムに収録されている名曲「The Lakes of Pontchartrain 」を元に物語を描いてほしい、とオファーを受けました。   その曲、大好きだし。アイデア素晴らしいし、ポールにはたくさん影響を受けてきたし。光栄なことなので、ふたつ返事で引き受けました。 夏の間じゅう、ずっと夢遊病者みたいに「夢とうつつ」の間に浮かんでいた気がします。それは僕にとっては現実を見つめていることでもあって、ほんとうに得難い経験だったのです。ひとことで言うなら、幸せだった。取り組んでいるうちに、いろんなスピリットみたいなものが自分の中に入ってくるのがわかるんすね。それらがひとしきり、自分のこころの中で暴れたあと、ふっと風景が浮かんでは消える。それらを書き留めて、フロウを創っていく。愉しかったなぁ。静かで穏やかなひとりきりのロックンロール。 この本をきっかけにポールの音楽に触れる人が増えることを願っています。ポールのことを書き出したら、キリがないんだけど、それも野崎さんの文章をお借りしようかな。笑 。ぜひこれ読んでください。 いろんな「本物の」アーティストと一緒に演奏させてもらってきたけど、ポールはまた格別です。ある種の最高峰だと思うのです。みんなが知ってるアーティストの名前を出して、彼の音楽を誉めるのは彼に失礼なんで、できません。 僕のDonegalのお母ちゃん。病の床にいるときに、このyoutubeを見て、泣いてくれたそうです。飛行機に乗って飛んでいったけど、間に合わなかったけど、でも親孝行だったなぁ、と思うのです。で、その葬送にはポールの盟友であるアンディー・アーヴァインが一緒に来てくれました。美しい思い出。   ではでは。この本、楽しんでくださいね。こちらから購入できます。   ついしん 僕がいちばん好きなポールの曲!  

カテゴリー: 未分類 | 5件のコメント

days

12月6日 火曜日 曇り 東北の旅から帰ってきました。 懐かしのロックンロール・ライフが戻ってきたというよりは、新しい形で旅をしている感じですね。旅や密が当たり前だった時代に戻ろうとするより、制限がある中で、創造力を使ってどれだけ自由でいることができるのか、ってことにフォーカスした方が建設的だと思うのです。 50年後のイージーライダーとして。 それでも信じてきたロックンロールは力に満ちていて、人々のこころを「unite」していたのがほんとうに嬉しかったのです。信じてきたものを鳴らすためには飽くなき情熱が必要で、前よりももう二段くらいギアを本気で入れる必要があるのだけれど、各地でサポートしてくれた人々、素晴らしきうちのスタッフたち、一瞬にそれを込めることができるメンバー、なにより働いたお金で足を運んでくれたオーディエンス。新しい風景が見えつつあります。 ライヴに行きたいけれど、高齢の両親と暮らしているので、どうしても行けない。そんな声もたくさん聞いてます。どうぞ、無理のないところで。僕らもここは踏ん張ります。 そうそう。ライヴに来れない人のためにインスタライヴでその町の風景や、リハーサルの模様など、普段見ることができない景色をわたすが中継しています。まぁ、見ることができた人はラッキーくらいの感じで楽しんでやってます。 ようやくツアーやライヴを再開した仲間たちがコに倒れていくのを知るのはほんとうに辛いものがあるし、明日は我が身でもあるんだけど、ロックンロールの驚異の免疫力で前に進みます。 ところで。 94年にバッジオがPKを外したときから、僕はPKが嫌いです。あれは残忍だなぁ、といつも思うのです。それでも勝者との間にわずか数ミリの差があったのは事実で、それは情熱ではなく、経験の差なんだろう、と。それゆえ、ありとあらゆる経験は糧となり得るってことを教えられるのです。 誰かが本気で闘っているのを見て、ソファーでポテチを喰いながらそれを見るのも、グダグダ言うのも好きになれない。だって、闘ってるのは自分じゃないしね。どんなときだって、じゃぁ、お前だったらどうするんだって考える者だけに道を創る権利が与えられるのだと。自創っていうり、道を削るって言葉が一番しっくりくるけれど。 it’s a meaning of life ! だと僕は思うよ。ありがとう! 写真はすべて青森県弘前市、KEEP THE BEATにて。 撮影:Nakamura Kazuhiro  ありがとう!!

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

青森県弘前市にて

12月4日 日曜日 雪   青森県弘前市にて。  なんつーか、この町はオレには特別で、もう地図がなくても歩けるし、たくさんともだちがいるし、筆舌には尽くせない。  何度も何度も訪れて、種を蒔いて、ようやく15年ぶりにバンドで帰ってきた。書けばこれだけのことだけれど、弘前にバンドで帰ってくるって、そんなに簡単じゃないことはわかってもらえるか、と。  会場を埋めてくれた満員のオーディエンス。なんだか、うまく言葉にならないね、、。笑。この町の役に立ちたいと、こころからそう思う。  帰郷してた奈良美智さんの誕生日をみんなで祝って、美しい夜だったなぁ。  寒いなか、足を運んでくれてありがとう。楽しんでくれたかな?また近いうちに頼まれなくても帰ってきます。  多謝&再見。

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

ザ・ベリー初日、仙台にて

12月2日 金曜日 曇り 3年ぶりのツアー。感涙。ザ・ベリー初日、仙台にて。 blog更新できず、すんまそん。自分で言うのもなんだけど、オレは約束を守る男です。書けないってことは書く時間すらないってことだと理解してください。 明日があるのが当たり前じゃなかったんだと気づいた2011年。バンドがやれることすら当たり前じゃなかったんだと気づかされた2020年。 ようやく、ステージに帰ってきました。このトシになっての3年は若い時のそれとは違うんよね。重みが。バンドの人たちもなにも言わないけど、音からそれを感じます。 これはスタッフまで含めて、チームHWの意地だからね。 楽しんでくれたかな?リハーサルインスタライヴはオレが中継しました。笑。だって、まだいろんな事情でライヴに来ることができない人いるからね。少しでもハッピーになってくれたら嬉しいっす。今日は14時から弘前のラジオに出演しているので、権利関係問題なければ中継するよ。 なんであれ、ステージに立てることが当たり前だとは1ミリも思ってません。その場所を与えられたからには音楽のミラクルを目指して全力でやります。 来てくれて、ほんとうにありがとう。楽しんでくれたかな?    

カテゴリー: 未分類 | 8件のコメント

リハーサルday#003

11月30日 水曜日 曇り 都内某スタジオ、リハーサル最終日。 いわずもがな、バンドだけでツアーをやれるわけではまったくないのです。昨日も書いたけれど、それぞれの分野のプロフェッショナルが集まって、力を尽くしてくれて、ツアーは遂行されます。 今回のセットリストはメンバーはもちろんスタッフの意見も盛り込んで、チームとしてコロナを超えて伝えたいことが込められています。 まだいろんな事情でライヴに来れない人もいると思うんすよね。そこはSNSをうまく使っていろんな企みもスタッフと考えてます。うまく行くかどうか不明だけど、とりあえずオフィシャルのインスタをフォローしといてくださいまし。新しいコミュニケーションの方法、一緒に船に乗ってるような感じを伝えられたらいいなと思ってます。 いつも、だけど。これが最後のツアーのつもりでメンバー、スタッフとも取り組みます。俺は腰痛でなんの力にもなれないんだけど、スタッフがリハーサル後に機材車に大量の楽器を積み込んでるのを見て、かつては当たり前の光景だったけど、ツアーができるなんて当たり前じゃなかったんだと、こんな優秀なスタッフと同じ目標に向かって突っ走っていけるのも、まったく当たり前じゃなかったんだ、と。尊いっす。仲間たち。コが教えてくれたことかな。 オレたちにできること。オーディエンスに音楽のミラクルを体験してもらって、多幸感に包まれて家路についてもらうことっす。 がんばります!ぜひ、来てください。 明後日の仙台、その二日後の弘前からいよいよ3年ぶりのツアー、スタートです。そうそう。弘前のライヴの前日、弘前のアップウェーブ「creeps 成田翔一のwhat’s the craic 」でHW特集が放送されます。わたすもコメントで出演しています。放送日は12/3土曜日20時~21時。ネットでも聴けるので、ぜひ!    

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

リハーサルday#002

11月29日 火曜日 雨 都内某スタジオにチームHW、一年ぶりに集結してリハーサル。 メンバー、照明、音響、楽器テック、マネージメント、、。気心知れた仲間たちと音楽を創ることができるのは「ほんとうに」嬉しいっす。いや、まじで。 NO REGRETSキャップ、出来ました!    

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

ツアーグッズ

11月28日 月曜日 曇り というわけで。みなさんから寄せられたアイデアをがっつり盛り込んで、ツアーグッズ完成しました。どうぞ、よろしくね! ———————— ツアーグッズ販売のお知らせ HEATWAVEとして約3年ぶりの開催となる全国ツアー”over the thousand days”のオフィシャルグッズが完成しました! 各公演のオープン時間から会場販売をいたしますので、ご来場のお客さまはぜひご利用ください。 ※各会場での販売数には限りがございます。 ※デザインは予告なく変更となる可能性がございます。 ※販売時間等に変更が生じる場合は、サイトもしくはTwitterにて発表いたします。 ■Tシャツ ¥3,500 Body Color:Black / Size:S M L XL ※背面に「HEATWAVE」タグ付き ■ステッカーシート ¥1,000 Sheet Size:110✕180(mm) ※耐水性に優れた塩化ビニル素材 ■キャップ ¥4,500 Color:Navy&Heather Gray / Size:Free ■トートバッグ ¥3,000 Size:幅420 高さ385 マチ125 持ち手520(mm) イラスト:@nakakika_ku … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 12件のコメント

thousand days

11月27日 日曜日 晴れ 「thousand days」って言わんとせんこと、わかるよね? なので、説明しないけど、音楽を生業にしている僕らも、もうツアーすることはできないかもな、と思っていた時期があります。決して悲観的なことではなくね。実際のところ、全般的にオーディエンスは戻っていないのです。聞こえてくる話はだいたい70%くらいなんだって。 「thousand days」。でも、もう飽きたんだよね。じっとしていることに。もともと、旅と密で生きてきたんだもん。まだ気は抜けないけど、みんなと音楽で生きてる喜びを分かち合いたい。じゃぁ、リスクを負っても旅に出よう。ただ、それだけです。 そうそう。そんなわけで、みんなから寄せられたアイデアをもとにグッズ作りました。まだ、実物を手にしていないので、写真をお見せできないけど(来週半ばあたりには、かな)、Tシャツ、更年期手ぬぐい(冗談だけど、オレのノートにはそう書いてある。これnakakika-kuさんのイラスト、ナイスです)、キャップ(これは自分がかぶりたいもの作りました)、トートバック(これもねーネコイラスト、すんばらしい!)、それにステッカーシート(クルマに貼ったら褪せるやんけ!と苦情が寄せられたので、耐水でございます!)。 楽しみにしといてください。オレはギャーギャー言っただけで、スタッフ、デザインチーム、がんばりました。なによりイラストを提供してくださった@nakakika_kuさんに大感謝です。 そうそう。大事なこと伝え忘れてた。 わたくす、コの期間中、民謡に取り組んでおりまして。そのシリーズは「back to basic」という名前にして「アナログ盤のシングル」45回転ヴァージョンでリリースしていこうと思っておるのです。今回は八重山民謡と富山民謡のカップリングです。 ツアーに間に合うようにプレス先を探したのですが、国内大手はなかなかのf●ckでございまして、もうここと関わるのはやめようと思いました。愛がないのでね。 で、ようやくチェコに良さげなプレス工場を見つけたのですが、世界的なアナログ人気で、こちらも仕上がりがいつになるのか明確には分からず(それもどんな商売なんだって思うけど)残念ながらツアーの初期には間に合いそうにありません。状況がわかり次第お伝えします。 てなわけで、しぶとく生きようホトトギス!逆境のおかげで成長させてもらってると思えばさ、笑って生きていけるってもんですよ! キボシをカシメることすらできない不器用なおじさんから愛を込めて。笑    

カテゴリー: 未分類 | 3件のコメント