天下の回りもの

3月28日 土曜日 曇り

「金は天下の回りもの」とはよく言ったもので。笑。

自分のところで堰き止めようとすると、必ず問題が生じる。要するに目の前を金が通り過ぎていれば、それでいい。入ってくるけど、出て行く。風通しがよければいいい。そう心がけていると、「んー、さすがに財政、厳しいわい」ってときに不意にお金が転がり込んできたりする。これ、ホントだからね。

国がフリーランスの人間をどう捉えてるか、よーくわかったじゃん?笑。金に執着するから、痛い目に遭うのよ。だから、買い占めみたいな浅ましいことはやめなさいって。分け与えなさいよ。そしたら、困った時に誰かが分け与えてくれるよ。根拠はないけど、経験上、それは真理だよ。

ずーっと書けなかった原稿、ようやく書きました。ちょっと肩の荷が下りた気分。初めて締め切りを守れなかったけど。苦笑。

ライヴをやるのが正しいのか、どうなのか。俺も逡巡してる。ただね、先日の京都で来てくれたオーディエンスとたくさん話したんだよ。それはこのご時世がもたらしてくれた貴重な経験。

小学生の給食を作るのが仕事の女性。600人分の給食、何人で作ると思う?2人なんだって。信じられないよ。え?それってにんじんをカットしたりする機械なんかあるの?って聞いたら、全部包丁でやるんだって。嘘でしょ?そもそも何時出勤なの?8時だって。たった4時間で600人分の給食作るんだって。俺は驚いたよ。すっごい仕事だよね?

でね。ライヴに来て。その幸せな感触を持って仕事をするんだって。俺は嬉しかったよ。そういう意味で、音楽が社会を支える力になっているのならね。

一方、アイルランドのともだちからメールが来たよ。政府のお達しがひじょーにわかりやすい。なので、紹介。

いわく、家にとどまって、ウイルス感染の可能性を減らそう。自分のためではない、がポイント。ほとんどの人にとって、これはひどい風邪なんだけど、媒介になってはいけない。が大事なポイント。高齢者や、すでに病気を持っている人に移す可能性を限りなく減らそう、がポイントなんだな。

これ、とってもわかりやすいよね。俺も目から鱗だったよ。こう伝えてくれたら、若者もわかりやすいと思うよなぁ。

てなわけで、ライヴは意地になって開催してるんではなく、ハコと話し合って、柔軟に対応したい。それぞれにあまりに状況が違うから。大阪、豊橋、横浜は開催します。ともだちがやってたインスタライヴってやつ。週末、みんな家から出られないなら、それもいいなぁと思ってます。京都は後半、リクエストに切り替えたんだけど、求められてるものと伝えたいこと、合致して、よかったもんなぁ。

これが日本で一番歴史のあるハコ、拾得だよ。すんばらしいんだよ。

 

 

カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント

京都にて

3月26日 金曜日 曇り 

 朝早い帰りの新幹線の中で。

 この国でいちばんの歴史を誇るハコ、拾得に到着して、ライヴの開催状況を聞いたなら、なんとまだ一回もスケジュールは飛んでいないと。

 消毒など、やるべきことは増え、来るお客さんは激減。

 でも、その静かな覚悟に、ハコも、ミュージシャンも、オーディエンスも、歴史はタダ者ではないと感嘆したのだった。やるべきことをやり、自らの役目、責務を果たす。

 チャールズ皇太子からバカ殿まで。ウイルスは容赦ないし、無慈悲。同時に考えようによってはとってもフェアだと。地位も名声も関係ない。もはや国難ですらなく、人類が国など関係なく同じ脅威にさらされているのなら、互いが思いあって、笑いを忘れることなく、事態にむきあっていくこと。そのために自分は何ができるのか考えることだと思う。

 正解?俺にもわからないよ。ただ、むやみに恐れているのは嫌だ。ハコが十分すぎるほど気をつけているのならば、やりながら考える人間だって必要だと思う。

 少なからず音楽を激しく求めてくれてありがとう。だから、後半はリクエストに応えることにしたよ。愉しんでくれたかな?

 また元気で会おう。

カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント

明日

3月25日 水曜日 晴れ

明日、ですが。

日本で一番歴史のあるハコ、拾得で演奏します。

現地と相談し、ライヴは開催します。どうか、無理のないところで。音楽を必要としてる人は遠慮なく。

カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント

三ヶ月

3月24日 火曜日 晴れ

三ヶ月。来る日も来る日も。ミックスしていた。

今日、ようやく終わった。

「産みの苦しみ」なんてとても幸福なことで、それを味わえることに感謝している。

桜は決して好きじゃないけど、あと何回、この花を観れるのかな、と思えば愛着も湧いてくるみたいにさ。笑。

とはいえ、これからはパッケージの作業。デザイナーと遠隔地でたった二人で作業しているのだけれど、離れて同時に山を登る、みたいな共同作業がとっても性にあってる。

なんだかね。最近の一連のことで。

ほんとうに必要なものと不要なものの見分けがつきやすくなった。生き方に正解はない。

生き方は人それぞれ。それでいいんだ。イタリアのビールで乾杯したよ。

 

 

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

Point of view

3月23日 月曜日 曇り

南で育った人間だから、45歳になるまで雪山に行ったことがなかった。

というより、ウインター・スポーツなんてブルジョアの趣味だっちゅー偏見まであった。

でも、初日にノックアウトされた。まぁ、でもその年齢にならなきゃ、雪山に行くこころと懐の余裕さえなかったと思うけど。

とにもかくにも。

いろんな道は同じところに通じている。プロ中のプロと接してみれば、よくわかる。職人中の職人と言い換えてもいいけれど。

それゆえPoint on viewはたくさんあった方がいい。

精神的にいちばんしんどかった時にはランニングがあった。負の感情はすべて地球が吸い取ってくれた。ほんとうにアーシングだった。

でも、走りすぎてもう膝がダメだ。首もダメだ。世界はコロナだ。

なので、雪山に行ってみる。

とってもよかった。滑ってるときはなにも考えない。音楽と同じ。考えるんじゃなくて、感じるだけ。

こころが澄んでくる。背筋が伸びてくる。思考がシンプルになる。

夕方。もうヘトヘト。温泉に入って、居酒屋に行って、ビール飲んで、畳の部屋で撃沈。

悪くない。

アーティストでいること。家族を持ったりなんて、そんなことできるわけがない。ま、俺の場合か。笑。家族がいたら、こんな生き方はできなかったと思う。無論、何の後悔もない。死して尸、拾う者なし。上等だよ。

でね。まごうことなき中年になったとしても。チャレンジできる。自分で責任を取れるならね。だから、人体実験の結果をここで伝えたいと思う。役にたつことがあれば、役立ててほしい。

乗り越えていくものじゃない。くぐりぬけていくものだと思うよ。

あと数日でダイヤモンド富士。

 

カテゴリー: 未分類 | 6件のコメント

days

3月22日 日曜日 晴れ

日々、悲喜こもごも。いのちをまっとうした人、病で苦しんでいる人、伴侶をみつけた人。その振り幅が。

ワールドワイドにコロナに関する情報が生々しく飛び込んでくる。それぞれに親交のある人たちゆえ、国によって対応が違うのがあまりにも興味深い。

そんなこんなで毎日、せっせと英語でメールを書いている。きっと小学生並みの文章力なんだろうが、そういうことは気にしない。コロナが蔓延しつつある国の病院のベッドで化学治療を受けているともだちを英語で笑わせるのはなかなか難しいけど、やりがいはある。

そんな中、悪だくみを思いついた。

これは人を励まし、明るくすることができるかもしれん、と。

各方面に連絡して、どうにか実現できそうだ。いや、する。即、乗ってくれる仲間たちがいるのがオレのほんとうの財産。ありがたい。

こんな展開で、オレは初めてロック・ヒーローに直電話して直訴し、快諾してもらったのだが、まるでルー・リードと話してるみたいだった。笑。

とにかく、即行動。みんなにひかりを届けられれば、と思う。

 

 

カテゴリー: 未分類 | 3件のコメント

源流を訪ねて

3月21日 土曜日 晴れ

さて。連載もいよいよ終盤。

描きたいこと書かせてもらっています。

20代の後半。ロックンロールの源流を訪ねてたどり着いた小さな町の話。

ぜひ、読んでください。

1日に四季がある国の話。

 

 

カテゴリー: 未分類 | 3件のコメント

春を歩く

3月20日 金曜日 晴れ

彼岸は宇宙の正月なんだって。

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

難問

3月19日 水曜日 晴れ 

 世界じゅうで難問を共有するってことは実はとっても意味のあることなんじゃないかって。

 使い古された言葉だけれど、ピンチはチャンス。

 どの角度から難問を捉えるか、そこにヴィジョンとコンパッションがあるかどうか。

 そんなことを山で思った。

 湯水のように言葉とメロディーが湧いてきそうだったけれど、あえて書き留めなかった。

 もうちょっと待て。いつもの直感がそう言ったから。

 理由? 自分でもわからないよ。笑。

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

ブレてるのは人間だけ

3月17日 火曜日 晴れ 

 カモシカも野うさぎも。なにもなかったかのようにぴょんぴょん跳ねる。

 ブレてるのは人間だけ。

 山あいの温泉街にあるそれなりの大きさのホテル。宿泊してるのはオレだけ。お金を落とそうなんて気持ちで来たけれど、こうなりゃ来た方がよほどマイナスなわけで、、、。

 スキーの大会もすべて中止。あてにしていた団体客はすべてキャンセルなんだってさ。街はほぼ死んでるよ。でも、山でマスクをしてる人を一人も見なかった。これはほんと。

 無知が恐怖に拍車をかける。知ろうとすればいいじゃん。マスコミに振り回されるんじゃなくてね。で、わからないことはわからないんだから、考えたって仕方ないじゃん。俺は恐怖にコントロールされるのは嫌だ。そんな暇があったら、自分の暮らしを美しくしたい。周囲を明るくしたい。遠くを見ながらね。

 自然はなにも変わってない。自然って言ったって、山だって削られてる訳だから厳密には自然とは言えないけど。それでも教えてくれることはたくさんある。自分が学ぼうとさえすれば。

 ブレてるのは人間だけ。

 カモシカも野うさぎも。なにもなかったかのようにぴょんぴょん跳ねる。俺はそんな動物でいることにする。

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント