月別アーカイブ: 11月 2018

足元

11月18日 日曜日 晴れ 毎日、ようやく散歩ができるようになった。 曲を書き、メンバーに新しい曲を送り、HW SESSIONSの準備をした。足元のもろもろ、改善させた。これが今年の最終形、かな。理想としてはいつかケーブル一本に戻りたいかな。 これがアコギ用。DITTOは使い勝手がいいけど、ほんとうに良く壊れる。これが3台目。そういう意味では信頼性薄い。旅先で壊れたら簡単には手に入らなくて、困った。今年のMVPはNeveのDI。これはニーヴ博士の情念を感じるほどの素晴らしい出来栄え。DIに悩んでる人がいたら、迷わずお薦めします。     これはグレッチ用。今や誰も使わないBOSSのディレイから古いアンペッグとデラックス・リヴァーブに分岐します。チューナーもこれまた骨董品。新しくヴィブラートとワウを入れてみました。     はてさて。ヒロシさんの好きなクイーンの曲はなんですかと多数問い合わせ。うーん、これなんだよね。フレディーごめんなさい。歌ってるのはブライアン・メイです。まだ小学生だった気がするなぁ。オペラ座の夜。    

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

細胞の中の音楽

11月17日 土曜日 晴れ この手の映画はほとんど観ない。でも、わけもなくものすごく観たかったんだよね。「ボヘミアン・ラプソディー」。「キラー・クイーン」が一世を風靡したのが小学校の高学年。クイーン、キッス、エンジェル、エアロスミスはいつもミュージック・ライフって雑誌の巻頭を飾っていて、クイーンは全部聞いてた。いや、はっきり言おう。かなり好きだった。てか、はじめは全部ラジオ。それからアナログ盤。クイーンのCDは一枚も持ってない。 ままよ。早起きして、シネコンに行ってきました。IMAXってのはほんとうにやりすぎだと思うけど、映画はね、素晴らしかった。泣いてもーたよ。フレディーがまるで自身を奮い立たせるように歌ってるみたいでね。俳優陣、スタッフのクイーン愛も素晴らしかった。この音楽は細胞の中にあるんだね。好き嫌いに関わらず。 彼が亡くなったのが俺よりぜんぜん若いってことにね。グダグダウしてる場合じゃないと思ったのです。一瞬をもっとたいせつにしなきゃ。  

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

海とワウ

11月16日 金曜日 晴れ まだ走れないけど、首に影響しないようにゆっくり歩いて海に行った。往復6キロ。幸せな時間だったなぁ。 ときどきこころは謎の声を発する。「ヒロシ、ワウだよ、ワウ!」。てなわけで、深夜に持っているワウペダルを全部試してみたが、イメージと違うんだよなぁ。なのでこれだ、と思うものを買ってみた。届くの愉しみ。今度のHW SESSIONS、ワウばっかり踏んでたらごめん。笑。  

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

始まりはちょっとした過信

11月15日 木曜日 晴れ 振り返ってみれば、始まりはちょっとした過信。ストレッチ、筋トレ、ランニング、その他もろもろ。体力には自信があった。 ハードなツアーを終えて帰ってきても、まだ元気が残っていたから、買ったばかりのウェイトを試してみたくて、グキっと背筋をやったのが最初。そこから腰に痛みは移り、ツアーは続き、ある朝、耐えられない首の痛みで目を覚ました。考えられるすべての対処を施して、なんとかツアーをやり終え、昨日4時間半、診療台に乗っていたおかげで、首の痛みがカムバックしつつある。でも、歯の治療もマストなのだから、どうしようもない。誰が悪いわけでもない。 つまりありとあらゆる過信は禁物。いいパフォーマンスのために鍛えて、そのために体を壊すのは本末転倒も甚だしい。その見極めがほんとうに難しい。加齢って手強いよ。ほんとに。 こうなってみると、毎日海沿いを走っていた日々が懐かしい。しんどかったけど、相当な気分転換になってたなぁ。焦ってまた壊さないように、少しづつ少しづつ前進中。  

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

ポリースマンがくれたインスピレーション、散々な一日

11月14日 水曜日 曇り むかーし。散々な一日って歌詞を書いたことあるんだけど、笑っちゃうくらいにそんな一日。 はて。切り替えのファスティングも3日目。もう身体の反応にも慣れたから、昨夜ともだちと酒場にいたけど、食べたいとも、飲みたいとも思わなかった。 担当のKさんから、今日から大工事になることは聞いてはいた。あ、歯医者のことね。3時間くらいはかかるでしょうって。ほんとにね何度逃亡を考えたことか。でも、この先歌うことを考えたら仕方ない。自首しましたとも。結局4時間半、診療台の上。そこで行われたことは、もう思い出しとうございません。Kさんはもちろんのこと、ドクターの方々もほんとうによくやってくれましたとも。でも、でもさーーーー。こわかったよ。ほんとに。 正直、診療台から降りるとき腰が抜けた。ヘタレだもん、オレ。ヴェス美で来たことを激しく後悔。どうにか家までたどり着いたところで、歯科医院から電話。「あの、手帳をお忘れになってます」。嗚咽。再び歯医者にリターン。手帳を受け取って、ヴェス美で道に出た途端、ポリースマン!!!!!! 来たときにあんたたちが張ってたの知ってったっつーの。だから飛ばしてないし、今度は何よ?ポリースマンは俺が黄色い線を跨いだと。確かに少し大回りした、かもよ。すこし跨いだ、かもよ。えっと、なんだっけ?罪名は。罰金5000円。 ポリースマン、若いのから年寄りまでバトったけど、意味はなかった。話してる言語がそもそも違うんだもん。わかったよ。君たちのその職務に忠実な姿勢を尊重するよ。「ルールですから」。わかった。わかったよ。わかった。オレ、新曲のタイトルは「コンプライアンス」にする。インスピレーションをありがとう。 ついしん 昨日紹介した「him」の方はこういう音楽やっていて、サウンドの壊れっぷりが大好きなのです。昔っからたくさん影響受けてると思うなぁ。    

カテゴリー: 未分類 | 5件のコメント

切り替える

11月13日 火曜日 曇り 旅暮らしから、自分の生活へ戻るところ。切り替えが、難しい。たぶんツアー中に使っている脳味噌や覚醒している場所はぜんぜん違うんだと思う。 首がなんとか持ちこたえてくれて、ほんとうによかった。悪化もしていないので、今のうちに軽くなってくれるといいのだけれど。 クルマを洗い、部屋を片付け、支払いを済ませ、スタジオで仕事ができる体制を整え、作曲用のギターを握り、ストレッチをし、軽い軽い筋トレをし、リハビリに通い、原稿を書いて、昨日からファスティングもしている。それでもなんだから切り替わらないので、来年の手帳に予定を書いてみる。 もう用もなければ、都内に出ていくことなんて皆無なのだけれど、今日は田舎から同級生が来てるから、ちょっと無理して会いに行ってみるか。 この一年間、開場から開演まで流れていたのはこの音楽です。好きなんだよねぇ。聞いてると、ゆったりとほんとうに緊張がほどけて、ステージにフツーの気持ちで上がれるのです。      

カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント

ツアーday#010、帰還

11月11日 日曜日 晴れ 高知から自宅まで800キロ。この体の状態じゃ到底無理だと思って、ツアーマネに名古屋のホテルを取ってもらってた。でも、モーレツに自分のベッドで眠りたかった。ロックミュージシャンのツアーの後の夢なんてそんなもの。苦笑。 キングサイズの自分のベッドで泥のように眠ったよ。

カテゴリー: 未分類 | 3件のコメント

ツアーday#009、高知県高知市にて

11月10日 土曜日 晴れ 今年のソロツアー最終日。高知で迎えられて嬉しい。OAの中塚詩音ちゃんは19歳。娘っつーか、孫だ。すばらしい音楽人生を送って欲しい。こころから。 みんな受けとってくれたかな?また会う日まで、どうか元気でね。多謝&再見。 181110@高知 シャララ opening act 中塚詩音 1. フリージア 2. トーキョー・シティー・ヒエラルキー 3. ガーディアン・エンジェル(リクエスト) 4. ファティングマン(リクエスト) 5. THE ANSWER(リクエスト) 6.    TOMORROW(リクエスト) 7. 出発の歌(リクエスト) 8. BLIND PILOT 9. 地平 10.   幼い日(リクエスト) 11.   不屈の星のハートビート(リクエスト) 12.   ボヘミアン・ブルー(リクエスト) 13.   新しい風 En 14. (love is like a)HEATWAVE w/中塚詩音 15. 満月の夕

カテゴリー: 未分類 | 5件のコメント

ツアーday#008、移動日、個人的な体験

11月9日 金曜日 晴れ 高松から高知へ。そしてエポックメイキングな日。 随分前に心酔していた人物が居た、のだけれど。その人物が書いた文章を読んで呆れた。薄っぺらくて、軽薄で、独善的でゴミ同然だった。その人物が変質したのではなく、僕が変わったのだと思う。その人は今を生きることを僕に教えてくれたはずなのだけれど、まったく今を生きてはいなかった。僕の目は大いなる節穴だったというわけだ。時間はかかったけれど、気づいてよかった。僕はその人物をdisりたいわけではないから誤解なきよう。 さぁ。今年最後のソロライヴ。明日は高知にて。後悔なきよう、今を生きます。 レーナード・コーエン、書かせてもらいました。是非、読んでください。

カテゴリー: 未分類 | 8件のコメント

ツアーda#007、うどん県高松市にて

11月8日 木曜日 晴れ 御存知、高松の魔界、ラフハウスにて。壁に書かれたサインによると初めて来たのは43歳のときだから、もう10年以上ってことになるね。最近、PAのスピーカーが変わって、やりやすいことこの上なし。ノーストレス。こうなると、繊細な演奏をオーディエンスに届けられてとっても嬉しい。 愉しんでくれたかな?来年でラフハウスは20年、HWは40年。なにかできたらいいなぁと思ってます。それまでみんな元気でね。多謝&再見。 181108@高松ラフハウス 1. フリージア 2. トーキョー・シティー・ヒエラルキー 3. WINTER SUN(リクエスト) 4. OPEN 5. STARLIGHT(リクエスト) 6. BLIND PILOT 7. HEAVENLY 8. HAPPY BIRTHEDAY TO YOU (リクエスト) 9. 地平(リクエスト) 10. それだけでいい(リクエスト) 11. CARRY ON(リクエスト) 12. 馬車は走る(リクエスト) En 12. 新しい風 13. ボヘミアンブルー 14. YOU’VE GOT A FRINED(CHABOさんの訳詞によるカヴァー) 15. 満月の夕 16. LOST HIGHWAY

カテゴリー: 未分類 | 6件のコメント