インスタライヴやってみます

1月11日 月曜日 曇り

コの状況、潮目ってかフェーズが変わった気がしてます。身近に忍びよってる感じがする。

政府がアホなのはもはやしょうがないから、ひとりひとりがクリエイティヴに生きるしかないよね。にしても、医療関係者とか、満員電車で通勤しなきゃいけない人たちとか、シングルマザーで必死に生きてる人とか、親を介護してる人とか、、、。頭下がるよ。

みんなのほっこりする時間になればと思い、インスタライヴやってみます。続けるかどうかは一回やってみて考えます。いつものiPhoneひとつ、ワンオペで。みんなのリクエストに応えるって形です。

 

てなわけで、インスタライヴ第二シーズン。1月16日土曜日、19時からです。18時45分から開けてます。見たい人はインスタで「heatwave1979」をフォローしといてください。

リクエストはこのblogのコメント欄にどうぞ。木曜日いっぱいまで受け付けます。

1. 名前(ニックネームで構いません)
2. だいたいの年齢、性別、お住まいの地域
3. インスタライヴで聞きたいHWの曲
4. メッセージを遠慮なくどうぞ!

 

 


カテゴリー: 未分類 | 13件のコメント

生き残った歌

1月10日 日曜日 晴れ

国外からグレイトなアイデアがもたらされて、しばし逡巡して、この国に残っている民謡をできるだけ、洗いざらい身体の中に入れ直してみることにした。

いまさら、だけど。永い時間をかけて生き残った歌たちには、人間の優しさと切なさとタフネスが詰まってると思う。それを今一度、消化して、現代に昇華させることはとっても意味があることのように思える。ドメスティックではなくユニバーサルだし、今を生きるヒントに溢れてると思う。

それがステイホーム期間中のテーマのひとつ。

それから。

僕の本(僕のっていうよりチームで作ってる気持ちの方が強い)のもろもろ、書いてくれてるんで読んでください。今のところ、僕はなーんもしてません。書き下ろしはするつもりだけど。このチーム、プロフェッショナルです。関わってて、愉しい。

 

 

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

1月9日 土曜日 晴れ

ヤス(大島保克)の歌を聞いてきたら、こころの深いところに入ってきて、ぐっときて困った。

また一緒にツアーしたいなぁ。すごい歌なんだよ。オレはとてもあんな風には歌えないけど、彼の歌にギターを弾いているときは無常の歓び。ワールドクラスのスピリットがそこにあるわけだからね。ヤスとオレはWOMAD(ピーター・ガブリエルがやってるワールドミュージックの祭典)の日本代表だったんだよ。そこで初めて会ったんだと思う。

探してたら、あった。ヤスに呼ばれてスタジオで一発録り。オレがいろいろ探ってて、3テイクくらい歌わせたらヤスが怒ってた。笑。彼はいつだって素晴らしいからね。コの時代、家ですごすときに素晴らしい歌だと思うよ。いろんな風景が見えると思う。ぜひ、聞いてみて。

 

YouTube Preview Image

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | 6件のコメント

対応

1月7日 木曜日 風の強い日

むっちゃ風の強い日。

スタジオ仕事をやる気満々で早起きしたら「秦野に蕎麦ツーリング行きません?」。なにを呑気なことを言っておるのだ。今日は強風だってば。

ん。しばし逡巡して、それもいいかもな、と。今日は音楽は頭から追い出した。強風のツーリングは学ぶことが多かったけれど、決して楽しくはなかった。蕎麦は美味かったが、芸能人のサインに閉口した。もし、自分が店をやっていたら、サインなんて死んでも貼らない。芸能人だろうが、一般人だろうが、人は人に変わりない。

さぁて、と。

年明けから趨勢を見つめていて、はっきりと腑に落ちた。

すべてにおいて、振り回されることなく、自分の対応をしようってこと。すべて自分の責任において判断して、行動するってこと。

これは自分の人生だからね。笑いを忘れず、できるだけクリエイティヴに生きようってこと。自分の前に誰かのことを考えようってこと。自分の行動をできるだけ世界に還元しようってこと。

さぁ、やるか。

カテゴリー: 未分類 | 3件のコメント

ドリーマー

1月6日 水曜日 曇り

政治、ヒドい。ほんとにヒドい。

責任をなすくりあって、手柄は自分のものにしたくて、今この国難のときに体を張って矢面に立つ人物がひとりもいない。政策はいつだって付け焼き刃で、標的は前回のライブハウスとパチンコ屋から飲食に変わる。てか、つい最近まで「go to eat」を推進してたのあんたたちだろーが。

で、いつも帰結すんのは、あいつらを選んだのが自分たちってオチ。なんてアイロニック。アーメン。

オレ?

できるだけドリーマーでいることにする。世界がどうであれ、状況がなんであれ、誰もオレの夢を侵食することはできない。夢を見るのはオレの自由だからね。

————

ドリーマーたちが作った「MOTORCYCLE DIARY 2020」通販開始。俺も使ってるけど、とってもい!真っ白なダイアリーにあなたの夢を描くもよろし。

 

もうひとつ。

昨日のラジオネタの続き。現地在住の悪友ユミコに、アイルランドのイケてるラジオ番組を聞いておきました。こりゃ、夢見るのに最適だぜー。ユミコ、ありがと!飲み過ぎ注意ね。笑

調べたけど、全部の局、昨日のアプリ「radio garden」で聴けます。みんなもイケてる局発見したら、ぜひここでシェアしてね。

 

@RTE radio1
“Late Date” by Cathal Murry 日〜木 23:00 ~ 2:00 am
カハル・マリーの番組は、アイリッシュのミュージシャンを中心にしつつ、選曲ばつぐんです。金、土は、ホットハウスのフィアクナが務めることが多い。

同局の月〜金オビ(20:00~ 22:00)は、ご存知ジョン・クリーダン。
日曜の22:00~23:00は、御大フィリップ・キングの番組。


@Lyric FM
“Mystery train “ by John Kelly 日〜木 19:00~ 21:00
日曜日はインタビューが中心。雨の月曜日の選曲が特にいいです。
ジャズ(エラ・フェッツジェラルドの大ファン)からテクノまで、アートな番組。
そのあとに続く”Blue of the night”もかなり面白いよ。ツェッペリンからバッハまで、かなりの音楽オタク。ときどき現代音楽に走って「今日は聞かないほうがいいと思う」って自分で言ってる・笑

 

@radio na gaeltachta ゲール語の局で、週末の朝方にチューンかけっぱなしにするときが特にいいの。だっておしゃべりは何も理解できないし・苦笑

 

昼間はリリックFMを流しっぱなしにしています。
地元のOcean FM (スライゴー〜ドニゴール)と、Highland FM (ドニゴール以北)もときどき。ハイランドは、プレゼンターの北部なまりがかっこよくて好き・笑。選曲は基本どっちもアメリカンカントリー(今の)で超ダサいです。
でもアイリッシュのアメリカンカントリーは、ダサさが極致でむしろいいかも。

カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント

示唆

1月5日 火曜日 曇り

ENOのインタビューがあまりに素晴らしかったから、ぜひ

さすがな内容。彼のおすすめのアプリ、Radio Garden。ほんとに素晴らしすぎて、コの中でも世界中旅してるような気分になるよ。今日は早朝、まだ太陽が昇る前に運動してたんだけど、アイリッシュの訛りが懐かしくて、どこにいるのかわかんなかった。笑

どんな状況であれ、どう生きるかってことだと思う。災い転じてってやつだね。

この緑の点がラジオ局。世界中の局が表示される。画期的。

 

カテゴリー: 未分類 | 7件のコメント

千葉にて

1月3日 日曜日 曇り

ちょいと前まで、大晦日には演奏するってのが恒例だった。フェスやイベントでね。

でも、終わるのが元旦の午前3時だったりして、俺たち元旦からなにやってんだろ?みたいな気持ちになってから、大晦日や正月には演奏しないことにした。ロッカーだって、新年の気持ちはたいせつ。今年は屋上で新鮮な空気を肺いっぱいに送り込んで、とっても気持ちよかった。

感染が拡大する中(企画を受けた際はそこまでひどくなかったけれど)三が日にライヴのオファーを受けたのには理由がある。

来てくれた人はわかると思うけど、去年さんざん叩かれたライヴハウスって場所の人たちがどれだけ努力してるかってこと。失くすのは簡単。でも失ってからでは遅い。今年もきっと苦境が続くから、応援したかった。

もともと冬の間は表にでないんだけど、今年はライヴの予定が真っ白。もう「キャンセル」のお知らせをするのに飽きたってのもあるけど、決められないんだよ。どうなるか読めないから。

正月帰省しなかった人が帰省した人を責めたりするって。それぞれにそれぞれの理由があるかもしれないじゃん。おじいちゃんに会えるのが最後の機会かもしれないじゃん。そんなの誰にもわからない。

同じように切実に音楽を必要としてる人だっているかもしれないじゃん。ハコがあって、聞きたい人がいて、演者がいて、成り立ってるんだよ。

自治体の首長が国に緊急事態宣言を要望するって、 オレにはポーズにしか見えないんだ。増えたから場当たり的にやってるようにしか見えない。誰も腹をくくって責任を取ろうとしない。少なくとも去年一度はその事態を経験してるわけで、その経験を活かして考えることはできるじゃん?

飲食業には20時以降の営業を自粛してもらうって。その業種の人には実質的には「緊急事態宣言」に等しいでしょ?国民すべてに番号をふって管理してんのなら、税金は必ずなにがあっても持っていくわけだから、昨年の納税額からはじき出した収入の7割を保証するから時短で営業してくださいみたいなこと、簡単にルールとして設定できるはずじゃん?保証って、そもそもその金だって税金なわけで。

ぷんぷん。

いくぶんグダグダ感はあったと思うけど(許してネ)音楽の奇蹟っつーか真髄にたどり着くまで、水戸が誇るドラマーのえのぴょんと約3時間半格闘しました。愉しんでくれたかな?

次にいつ会えるかわかんないけど、それまでみんな元気でな!こんな状況の中、来てくれてありがとう。ライヴハウスをよろしくな!

また緊急時代宣言、みたいなことになったら、インスタロッカーになる気でいるよ。オレはしばらく創作活動に専念します。

いい一年にしような。

「MOTORCYCLE DIARY 2020」通販開始です。俺も使ってるけど、とってもいいよ!真っ白なダイアリーに今年のヴィジョンを描いてみてちょ。

3時間半って、、、、、。ごめん。でも、みんな元気に帰って欲しかったんだよ。

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | 7件のコメント

リレーション

1月2日 土曜日 晴れ

日本晴れに富士山。正月らしい天気だね。

明日の千葉でのライヴの説明をば。

昨年槍玉に挙げられたライヴハウス。来てくれた人はわかると思うけど、それぞれに感染対策を一生懸命施して地域の文化のために努力しているハコが「ほとんど」なんです。

そんな中、水戸の老舗ジャズバーBluemoodsには周年イベントで昨年はなんと5回も訪れました。コで人数を減らしてるのもあるけれど、ほとんど俺んちで演奏してるような至近距離で音楽を楽しめます。なおかつマスターのドラムの腕が尋常ではないので、いつも一緒に演奏しています。

そのライヴを千葉ANGAの店長が見に来たんですね。彼女もずっと店を守ってきた人です。その日のうちに、水戸と千葉がコラボレーションするって案がまとまったってわけです。明日は水戸のフードも用意され、千葉からは地元のミュージシャン。もちろんわたくすはマスターと演奏します。

ご存知のように感染者は増える一方。くれぐれも無理のないところで。でも、音楽を正月に楽しみたいって人は、十分気をつけた上でポジティヴな意思のコラボレーションを楽しんでください。

それから「MOTORCYCLE DIARY 2020」通販開始です。明日の千葉でも用意しておきます。俺も使ってるけど、とってもいいよ!真っ白なダイアリーに今年のヴィジョンを描いてみてちょ。

池畑さんとオレのメットとダイアリー、スタジオにて。

 

 

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

元旦に思う

1月1日 金曜日 晴れ

あけましておめでとう。

今年もあけおめ画伯、登場です。

夜も明けないうちに屋上で原稿を書き始め日の出とともに、主宰者クリゼンに送ったなら、7時台にはアップされるという、電光石火の中年2人からの新春メッセージもぜひ読んでくださいまし。

https://bigmouth.co.jp/sakaba/848.html

愛に溢れた一年になりますように。

毎年書いてますが、わたくす芸術学部美術学科油絵科卒業でございます。笑

 

カテゴリー: 未分類 | 9件のコメント

忘れられない一年

12月31日 木曜日 晴れ

忘れられない一年。だったかな。

グローバル化した人類のツケだったのか。たかがウイルス、されどウイルス。コは突然変異的に発生したのか、それとも人為的に作られたものなのか。その発火点すらも曖昧なまま、人類は目に見えない存在に振り回されるだけ振り回される。獲得したはずの科学技術はコの前では歯が立たず。

アーメン。

1回のテレビ出演より300回のライヴを選んだ人生において、ダイレクトなコミュニケーションをすべて「蜜」と斬り捨てられるのは正直しんどかった。ただし、個人的にはコよりひどい経験を何度もしていたせいで、気持ちがめげることはなかった。どうしてって?こんなんで辞めるくらいなら最初からやってないってば。笑。

この時代アーティストでいることなんて、「死して尸拾う者なし」。そのくらいの覚悟がなきゃやってらんない。収入がない?それがなんだ。

まずはスケボーに乗ったのかな。それはよかった。それからインスタライヴを始めた。これもよかった。緊急事態宣言が出ている10週間の間。週末にこれをやることで正気を保ってられたし、今になって、あのときはありがとうと言われるようになって、やってよかったなぁ、と。ただしSNSからはもう離脱しようかなぁ、とも思うけど。

望んでないけど、また緊急事態宣言が出たりしたら、またやるつもりでいるよ。

これまでのコミュニケーションをコによって断ち切られ、それをヴァーチャルなもので復活させる。配信ライヴもいくつかやったけど、2020年の記録として2011年とは違った意味で、それをまとめる価値はあるのかもしれんと思う。まだ見てないけど、そこにはたぶん時代の気分のようなものが記録されていると思うから。

最後にモーターサイクル。これは2020年最大のインスピレーションだった。センセーション。遅すぎたけれど、乗ってよかった。

なんであれ、命は使い切る気持ちでいるよ。

今年もたくさんの声援をありがとう。

どうぞ、よいお年を。

山口洋(57)

 

 

Motorcycle

午前5時 月のひかりを浴びて
風を受けて 相棒を走らせてゆく
見えない敵に さんざん振り回されたから
さぁ 新しい朝を迎えにゆこう

Motorcycle 人生に永遠を
Motorcycle 誇り高き 永遠を

水平線に朝陽が昇ってくる
またしても ディスタンス 測りかねてた
まるでゴッホが描いた糸杉みたいさ
せつなさと 理不尽が渦巻くこの道を まっすぐに

Motorcycle 人生に 安らぎを
Motorcycle 誇り高き 安らぎを

くたばってゆく仲間に伝えたいこと
まだ人生に未練があったっていいじゃないか
急いでるのなら 先に行ってくれていいぜ
命使いきるまで もう少しあがいてみたいと思ってる

Motorcycle Motorcycle

駆け抜けるために 新しいセンセーション
これからゆっくり峠を下りていくときに
鼓動に 風に ひかりに 木漏れ日に 憂鬱と鬱憤をぶちまける人たちに
遠ざかる風景に 美しき後悔に 忘れがたきエクスタシーに

Motorcycle 人生に永遠を
Motorcycle 誇り高き 永遠を
Motorcycle 人生に 安らぎを
Motorcycle 誇り高き 安らぎを

カテゴリー: 未分類 | 9件のコメント