ラジオ

1月20日 土曜日 晴れ 

 そろそろアルバム「Your Songs」についてのプロモーション活動も終盤。たくさん、発言や出演の機会を作ってくれて、がんばってくれたスタッフや関係者のみなさんにこころより感謝を。ほんとうにありがとう!

 もとからプロモーションが苦手で、それゆえバンドの可能性を自ら狭めていたフシもあり、50の齢をすぎて、一念発起。レーベルと「いまさら」契約したのも、僕らが心血注いで創ってきた音楽を、もう一度たくさんの人に届ける「努力」をするためでした。

 銀次さんのラジオ、貴ちゃんのラジオ、ジョーくんのインタビュー。インタビュイー以前に、インタビュアーのパーソナリティーがそれぞれに僕の個性を引き出してくれています。以前は自分が出演した番組なんて、聴いたこともなかった(すいません!)けれど、それぞれの幾重にも重なった愛にこころを動かされます。

 とくにラジオは表現者としての立場ではなく、1リスナーの耳として客観的に自分たちの音楽を受け取ることができる貴重な場所です。オンエアをライヴで聴いて、ああいい曲とか、演奏だとか、、、。そう思えたとき、創作にまつわるすべての苦労が報われるのです。

 僕らが腐心して音楽を創っているように、番組を運営している人たちも、それぞれの状況の中で、音楽に愛を注いでくれています。僕らを育ててくれた音楽に「恩返し」してくれているのだと。彼らにとってのガソリンはみなさんからのリアクションなのです。何かを受けとってくれたなら、彼らにリアクションを返してくれたら嬉しいです。その気持ちはいつか美しい円環を描くと僕は信じています。

 昨日の「不倫」の一件。どうしても気になって、彼の発言をすべて聞きました。彼は発言の最後にこの国の高齢化について、介護について、一石を投じるような素晴らしい発言をしていました。にも関わらず、そのことは報道されない。とても哀しい。

 僕はこれからも自分の目で見たことしか信じません。その中から歌を紡いで、素晴らしいバンドとブチかまし、信頼できるスタッフとともにこころを込めて伝えていきたいと思っています。どうぞ、ヨロシク。

 では、飲みに行ってきます。しゅるしゅるしゅるー!

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

不倫とか介護とか

1月19日 金曜日 晴れ

不倫で音楽界を引退するって。

そんな理由で音楽をやめなきゃいけない理由がまったく理解できない。僕はそこから先の音楽が聞きたい。もっと深くなるに決まってるのに。てか、誰かの不倫を暴くことに精力を費やすやつの神経が僕にはわからない(そんな暇あったら、もっと暴かなきゃいかんことあるはずなのに)し、その才能を潰す権利が誰にあるんだって思う。損失だよ。んなこと知りたがる一般ピープルのニーズがあるってことにも目眩がする。いよいよこの国も末期かも。

見渡してみれば、周囲はたくさんのともだちが親の介護問題を抱えてる。高度成長で核家族化して、老人は尊敬される存在ではなくなった。なんだかなぁ。俺を可愛がってくれた祖父は自宅で家族に看取られて死んだ。大家族だったら、それがまだできるはずなのに。僕はまだ小さかったけれど、彼からの最期のギフトを受け取ったよ。それは「死」というたいせつな経験。「死」を見なきゃ、どう生きるかなんて考えもしないよ。

僕の場合、親の介護もまだ40歳だったからできたんだと思う。多いときは月に10回東京と福岡を往復した。僕は自由業だからともかく、勤務している人はほぼ無理だろうし、だいいち金銭的負担も重くのしかかる。

そんな日々が一年半続いて、何度か僕も倒れて、母親が死んだときは正直ほっとした。やり残したことはなかったし、なんとか見送ってやれたし。いつ終わるとも知れない日々がこれで終わった、と。

なんだかおかしいよ。この世界。音楽家の記者会見をiPhoneで見て。強くそう思った。

 

さぁ、気分を変えよう。ジョーくんによるアナログ盤のインタビュー後編。

 

今夜は中村貴子せんぱいのラジオで、「Your Songs」を1時間特集してくれます。bayfm 『MOZAIKU NIGHT FRIDAY TAKAKO’S EDITION』本日2:00~2:57

 

銀次さんとの念願の宇宙トークです。

■otonanoラジオ

伊藤銀次のネット・ラジオ『POP FILE RETURNS』

・#226:2018年1月19日放送
・#227:2018年1月26日放送

カテゴリー: 未分類 | 6件のコメント

同級生

1月18日 木曜日 曇り

中学の同級生が東京に仕事で出てくるってことで、関東在住の3年1組の同級生が日比谷に全員集合。って5人だけどね。

中学の同級生ってのは地域の子供たちだから、生き方や職業が実にバラエティーに富んでいて、しかも一瞬にして損得なく、「あの感じ」に戻れるのはすごいよ。去年まで一度も振り返ったことがなくて、不義理を申し訳なく思ってるけど、再会したというよりはもう一度出会ったって感触に近いかなぁ。

 

はてさて。ラジオなどの出演情報を。
bayfm
『MOZAIKU NIGHT FRIDAY TAKAKO’S EDITION』

毎週金曜日2:00~2:57

2018年1月19日(金)出演

中村貴子せんぱいの愛あるラジオ。1時間特集してくれました。ぜひ、聴いてね

 

■otonanoラジオ
伊藤銀次のネット・ラジオ『POP FILE RETURNS』

・#226:2018年1月19日放送
・#227:2018年1月26日放送

念願の「宇宙話」たっぷりさせてもらいました。番組にたくさんリクエストが送られてきたそうです。ほんとうにありがとう!

 

■α-STATION
『J-AC TOP 40』
毎週土曜日14:00~19:00

2018年1月27日(土)コメント出演

 

■JFN全国32局ネット音楽番組
『Memories&Discoveries』
火曜~金曜 午前4:00~55:30

2018年2月19日週~

30分間、ノンストップで僕が選曲しました。いい一日がはじめられるように、がコンセプトです。俺、こんな番組あったら失神するネ。笑。

 

 

カテゴリー: 未分類 | 3件のコメント

雨の渋谷にて

1月17日 水曜日 雨

23年目、か。この日のことは某エンタメステーションに書いたから、読まれたし。

中村貴子せんぱいの番組に出演。ようやく彼女に伝えたよ。貴ちゃんの番組で僕らのことを知ったってファンに全国でたくさん会ってきたこと。オンエアは

1/19(金)26:00〜bayfm「MOZAIKU NIGHT FRIDAY〜TAKAKO’S EDITION〜」ぜひ。

こころのこもった素晴らしい番組です。

豪雨の渋谷。自分だったらぜったい出かけないねってくらいの雨の中、少なからず大宮エリーちゃんとのトークショーに足を運んでくれて、ありがとう。なにぶん初めての経験なので、グダグダで申し訳なかったけど(ホストが俺なわけだし)、エリーちゃんに助けられました。エリー、借りつくっちゃったね。ほんとうにありがとう。

エリーの新刊。なんでそうなるの? 泣きながらゆけ 笑いながらゆけ 人生って愛なんだ。その通りだよ、そう思うぜ、エリー!

こういう機会でもなければ、ファンと身近に接することがないんだけど、20年くらい前に同じ街でばったり会って、お互いいろいろあったけど、僕らの曲を支えに生きてきてくれた人とか、某イベントで一念発起して、仕事を変えた人、とか。こうやって人と音楽はファンクションしてるんだね。嬉しかった。

もう少し俺もがんばってみるよ。伝えてくれてありがとう!

エリー、ありがとう。

 

カテゴリー: 未分類 | 3件のコメント

明日は

1月16日 火曜日 晴れ

HMW渋谷にて、大宮エリーちゃんとトークショーをやってます。彼女はあったまキレキレで話していてほんとに愉しいっす。入場無料なので、気軽に来てください。

新年からずっと曲を書いていて、ようやく1曲めが完成したっす。春になって、みんなに会える頃にはたくさん新しい歌を届けたいと思ってます。

てんさいエリーさんです。

 

 

カテゴリー: 未分類 | 3件のコメント

ハングオーバー

1月15日 月曜日 晴れ

昨日もまた飲みすぎたんだ。そんな日々。

やっちまったから、朝イチで髪を切ってもらった。

「今を生きる」ってどの世界でも同じだね。僕は特定の球団のファンじゃないけど、この動画が捉えた1カメ感、すごく好き。

 

YouTube Preview Image

 

 

もうひとつ。

東京に馴染めなくて、福岡に住んでイギリスのインディー・レーベルからデビューしようとしてた。いろんなレコード会社から話をもらったけど、日本のメジャーと契約する気はなかった。でもイギリスとの話はなかなかうまく進まず、妙にちょっとだけ人気が出て、食うにも困ってたとき。青山のビルの社長室でこのお方に会った。

「おまえらで金儲けしようと思ってないから、5年間好きにやれ」って。ほんとうに好きにやらせてくれた。感謝しかないんだ。大きな人。こちらも合わせて。目がさめるよ。

数年前に「おまえ、丸くていい顔になったなぁ」って言われて嬉しかったよ。人にかける言葉ってほんとうに大事だと思う。たくさん傷つけてきたし、たくさん励まされた。

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

水商売

1月14日 日曜日 晴れ

昨日、某業種で独立を果たした若者たちを励ましに行った。「まぁ、俺の方がぜんぜん水商売だからさぁ」なんてことを言った手前、音楽家の水商売っぷりを検証してみたのだが。

こうやって曲を書いてるシーズンなんて、無収入なのである。わっはっは。どうだ、参ったか。家族がいないのはそういう理由もあるな。いつだって身軽でいたいし、行きたいときに行きたい場所に行きたい。要するにワガママ。でも、そこで見た風景が体内で発酵して音楽になる。

独立心の強い若者たちにこう伝えたかった。カネは堰き止めるな。天下の廻りものだよ。流れてるうちは大丈夫。そして、素晴らしいものには迷わずカネを使え。そういうやつしか生き残れない。貧乏はオッケー、でも貧乏くさいのはナシ。志は高くな。

音楽事務所からわずかなサラリーをもらってた頃がウソみたいだ。それ、思うにロックじゃないねぇ、生き方が。当時、それがプロのロッカーのあり方だったんだけど、そこから抜け出してからの方が俄然面白いよ。浮き沈みも含めて。CDが売れないって、ほんとに売れないんだよ。笑。でも、そんなんで音楽やめるくらいなら最初からやってないってば。

海外のミュージシャンにことごとく言われた。マネージメントはこっちが雇うもんだって。ほんとだよな。この国はロックも歪んでたんだよ。なんとか援助金みたいなもので成り立ってるなんてね。

まぁ、とにかく一回しかない人生。行けるところまでいくよ。人体実験はstill goes onね。

今日はとある場所でドラムを叩くんだ。これは趣味だから、ひみつ。

毎日曲を書いてるのは幸福だと思ってる。春ごろには届けにいけるかなぁ。

このギターで曲を書いてる。抱えたまま写真を撮ってる。

いいよね。

ヴィンテージギターに興味ないんだ。高すぎる。見るためにあるものじゃないからね。ギターは。

どこにでもあるものでいい音出すのって格好いいじゃん。

 

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

ちーもホリック

1月13日 土曜日 晴れ

年末に自分でついたお餅をいただいたのです。普段、炭水化物はあんまり摂らないんだけど、そのこころが嬉しくて、あまりにも美味そうなので、少しづついろんな食べ方でいただいたのです。

だって、半世紀生きてるけど、自分ちで餅つく習慣なんかなかったもん。羨ましいじゃん。そんな家族に憧れたりもしたよ。

しっかし、電子レンジは不味かった。餅に謝れ !  (笑)やっぱりじんわり遠赤外線で焼いたり、土鍋であっためたりすると超絶美味なんだよね。餅が「ありがとう!」って喜んでる感じ。ポテンシャルを発揮するんだね。毎日ひとつづつだけど、完全な「ちーもホリック」death。もうちーもがないと生きていけない。

 

閑話休題。

 

無理に運命をねじ曲げようとするとロクなことがないというか。求めなければ、それはやってくると思うのです。未だに僕には遠い声が聞こえているし。自分でどうにもできないことはまっすぐ自分の日々を生きるしかないもんね。

 

チャーリー・ワッツの以下の発言にしびれました。いわく、

“It’s been years and years and years I’ve been playing the drums, and they’re still a challenge. I still enjoy using drumsticks and snare drum.”

まったくもって同感。どんなに音楽に没頭しても、どこにもたどり着かないのがすごい。きっと誰かが言うように「無」じゃなくて「空」なんだと思う。

 

しばらく原稿が不定期更新になっていてごめんね。昨年末はもはや立ってるだけで精一杯みたいな日々だったので、少しゆっくりしたペースにさせてもらってたのです。もうすぐ月二回の更新にシフトします。1本目はウォーレン・ジヴォン。きっと彼の音楽を必要としてる人がいると思ったから。文中、リンクできなかった音源、ここに載せておくね。

Enjoy Every Sandwich !!!!!!


真っ暗闇にいたとき、どえらい響いたなぁ。とっても感謝してるよ。

YouTube Preview Image

 

末期ガンのウォーレン・ジヴォンに燃えるようなギターで寄り添うブルース・スプリングスティーン。涙。

YouTube Preview Image

 

 

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

ジーニアスと赤い空

1月12日 金曜日 晴れ

昔のクルマのボンネットを開ければ、どこがどうなっているのかほぼ把握していた。大好きで乗っていた黄色のビートルは、簡単な修理やキャブのセッティングくらいなら自分でできた。オイルも季節によって変えたりしてね。もちろん自分でクルマの下に潜ってやってたよ。愉しかった。

ところがどっこい、今乗ってる車なんて、ボンネット開けたってなんにもわからないし、自分じゃ何もできない。ディーラーに行けば、いろんな情報はコンピュータに吸い上げられるし、セッティングもほとんどコンピュータによって行われる。ケダモノのように速くても、なんだかなぁ、と思う。

そういうストレスはヴェス美への愛情で相殺される。なにせ古いヴェスパは時代遅れの2サイクルなので、ガソリンを入れた後、僕がオイルの分量を量って入れてやらなきゃならない。そういうのが超絶かわいい。なにせ、バッテリーさえも搭載されていない。エンジンをオフにするのはキル・スイッチと呼ばれるしょぼいボタンで、単純にプラグに行く電気をオフにするだけなのだ。クラクションに至ってはイタチの最後っ屁みたいにか細くて、これを鳴らすくらいなら、「あぶない!」と叫んだ方が危機を回避できる。

コンピュータを黎明期から使っている我々は2000年のちょいと前まで、自分のマッキントッシュの中がどうなっているのかほぼ完璧に把握していたし、トラブルも、よく徹夜したけれど、自分でどうにか回避できた。

家に何台のマックがあるのか、数えたこともないけれど、音楽専用のものは音楽のソフトしか入っていないし、用がなければネットにも繋がない。OSを上げることなんてない。エンジニア監修のもと、ひじょーに安定している状態なのだ。てかエンジニアのマックとほぼ同じなのだ。いざってときに不具合が生じて、仕事に支障をきたすのだけは避けたい。

かたやこれを書いているマックは世の中の趨勢に合わせて最新のもの。アップデートせいと言われれば、吟味した上でやる。今日もアップデートせいとしつこいので、吟味した上でOSのアップデートを開始したのだが、途中でフリーズする。こうなると手も足もでないわけで、アップルのジーニアスに電話するしか方法がない。

お前がアップデートせいって言ったんやんけ!と中空に向かって叫んでも時すでに遅し。

まぁ、ほんとうに何というか。若干ボケ老人に接するように、ジーニアスはほんとうに丁寧に約1時間。マックは無事復旧を果たした。でもなんとも言えない気持ちが身体の中に残る。なんだろうなぁ、この感覚。肝心なところがすべてブラックボックスってのが嫌なんだろうなぁ。だからiPhoneみたいなものにはまったく愛着が湧かないんだと思うな。

そういや、思いだしたけど20年くらい前のマックは「あけましておめでとう!」とか言ってたぞ。かわいかったよ。あの会社、俺たちがサポートしないとビル・ゲイツに凌駕されると思ってた。

コンピュータが歌えなくてよかった。コンピュータがギターを弾けなくてよかった。コンピュータが歌詞を書けなくてよかった。てなことを思いつつ、グレッチで曲を書いていたら、ボディーの中にしょぼい魂柱が見えて、ぐっときたんだよね。こいつが音を決めるんだぜ。あとは僕の腕次第。やっぱりこういう曖昧で、てきとーで、でも人間臭いものが僕は好きだな。

“無茶ブリのジョー”こと、ジョー・横溝くんがうちにきて、アナログ盤に関するインタビューをしてくれました。わたくす、プライベートを晒すことを極端に好まないのですが、ついジョーくんだと油断してしまいました。昔某NHKに出なければならなかったとき、魔除けとして机の上に「キンカン」が置いていたように、今回は森達也さんの新刊「A4」が乗っております。それでは楽しんでくだされ。しゅるしゅるしゅるー。

海はいいね。毎日見ても、いいね。

飽きないねぇ。

振り返ると夕焼けがあんまりだった。走りながら前を向いていたのに、後ろがすごいことになってることに気づくくらい。でもランニング中の写真はぜんぶiPhoneで撮ってるから悪口言ったらいかんネ。

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | 5件のコメント

1月11日 木曜日 晴れ

プライベートなことを突き詰めていくと、稀にパブリックな真理に突き当たることがある。鉱源をさがすような作業。。

脳はずいぶんクリエイティヴになってきたけれど、言葉がぜんぜん湧いてこない。たぶん、まだインプットが足りないんだろう。カスカスだ。溢れるには吸収が必要。誰もがわかる簡単な言葉で「それ」を描きたいと思っていて。その「ひとこと」にたどり着くには背後に無数の言葉の屍が必要になる。累々とした屍の上に、生きたその「ひとこと」があぶりだしのように浮かび上がってくる。

「Nothing」と「Empty」の違いを教えてくれたともだち。おかげで「Running on empty」と「Long way for nothing」の差異がわかる。Empty。空であって無ではない。深い。

今日の太陽と海と富士山。ほんの少しだけ春の香りがした。

西のひかりはずいぶん眩しくなってきた気がする。

 

 

カテゴリー: 未分類 | 6件のコメント