月別アーカイブ: 7月 2018

ツアー追加分発表

7月15日 日曜日 晴れ 新しくツアーの追加分が発表されたので、まとめとくね。一本一本、もちろん全力でやってますが、気軽に来てくださいまし。 山口洋(HEATWAVE) solo tour『YOUR SONGS 2018』 7月27日(金) 熊本ぺいあのPLUS 7月29日(日) 福岡ROOMS 上記2公演はリクエストの募集は終わってます。下記の公演に関しては8月上旬から開始予定です。 9月2日(日) 長野 ネオンホール 9月4日(火) 金沢 メロメロポッチ 9月6日(木) 奈良 Beverly Hills(ビバリーヒルズ) 9月8日(土) 岩国 himaar(ヒマール) 10月1日(月) いわき club SONIC iwaki 10月3日(水) 新潟 Live Bar Mush 10月5日(金) 仙台 LIVE HOUSE enn … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

藤井一彦との四半世紀

7月14日 土曜日 晴れ 一彦との四半世紀。いろんなものが音楽の中にあったはずだから、語るのは野暮だね。 ずっと昔から知ってたけど、ひょんな、高松で演奏したことがきっかけで実現したこのライヴ。次はいつあるかわかんないけど、たぶん地方で。 一彦、忙しいとこ、ありがと。ビール、旨かったね。笑。 以降の写真は三浦麻旅子さんです。   「山口洋の頭の中のスープ」、オフィシャルショップで通販開始しました。愉しんでくださいまし。  

カテゴリー: 未分類 | 8件のコメント

days

7月12日 木曜日 曇り 明日のライヴ会場から手にしてもらえる「山口洋の頭の中のスープ」ですが、通販は14日の12時からオフィシャルショップで開始します。愉しんでくださいまし。 HW倉庫には約40年分の音源が山のようにありまして、とてもじゃないけど、それを全部聞くことは不可能。面白そうなものを選んでタイトルを見て飛ばし聞きをするのですが、いろんな発見がある楽しい作業でもありました。このアルバムを作ったから、もう音源は捨ててもいいかなぁ、とも思います。どうせ所在はオレしかわからないんだしね。 もう1曲くらい聞いてもらおうかなぁ。「オリオンへの道」の原型です。アルバムについている解説にはこう記されています。 6. The Way To The Orion (1994年、30歳) 1994年。アメリカの砂漠で、アイルランドで、故郷の九州で。見上げたオリオンをシンボルとして再生の歌を描きたかった。頭の中に渦巻いていた複合的なイメージを当時使っていたカセットの8chのMTRで作っていった。チャンネルが少ないから、ピンポンしなければ、イメージは完成しない。仕上がりをイメージして、複数のトラックをモノラルやステレオにまとめていかなければならないのだが、作業は愉しかった。まだ歌詞のついていないこのデモを持って、佐野元春さんのファクトリーを訪ねた。この時点で、ほぼ原型が完成しているのがわかる。作業的にここまでは愉しい。でもここから歌詞を書くのは当時の自分にとっては地獄のような作業。イメージを限定するのは今でも苦手だけれど、それがソングライティングの醍醐味でもある。ようやく最近は愉しめるようになったかな。 すべての楽器とヴォーカル、ミキシングは僕。ドラムはローランドのR-8というリズムマシン。 The Way To The Orion (1994, 30years old) じゃ、明日吉祥寺で。

カテゴリー: 未分類 | 3件のコメント

リハーサル

7月11日 水曜日 晴れ いろんな意味で充実の日々。クソ忙しいけれど、好きなことやってんだからハピネス。 ドラマーの福盛進也くんがドイツからわざわざ会いにきてくれた。ならば、わたくすの最高のもてなしのルーティーンをお見舞いしなくては。 まぁ、ほんとうに何というか、ほぼ初対面なのにまるで血を分かちあったブラザーのように音楽の話をした。でもって痛飲っつーか、ひさしぶりに裏返るまで飲んだ。美しい魂に乾杯だ。   二日酔いのまま都内某スタジオで藤井一彦とリハーサル。その昔、スマイリー原島が「おまえらのギターは似すぎてて、どっちが弾いとるのかわからん」とのたもうたが、いやいや、加齢とともにぜんぜんキャラ違うし。笑。一彦の方が圧倒的にヤング(死語)。そういうところも含めてライヴ愉しんでください。おかげさまでソールドアウトです。当日券若干数(立ち見)だけ出るそうです。詳細はハコに問い合わせてね。 えっと、それからHW SESSIONS 2回目が決まりました。ベースレスのHWはありえないとか、言ってるそこアナタに観てほしいっす。分かれ道にきたら、困難な方を選んだ方がLIFEは豊かになるんだってこと、証明してあげるよ。お見逃しなく。 HEATWAVE SESSIONS 2018_Ⅱ 9月29日(土) 横浜 Thumbs Up 18:30 open / 19:30 start ¥5,500+1D&1Food別(当日¥6,000) 全席自由(入場整理番号あり) 下記会場HPよりチケット予約受付中! http://stovesyokohama.com/ お問合せ:Thumbs Up ☎︎ 045-314-8705   先月末に行われた「MY LIFE IS MY MESSAGE / You’ve Got A Friend」の模様をレポートしていただきました。来れなかった方、遠方の方、いうまでもなく福島の方、読んでいただけると嬉しいです。 金曜日のライヴから手にしてもらえる「山口洋の頭の中のスープ」について書こうと思ったんだけれど、すんません今日は時間がないので明日。 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

山口洋の頭の中のスープ、完成!

7月8日 日曜日 晴れ わたくす、時間を見つけては「山口洋の頭の中のスープ」というアルバムを制作しておったでござる。 これはHW倉庫に眠っている膨大な音源の中から面白そうなデモのテイクを集めたもので、1980年、若干17歳の演奏から現在に至るまでHWの歴史、全23曲がぎゅーぎゅーに詰まっております。その17歳のテイクは自宅でカセットデッキを二台使って、ドラムからギターまですべての楽器を自分で演奏してるものなのですが、見事なまでにHWテイストが刻まれていて(まぁ、歌は聞くに耐えないんだけど)我ながら、アホみたいに筋が通っていることに呆れました。 それぞれの曲がのちに作品として昇華される過程がよくわかります。ボツにされる意味も。僕の脳ミソの中が手に取るようにわかる作品です。とはいっても、歌詞がついていない状態でハナモゲラで歌っているテイクなんてのもあるので、コアなファンにしかお勧めしません。逆に言えば、コアなファンは楽しめると思います。たぶん。 なので、作品というよりは物販として愉しんでください。ライヴ会場と通販のみでの販売です。流通はしません。 とっくにプレスは終わっているので、今週の13日の藤井一彦とのライヴから手にしてもらえます。通販は今から手配します。ちょっとだけ待っててくださいまし。 でも、作ってて、愉しかったっす。デザイナーも今回はコラージュで思いきり遊んでくれました。山口洋による解説(ライナー)がついています。¥2,500です。 じゃ、1曲目に収録されている、「Nobody In The Garden」を聞いてください。この曲にはこんな解説がついています。 ——————— Nobody In The Garden (1999年、35歳) 1999年、宮城県蔵王町にある廃校になった小学校(最後は牛舎だった)に録音機材を持ち込んで録った。とは云え、持っていたのはYAMAHAの24chのアナログミキサー、ADAT(8ch)のレコーダー、dbxのコンプ、リヴァーブ1台、マイクが数本という実に貧弱なもの。 都会のスタジオに辟易としていたのだと思う。自由に音楽を創作したくて、このようなアナーキーな環境で果たして録音ができるのか試してみたかった。メンバーとは寝食をともにして、食事も僕が作って、よく飲んで、よく笑った。アナーキーだけれど、音楽に集中できて愉しかった。つくづく、自分がアウトローなんだとも思い知ったけれど。後にNHKのアニメ「ヒヲウ戦記」のサントラはすべてこの環境で録音された。機材はレコード会社からのアドバンスですべて買い揃えた。思えば、音楽がまだリスペクトされていた時代だったのかもしれない。レコード会社は僕を信じてくれて、何ひとつ注文することなくすべてを任せてくれた。 この曲のパーソナルは伴慶充 (Ds)、山川浩正 (Ba)、残りのすべての楽器とヴォーカル、ミキシングは僕。コンピュータ・ミキシングもできなかった8chにしてはよくできていると思う。のちに歌詞やアレンジに大幅な変更が加えられ、現在のHWメンバーで録音され、アルバム「Long Way For Nothing」に「誰もいない庭」として収録された。 Nobody in the garden DEMO1999    

カテゴリー: 未分類 | 17件のコメント

福岡に生まれて

7月7日 土曜日 曇り あの街に生まれたことが面倒くさかったこともあるけど、今夜、福岡に生まれてよかったとこころから思ったす。ロックンロール、続けててよかった。 すべてに感謝です。写真はオフィシャルよりお借りしました!   MY LIFE IS MY MESSAGEについて書きました。ぜひ、読んでください!

カテゴリー: 未分類 | 6件のコメント

暗澹たる金曜日

7月6日 金曜日 雨 暗澹たる金曜日 早朝から死刑が執行されていく。こまわり君じゃないよ、現実だよ。iPhoneの画面が時間の経過とともに淡々とそれを僕に伝える。ひとり、ふたり、さんにん、、、。云いようのない感情が胸のなかに拡がって、耐えきれず何人かと国境を超えてメールを交わす。 7人、、、、、、。 死刑にまつわるとある番組に出たときに、存置派の女性弁護士が放った言葉が頭のなかをぐるぐる廻る。「死刑は国家による殺人ではありません」。アー・ユー・シリアス?この方は死刑台の床が抜けるボタンを自分が押している感覚がないのだと思った。 いったい誰がどうやって人や時期を選んでいるのかもわからない。昼過ぎに会見したあの法務大臣でないことは確か。彼女は官僚が書いた文章を棒読みして、ハンコを押しただけ。僕は自分に置き換えて考えてみる。ユー、ハンコ押せる?否、だね。間違いなく。 おそらく法務省の官僚たちが決定し、大臣がハンコを押し、刑務官が執行した。 それはこの僕が死刑台のボタンを押したのと同じことだと思っている。ほんとうにそういうことなんだよ。僕が殺しているって感覚が超絶に気持ち悪いんだよ。床が抜けて、バタバタ苦しんでる人間の姿が僕には見える。この国の人々はそう思わない人が多いけど。どこか自分のことではないって、都合よく、線を引いて考える。あいつは極悪人だから死刑になって当然だって。でもね。自分が暮らしていることと、今日壁の向こうで行われたことは地続きだよ。繋がってる。 誤解のないように伝えておきたいけれど、被害者の遺族が極刑を望む感情を否定しているのではない。僕にそんなことを云う資格はない。 起きてしまったことは元には戻らない。だから人間としてやるべきことは、「あのような事件」を二度と繰り返さないこと。そのためには首謀者たちの思考や言葉は極めて重要。なぜそのようなことになっていったのか、時代背景も含めて、きちんと検証しなければ被害者だって浮かばれないはずだ。 近年の彼は会話もできない状態だったと聞く。ついに事件の真相について「ひとことも」語られることなく、「平成のうちに」闇に葬られた。その事実に僕は暗澹とする。ほんとうに、それでいいのか、って。日本。 1995年。忘れようとしても忘れられない。イケイケどんどん。欲にまみれ、高度成長からバブルが終わって、なんとも言えない空気が漂っていたよ。センシティヴな若者はどう生きていいのか、悩んでいたよ。自分のことで云えば、なんとか正気を保っていられたのは僕には音楽があったから。そのおかげでかろうじて狂わずに済んだだけ。彼らをカルトとしてキチガイ扱いし、教祖たちを死刑にし、「平成のうちに」それですべてが終わるのなら、次の時代に、また同じようなことが繰り返されるだろう。僕はそのことに暗澹とするのだ。

カテゴリー: 未分類 | 13件のコメント

レコーディング

7月5日 木曜日 曇り 毎日違う形で違う音楽に触れていられるのは幸福なもんです。 リクオからのオファーで彼の新作に参加。いいバンドだったなぁ。それぞれのパーソナリティーが音楽の風景に練りこまれていく。ロビーでプロデューサー氏のマネージャーに会ったら、なーんと昔わたくすをマネージしてくれてた女性で、会社を立ちあげ素晴らしいミュージシャンを抱える事務所の社長になっていたというオチまでついてた。 スティール・ギターのコースケくんは記憶が正しければ、その昔叱咤激励したことがあるんだけど、素晴らしいミュージシャンになっていて、それもまた嬉しかったよ。  

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

ロックンロール・マナー

7月4日 水曜日 晴れ ロックンロールに生きてきたレジェンドのみなさんとのリハーサル。もはや言葉は不要。ロックンロール・マナーとしか言いようのないレベルの話。 何十年もかけて形成された生き方そのものが音に出てるから、いいとか悪いとかそんなレベルではなくすべてが圧倒的。 本番は7/7。是非。

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

経験という財産

7月3日 火曜日 晴れ テレビはあるけど、アンテナにつながっていない。サッカーを見るためだけにテレビを捨てずに取ってあるけど、結局見れない。笑。 さぁ、どうする?深夜3時だしなぁ。何人か友達に連絡したけど訪問するのは気がひけるしなぁ(結局、みんな僕のために用意してくれたらしいんだけど、ありがとね!)。クルマについてるテレビで見るか。でも、画面小さいしなぁ。 ん?そうだ。近所に冴えないホテルがオープンしたな。ビールを買い込んで急遽チェックイン。でもその前に疲れてたので気絶。そして午前3時から観戦。 音楽に人生が良くも悪くも見事なまでに投影されるように、サッカーとて同じ。スペクタルな人生のショーの交歓を見せてもらった感じ。勝敗ではなく、両チームとも素晴らしい人生じゃんって思った。だって、あんなギリギリの世界で凌ぎを削ることって、すっごいプレッシャーであると同時に素晴らしい経験だよ。 あと一歩、あと1センチ、そういうことが勝敗を分ける。それって情熱や経験の蓄積の差に他ならないんだろうね。 本田選手がアディショナルタイムにコーナーキックを蹴ったとき、日本は点を入れることと延長に持ち込むことに集中していて、一方ベルギーは完全にカウンターまで視野に入れていたんだろうね。キーパーがボールをキャッチして、カウンターに転じて日本のゴールに吸い込まれて、試合が終わるまで。冗談みたいな展開だった。10秒くらいの出来事。美しくて、恐ろしくて、残酷で、儚くて、やっぱり美しかった。すごいね! ただ、それだけの違い。わずか数十センチ。手が届くか届かないか。でも、これが経験という財産になるんだろうね。なんだか、清々しく感激したよ。 本質に生きてる人は美しい。僕もそうありたいって、ひどく刺激を受けたよ。敵も味方も関係なく気高い表情をたくさん見た。オレ、ビール飲んでて申し訳なかった。

カテゴリー: 未分類 | 5件のコメント