sprit

4月13日 土曜日 晴れ

このところ、ずっと考えていること書かせてもらいました。ぜひ、読んでください。

空に還っていくのを屋上でずっと見ていた。

 

 

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

Fly into the sun

4月12日 金曜日 曇り

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

思考と表現の狭間

4月11日 木曜日 曇り

来週からの来るべきバンド活動に備えて、エネルギー充電中。Some kinds of loveが交錯した奇蹟の夜。

1969年に書かれた歌を自分で歌えるように意訳した。シンプルでいて、強くて、深い。若い頃はなんとなく好きで聞いていたのだけれど、ひっかかるにはこれだけの意味があるのかと今更ながら驚く。歌を説明するのはバカげてる。聴いた人間の感性のものだと、オレは思う。

なんであれ、伝える側になって、ロックンロールの大河を自分も流れていられることが幸福だと思う。流されるのではなく、流れるのだ。自分の意志で。

4/18横浜サムズアップ、4/20京都磔磔。HW SESSIONS 2019、お待ちしております。トリオでの初の音源、「THE FIRST TRINITY」も4/18横浜からゲットしてもらえます。どうぞ、よろしく!

Some kinds of love / The Velvet Underground (1969)

[Verse 1]
Some kinds of love、マルガリータはトムにこう言った
思考と表現の間に 君のしがない人生がある
そして天気のせいで いつだって君を取りまく状況は変化していく
どんな種類の愛も ロクでもないものばっかりさ

GUITAR SOLO #1

[Verse 2]
Some kinds of love、マルガリータはトムにこう言った
フランスの小汚い小説のように 君は理不尽さと下品さを兼ね備えてる
そしてSome kinds of love、君の可能性は無限大かもしれないってこと
オレが見逃していることは いつだって根拠がないことばかりなのさ

GUITAR SOLO #2

[Verse 3]
Some kinds of love、マルガリータはトムにこう言った
あなたは退屈でいて、まったく魅力的じゃない
退屈は分割払いで 富を見つけるための直線なんだって
そしてSome kinds of love それはまっとうなビジョンと誤解されているんだってさ

GUITAR SOLO #3

[Verse 4]
Some kinds of love、マルガリータはトムにこう言った
君の肩の上にゼリーを置き去りにする 君が最も恐れていることをやって
君の肩の上にゼリーを置いて カーペットの上に放置してやる
思考と表現の間で 犯人にキスをさせ、それをどこかに放置してやるのさ

 


カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント

沈黙とチャージ

4月10日 水曜日 曇り

ツアーに、くにたちでの2daysのイベントに。足を運んでくれてありがとう。

個人的に寄せられたたくさんのリアクションを受けとって、やってよかったなぁ、とあらためて。

少しアウトプットが過ぎたかなぁって感じです。苦笑。SNSだなんだかんだ、世界には情報が溢れていて、出しても出しても飲み込まれて消えていく。やっぱり自分にいちばん合っているのは、支えてくれるファンにメッセージを届けるのは、「いいね」もなにもないこのblogがいちばんフィットするなぁ。

ほんとうにありがとう。

カスカスになった身体や脳味噌にチャージするべく、小さな旅をしています。探さないでください。笑。ええ、すぐに帰ります。少しばかりチャージと沈黙が必要なだけです。ごめんね。

って、来週からHWが動き出します。ソロツアーやくにたちのイベントで受けとったもの、今度はバンドにフィードして、もっとでっかいグルーヴにします。平日の横浜、初めての関西で開催されるHW SESSIONS、迷わず見に来てください。もちろん新曲中心のライヴになります。通常のツアーとは違って、みなさん着席で食事をしながら、HWのスリリングなセッションの模様を愉しむことができます。そのグルーヴをレコーディングにフィードさせます。

HWトリオの初の音源、「THE FIRST TRINITY」も4/18横浜からゲットしてもらえます。

それから東北のみなさん。ARABAKIでトリオのHWを愉しんでもらえます。ちょー豪華なセッションもあります。こ、これはすごいセッションだなぁ。日本最高峰のロックンロールだよ。ありえねー。是非、来てね!

今回ギターを持たずに旅をしてるので、音楽的な作業がまったく前に進まず困ってます。つくづく、ギターがないとダメなのね、オレ。

完全な沈黙を守るのだ。それは、あなたが何ものも求めず、何ものも願わず、何ものも追求しない、中心となるものが全く存在しない状態に入ることである。そこに、愛が存在する。by クリシュナムルティー。

魂込めて創りました。よろしくたのんます!

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

くにたちにて day #002

4月7日 日曜日 曇り

ムラサキ女史とのトークが終わったとき、とつぜん「STILLBURNING」が大音量で流れて、スクリーンにオーデェンスやスタッフからの40周年を祝うメッセージが映し出された。

きいてないよ。

そういうの、もっとも苦手。でも、嬉しかった。続けてきてよかった。

おかげで後半のライヴは考えていたプロットがぜんぶ、ぶっ飛んだ。愉しんでくれたかなぁ。

なんであれ、人の落下を止めるのは愛だけ。

トークとライヴでいろんなことを伝えるつもりが、明日へのエネルギーをもらったのはオレの方だった。

来てくれたみんな、こころを込めて開催のために力を尽くしてくれたみんな。ほんとうに、ありがとう。あとはこれからのHWでみんなに伝えるね。

 

 

カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント

くにたちにて day#001

4月6日 土曜日 晴れ

超絶桜並木、満開のくにたちにて。

エンタメステーションの連載と連動したトーク&ライヴイベント。初日。

音楽や文化をとりまく裾野を拡げるために集まってくれたくにたちならではの仲間たち。

美味しいものと歴史に育まれた音楽、脱線トークとヒロシの演奏。愉しんでくれたかな?あんまりイベントを自分が企画したりしないタイプの人間なんだけど、この町でやることには意味があるんだよ。来てくれれば、わかるさ!

足を運んでくれて、ありがとう。こころを尽くしてくれた仲間たち、ありがとう!

満開!

こんなお店だよ。

編集部、ムラサキさんとの脱線トークです。

ヨシさんのHW40周年記念おべんとう!美味しかった。

まいちゃんのデッドクッキー。

 

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

日本のあちこちにYOUR SONGSを届けにいく、通販開始

4月5日 金曜日 晴れ

はてさて。ひさしぶりに自分のベッドで眠り、ツアーのもろもろを片付けて、明日からのくにたちでのイベントの準備をしています。くにたちならではの美味しいフードも用意してくれているので、美味しいものを食べて、飲んで、そうそう、くにたちの桜並木、まだ咲いてるといいね、花見もしたりして、ゆっくり愉しんでください。
決して大きなハコではないので、ヒロシの部屋に来てくらた感じで愉しんでくれたらと思います。

チケット、ほんのわずかにあると聞いてます。会場に問い合わせてみてくださいまし。

はてさて。「日本のあちこちにYOUR SONGSを届けにいく」。ツアーでも、たくさんの人が手にしてくれて、嬉しかったっす。明日からお昼の12時から通販開始です。作品の特性上、一般流通はしません。悪しからず。

ぜひ手に入れておくんなまし。詳細はこちらを。オフィシャルショップはこちらです。

聞いて、日本を一緒に旅してくれると嬉しいっす。よろしくね!

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | 3件のコメント

the Boy40 tour day #011、静岡にて

4月3日 水曜日 曇り

静岡。ようやくここまで辿り着いたか。苦笑。

ぎっくり腰を抱えながら、というより、それを治しながらツアーをするのはなかなかの荒技だったけれど、自分の限界を知るって意味では実りある旅だったなぁ。曲を書きながらの旅もある程度は実現できたし。

魔界UHUは音楽の歓びに満ちていた。いつもは繊細な演奏をさせてくれるハコなんだけど、今日は違ったなぁ。歓びの力@静岡。なんだか、オレも桜前線って感じだったぜ!ほんとだよ。

みんなに会えて嬉しかった。また元気で会おうな!きてくれて、ありがとう!

13年目の魔界!がんばって守ってくれて、ありがとな!

カテゴリー: 未分類 | 5件のコメント

the Boy40 tour day #010、移動日

4月2日 火曜日 曇り

お知らせです

6月28日、横浜サムズアップで開催されるMY LIFE IS MY MESSAGEチケットがSOLD OUTになりました。

当日券(立見)は販売予定です。ありがとうございマックス!

 

 

本日、静岡の魔界UHUで演奏します。来てね。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

the Boy40 tour day #009、大阪にて

4月1日 月曜日 曇り

4月だぜ!OMG!

我々も子供の頃の明治生まれみたいに、3つの元号を生きる人になるわけね。苦笑。

年度始め、冷たい雨が降る、月曜日の大阪。忙しい日々の中、足を運んでくれてほんとうにありがとう。新しいアルバムも含め、みんなのこころに届いたなら、本望です。

また元気で会おうね!

PAエンジニアも照明の子も見事に平成生まれ。でも、愛のある仕事をありがとう。みんな、来てくれて、ありがとう。また元気で会おう!

カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント