月別アーカイブ: 2月 2019

NICE DREAM

2月20日 水曜日 晴れ いろいろあって、ソファーで死んでいたら、いつも聞いている流しっぱなしの外国のラジオからRADIOHEADが流れてきた。昔から好きな曲だったけれど、とつぜん体の中に入ってきて、こころの中のに侵入して、癒して、暴れて、去っていった。 まるで天からの遣いみたいだった。 この曲は血を流してる。 オレもか、苦笑。 英語で聞いていたのか、果たして言葉じゃなかったのか?呆然としたまま、トム・ヨークが僕に伝えたかったことは120%理解できた。 NICE DREAM。              

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

禊と6120

2月19日 火曜日 快晴 一週間、断食してた。別に出家するわけでも、仙人になるわけでもないんだけど、禊というか、なんというか。体とかスピリットとか掃除したかったから。これから人様の前にでるにあたって。 酵素ドリンクと人参りんごジュースは飲んでるので、お腹がすいたりすることはまったくないし、別になんともない。ただ、一週間になると、食べないことに飽きてくる。食べるという行為を忘れそうになる。笑。なんとなく現生とつながっていたくて、掟破りのコーヒーは飲んでたけどね。 もちろん酒も一滴も飲まないわけで。なんだ必要ないんじゃんってことがわかる。て、またすぐ酒席に戻るんだろうけど。酒の良さもわかるかな。 ああ、ちょー美味しいカレー食べたい、とか思ったなぁ。ああ、浅草のあの蕎麦食いたい、とか。子供の頃食ってた230円の「まるふじ」のラーメン食いたい。あれ今食えるんだったら1万円払う、とか。あと、一番好きな食べ物は「卵焼き」だってこともわかった。庶民だねーーー。笑。 でもあれだな。やっぱりいちばん食べたいのは京都の十二段屋のご飯と味噌汁と、漬物と卵焼き。 なんかね、ほんとうに美味しいものを腹八分で食べたい。一日、できれば一食でいいと思うなぁ。 これから3日かけて、ふつーの人に戻る。4日目にはあいつと飲みにいくからちょうどいいかな。ビール美味いだろうなぁ。 グレッチの6120ね。あれ、多分90年代に作られた日本製のやつだと思う。昨今のヴィンテージ・ギターブームが好きになれず。1000万もするエレクトリック・ギターを弾きたいなんてあんまり思わない。 それよりも、楽器屋でずっと売れずに吊り下げられてるギターを救出して、いい音だしてやる方がはるかに格好よくないかな? だからファイヤーバードは群馬の楽器屋にあったもの、6120は滋賀の楽器屋。たぶん売れ残り。ぜんぜん高いものじゃないよ。 もちろん試奏なんてしない。なんか写真見てたら、俺に弾いてくださいってオーラだしてる。いや、ほんとに。だから、ネットでポチっってするだけ。 そのかわり、宅急便のデポまで自分で迎えにいく。歓迎してあげたいから。よくきたねー。俺が本気で愛してあげるからねって。 高校生のとき、こういうインタビューを読んだの。とあるアームを多用するギタリストに「どうして、あんなにアームを使ってチューニングが狂わないんですか?」。それに答えて「俺が弾いたら狂うわけねーだろ!」。その一言で開眼。笑。 俺が弾いてんだから、いい音すんの当たり前じゃん!そんな思い上がりくらい持ってないと、ギターって女性に失礼だと思うよ。    

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

メインテナンス

2月18日 月曜日 快晴 メインテナンスに出していたスペアのアンプたちが全部帰ってきた。 ほとんどが微妙にヴィンテージの域に片足を突っ込んだようなものなので(てか、古いものを買ったのではなく使ってるうちに古くなったの方が正しい)、メインテナンスは大変。 今までどこに修理に出しても、満足したことがなかった。それゆえ、この手の古い楽器は仕方ないのだと諦めていたのだが、ギターテックのKがマエストロを紹介してくれて、メインのアンプを2台お願いしたら、20年ぶりにこの音聞いたぜ、みたいな感じになったので、今回、スペアのアンプも全部お願いした。 いやぁ、びっくりした。こんなにガッツのある音だったっけ?って感じ。どの道でもプロフェッショナルはすごいなぁ。彼はアンプも作ってるそうなので、お願いしようと思う今日この頃。 クルマもディーラー嫌いになって、最近ようやく小さなガレージを見つけたんだ。なんだかね、クルマ好きにとって、愛があるかどうかはとってもたいせつなことでさ。代車もなかったりするんだけど、愛をもって一生懸命治してくれてんのみたら、ほんと、お土産買っていきたくなるもん。 んなもんアホなクルマに乗ってる俺が悪いんだけど、ほんとうにそのアホ車が好きでガレージやってる人って、話してて楽しいんだよね。愛なんだよ。 アンプもギターもクルマも。主治医がいてくれると、安心だよ。

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

ロックンロール・ギター講座#3 003

2月16日 日曜日 晴れ 久しぶりに晴れたよ。ほんのちょっとだけ春の匂いがする。嬉しいものだね。 ジミヘン、最終日。エンジョイ・ユァセルフ。 ギター講座、STARLIGHTを弾きたいって人が多いんだけど、あれはかなり難しいんだけど(僕の手癖もたくさんあるから)、どーしようか考え中。 ジミヘン_3 ジミヘン_4      

カテゴリー: 未分類 | 9件のコメント

ロックンロール・ギター講座#3 002

2月16日 土曜日 曇り 連絡事項、いろいろ。 まず。ほぼ同級生の古市コータローくんの4thソロ・アルバム「東京」に1曲、作詞で参加させてもらいました。毎日、少しづつ書いてたんだけど、ちょー愉しかったよ!3月27日発売。 大好きなマーク・ベノについて書かせてもらいました。この曲「Speak Your Mind」が収録された「雑魚」は名盤なので、気に入ったらぜひゲットされたし。一生の友になると思うよ。オレはCD持ってるけど、これはアナログでしか聞かない。   さて。だんだん反響が減ってきたギター講座。今日はジミヘンのフレーズ、その2だよ。耳で音を取って頑張ってみてね。 ジミヘン_2    

カテゴリー: 未分類 | 3件のコメント

ロックンロール・ギター講座#3 001

2月15日 金曜日 曇り 今日から3日でジミヘン。難易度は少し上がると思うけど、ゆっくりやればみんなできるさー。 今までコード(和音)を弾いてきたけど、今日はフレーズね! てか、元からオレは完全コピーなんかしたことないので、なんとなくこんな感じって弾き方でしかないんだけど。 まずはかの有名な原曲を。ってyoutubeにオリジナル音源(権利関係でないんだと思うけど)がないので、知りたい人は音源を購入されたし。 動画の中でも触れてるけど、ジミヘンはチューニングが半音下がってるので、彼と同じキーで演奏しようと思ったら、全部の弦を半音下げてくださいまし。動画はレギュラー・チューニングです。 このところ、丁寧に伝えすぎたかもって反省もあって、今回は友達の娘に送った動画をそのままのっけときます。コードフォームも、自分で見つけた方が覚える気がする。 エンジョイ! ジミヘン_1    

カテゴリー: 未分類 | 5件のコメント

ひと段落

2月14日 木曜日 曇り 冬はひとりで静かに考えているのが好き。だから、コンサートはやらない。ずいぶん前だけど、真冬に北国をツアーして懲りた。もっとも寒い時期にもっとも寒い場所を回るのもアリなんだけど、あまりにも過酷すぎたから。 毎年、この時期は国外逃亡して、標高の高い山の中で仙人みたいな暮らしをしてるのだが、この首の具合じゃ到底無理。飛行機移動もスノーボードも高山もなにもかも。 コンピュータに向き合うのがもっとも良くないから、早朝2〜3時間と決めて、ミキシングを続けてた。ようやく1枚目のアルバムがひと段落。どうにかこうにか、頑張りすぎる自分をコントロールできるようになったかなぁ。でも、まだ作業はまったくベクトルの異なるものが半分残ってるけど。 トリオのHWになって初めてのHWをミックスするのは難儀だったけど、あたらめて音を解析して構築するって意味ではとってもやりがいのある作業だった。全員が絶妙なところでお互いを補いあってる。それは実生活にも役立てられると思うなぁ。 ルールのないところに道はできる。  

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

アラバキとかピートとかスタジオとかウォリスとか

2月13日 水曜日 曇り ウォリス・バードがまた日本に来るよー。弾き語りとかやってる人はぜひ観に行って、自信をなくしてください。ほんとにすごい演奏だし、スピリットが好き。 2019/03/04(月)19時から 青山月見ル君想フ ¥6,000(スタンディング) 詳細はこちらから。   この演奏聴いておくんなまし。       なぜか俺んちに来てくれて、せーので演奏した。いい時間だったよ。       閑話休題、アゲイン。   The Whoが新譜のレコーディングを開始。ピート・タウンゼントが映像ブログで報告してくれるんだけど、これはあがるよ。しかーし、いつまで経ってもロジャーがスタジオに来ない。船上スタジオでのプリプロダクションの様子なんかも辿ってみると面白い。旧いアウトボードをこんだけ贅沢に使ってるレコーディングなんて、もう日本じゃ見ないなぁ。こういうプロモーションって商売臭くなくて、好き。       スタジオと言えば、度肝を抜かれたのがこのスタジオ。ピーター・ガブリエルのリアル・ワールド。イングランドのバースって温泉町にある。   スタジオの下に川が流れてるのもびっくりしたけど、コンソールの周りにミュージシャンを配置して、録音してたのにまずはびびった。ブースなんか使うかってところがね。   俺が泊めてもらった部屋には天蓋があって、落ち着かないったらありゃしない。ご飯を食べるとこも、すんごい格式高くて、落ち着かなくて、オレ、厨房で食ってた。   世界じゅうのミュージシャンに貸し出して、ピーター氏はときどきひょこっと顔を出す。そうやって、いろんなインスピレーションを得るんだろうね。貴族ってこういうことかって思ったよ。いいとか、悪いとかじゃなくて、次元が違った。笑。いい経験だったよ。       何のためにこの世に来たのか。そして生きつづけているのか。ほんとうを言えば、誰も知らない。本来、生きること、死ぬことの絶対感があるだけなのだ。by 岡本太郎。   ビンビン来るなぁ、この人の言葉は。     ————————- さて!今年もARABAKIに参加させてもらいます。HEATWAVEです。バンドでなかなか東北に行けてないので、40年目のHEATWAVE、ぜひ見に来てください。     … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

福島

2月12日 火曜日 曇り 福島がとんでもないことになって、居ても立っても居られず、なにができるかわからないけれど、俺が住んでる町の連中とともに、福島と関わり始めた。 初期の頃には店やってる連中と炊き出しに行って、福島のリクエストで俺の歌じゃなくて、美空ひばりさんのフイルムコンサートをやったりした。 まぁ、とにかく思いつくことはなんでもやった。大変な日々だったけれど、なんだかとっても生きてる実感だけはあった。自分のためではない何かのためにひとつになれるとき、あとでそれが自分のためだったと教えてもらえることがある。 MY LIFE IS MY MESSAGEと細々と続けていく上で(10年目まではなんとか続けたいと思ってる)福島のことを自分の目で見てなきゃ続けられないから、ときどきひょっこりひとりででかける。 そのことを気にかけてくれた福島の重鎮が今度はどえらいたくさんお土産を抱えて、俺が住んでる町を訪ねてくれた。 町のアホどもがわらわらと集まってきて、いい夜だった。8年も経過すると、こうやってお互いが元気な顔を見せて、元気に酒を飲む。それだけでも十分にいいのだってことを教えられる。 毎年MY LIFE IS MY MESSAGEを開催すること、うんうん唸ってたけど、なんだか肩の荷が下りたというか、単純に音を奏でる歓びを思う存分ステージで表現すればいいのだってことを重鎮から教えてもらった。 で、日本酒でベロベロになってたら、ずっと僕らに風を送ってくれてる日本の最南端、石垣島の重鎮から電話がかかってきて、今年も311のためにコンサートをやってくれると連絡があった。こころの中で、確かになにかが繋がった。 いい夜だったよ。 福島のじじばばの前でひばりさんを歌う。前日、僕と加藤和也は福島の重鎮と飲みすぎて(飲まされすぎて 笑)ステージ裏のトイレで吐いてた。      

カテゴリー: 未分類 | 3件のコメント

ロックンロール・ギター講座#2 003

2月10日 日曜日 曇り さて。今日は明日のために靴を磨こう、最終日。上級者編。 ある程度弾ける人にはあんまり説明しなくていいかと。見て、おいしいところだけかっぱらって、自分のテイストにしてください。 やっぱりギターは指で弾くのが好きだなぁ。ニュアンスたくさん出せるもんね。ソロのライヴは80%くらい指で弾いてるよー。 じゃ、楽しんでね。これって、考えてこう弾いてるんじゃなくて、この曲をずっと演奏してる間に、勝手にそうなってた感じ。曲がこの演奏を呼んでるんだと思う。 ミスチルの桜井くんがカヴァーしてくれて、たくさんの人が知ってくれて、嬉しいよ。 来週は遂に「フレーズ」に行ってみようかな。ジミヘンとかどうすか? 明日のために3_1 明日のために3_2 明日のために3_3  

カテゴリー: 未分類 | 11件のコメント