カテゴリー別アーカイブ: 未分類

山形県長井市で歌う

9月25日 月曜日 曇り   今日はライヴの日。  日々モーレツ。ほんとに身ひとつで乗り込んでいるゆえ、実のところ、仕事は通常のライヴの3倍はある。  開演前ににゃんとかすべてのことをやり終えた。そりゃそうだよね。みんな普段は違う仕事をしてるんだもん。でも、楽屋にコーヒーが用意されていたり、誰かが弁当を買いに行ってくれたり。ひとつひとつの気持ちが身に沁みるってやつ。いや、ほんとうに。  ひとことでyoutubeっていうけど。今日は20歳そこそこで起業した町の若者たちによって行われた。ライヴを中継するのはもちろん初めて。スタッフ4人のうち2人はにゃんと未成年。彼らはほんとうにボランティアで参戦してくれた。アーカイブスを残してくれって声があったのは知っている。でも、オレが彼らにこう言ったのだ。  これはライヴだ。それは残さなくていい。今、目の前にある一瞬を共有できる人たちのために全力を尽くそう。  ライヴの出来がどうだったのかなんて、オレにはわからない。でも、これ以上のことはオレたちにはできない。それだけは言える。  そして、昨日の稲刈りがぜーんぜんダメだったことがわかった。逆に仕事を増やしてるだけ。んなもん、ありえん。だから時間が許す限り、もう一回やり直しに参加することにした。  それが人生。悪くないってば。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

day#001 旅の始まり

9月24日 日曜日 晴れ 旅の始まり。 早朝に家を出てバイクで山形県長井市を目指す。今回はバイクがもたらしてくれた縁ゆえ、バイクで行く意味があるとオレは思う。 420キロ。書けばこれだけだけれど、ほんとは昨日のうちに到着したかったんだけれど、天候が悪くてそれは叶わず。今日も前半4時間はずっと雨。みるみるうちに削られる体力。寒いし、痛いし、怖い。苦笑。 都合8時間かけて、長井に到着。 着くやいなや、酒米「さわのはな」の稲刈りに参加。 60年近くも生きてきて、初めての稲刈り。こんなにプレシャスなことだとは知らなかった。普段食べている一膳がどのくらいの量だとか、稲にまつわる話を聞いているだけで素晴らしい時間。 結局、泥だらけになって頑張っても、プロフェッショナルに迷惑をかけただけなのだが、それでも参加した体験者にとっては忘れられない時間になったと思う。もちろんオレも。 あ!梅干し、届けましたよ。大好評!ありがとう。 循環する農業にはまったく無駄がないことを知った。 夜の宴はほどほどに。オレは明日やらなきゃいけないことがあるから、まずは寝ないと。 さて、本日の山形でのライヴの模様。現地のみなさんによって、youtubeライヴで中継されます。なにぶん音楽ものは初めてだそうで、でも一生懸命取り組んでくれると思うのであたたかく応援してくださいまし!午後2時にライン開通、開演前に紹介映像があります。(ぜひ見てね)ライブは午後2時半からです。ここのURLからどうぞ。    

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

旅に出ます

9月23日 土曜日 晴れ というわけで、旅に出ます。 約10日間。バイクに乗ってブンブン。たぶん2000〜2500キロ。天気が読めないので、前日に天気予報と地図をガン見しながら、ルートを決めて進みます。山形、札幌、弘前と3本のライヴがあるので、どーしようもないときはどこかにバイクを置いて、進むなんてことがあるかもですが、こんなリスキーなツアーをできるのも幸福なことだと思っています。 旅ってプロセスのことだと思うんですよ。目的地に着くことより。だから、いろいろと準備もしました。でも、イニシアティヴは完全にお天道様が握ってるわけで。そこが面倒くさくて、大好きです。 だって、北海道、遠いんだってば。この旅程で行くと少なくとも4日はかかります。 今日は山形県長井市で「さわのはな」の稲刈りなんです。昨日のうちに行きたかったけれど、道中雨でどうしようもなく。今日の早朝、まだ太陽が昇らないうちに、雨を避けながら向かうことにしました。 なぜかオレに託された熱中症予防の梅干しを持って。荷物減らすの大変なんだから、あんまりオレに託さないように!笑 明日はMY LIFE IS MY MESSAGEと地元の人々の共催のライヴです。無料です。でも、これを無料で、youtubeライヴで中継する意味を汲んでくれると嬉しいです。震災後の理想的な人々の関わりがあるからです。すべて地元の有志たちで運営されています。 明日24日の午後2時にラインが開通している予定です。ライヴは午後2時30分からですが、その前に5分ほど映像が流れます。被災地とこの町の関わりを描いた映像です。ぜひ、見てください。こちらから。 応援はお酒「甦る」を買ってくれるとか、MY LIFE IS MY MESSAGEに寄付してくれるとか。当たり前ですがなにも強制的なことはありません。 じゃ、楽しんでね。 旅の模様はインスタのストーリーズで。旅の模様をアップするとフォロワーが減るのです(まったく)。ウザいと思う人は見なくて結構。みんなに旅気分を味わってほしいだけなのです。応援よろしゅう。

カテゴリー: 未分類 | 3件のコメント

Late Summer Night DJ

9月22日 金曜日 曇り 過日、チーム湘南でCHABOさんの「Late Summer Night DJ」ってイベントに行ってきました。 これが、すっばらしくて。 基本、CHABOさんが音楽について語り、ご自身のラジカセで爆音(もちろんいい音です)でラジオ番組よろしくオンエアするってイベントなんだけど。音楽愛に溢れていました。オーディエンスは美味しい食事をしながら、それぞれに楽しんでる感じです。 60年代から今に至るまで。彼の人生と音楽の変遷と、いろんな風景が中空に浮かんでは消えました。 映画を見ているような、ラジオを聴いているような、短編小説を誰かに読んでもらっているような、実在しているような、架空のようなとっても不思議な体験です。 音楽を通じて、体験を共有して、想像の中であちこちに時空を超えて旅をする。ファンにとっても素晴らしい企画ですね。 混迷で黎明の60年代から新たな混迷の現在までの旅。 たとえば、ジェファーソンエアプレイン、ママス&パパス。音の粒が荒い分だけ、イメージの訴求力が半端ないんです。あれは、トークとあの音量がないと気がつかない。 新しい発見でした。僕らはテクノロジーとともにいろんなものを失ってるんです。 ボブ・マーレーのグルーヴ。あの大音量で聞くと、今まで聞こえてなかったものが聞こえてきます。ハネてる人がいたり、スクエアな人がいたり、ノリが前後している人がいたり。いろんなニンゲンが混沌とともに存在していて、その上にあの強力なメッセージが乗っかっている!すごい、としか言いようがないっす。 September Song ハル・ウィルナーとルーの仕事でクルトワイル、三文オペラを知って敬愛していましたが、ジェフ・リンのあの素晴らしい仕事は知りませんでした。あの曲にジョージのスライドとリンゴのドラムとビートルズ愛が加わると、こんなサウンドになるんですね! 帰ってきて、すぐ。持っていなかったアルバム5枚を買いました 子供か!って。 ジョージ・ハリソンとローウェルジョージ、デビット・リンドレーとライ・クーダー。そのスライドのテイストの違い。深く考えたこと、なかったけど、それ、論文書けそう! エトセトラ、エトセトラ。 てなわけで。僕からも九月ってことで、ルーとジェフの「September Song」をお届け。素晴らしいもの知らずに死んでいくのって、もったいなさすぎる。CHABOさんのウィットに富んだ話をメモってる人、たくさんいましたよ。 これが20代のときに聞いたルー。ロックンロールの解釈が素晴らしい。     こっちがCHABOさんに教えてもらったジェフ。     また11月あたりにってCHABOさん言ってました。また行きたいっす。音楽好きのタダのクソガキになれるイベントです。 ぜひ! あ、みなさん。音楽好きになったら、サブスクで好きになったら、ぜひアルバムを「買って」アーティストをサポートしてくださいね!      

カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント

福岡でのライヴイベント「継承」のお知らせ

9月21日 木曜日 雨 「継承」のお知らせ お待たせしました。福岡でのライヴイベント「継承」のお知らせです。 この街に生まれたことをうまく受け入れることができなかった時期もあったけれど、今になって思えば、偉大な先達がいてくれたおかげで、ティーンの時分にルーツミュージックに触れることができ、それが血肉になって、今日まで活動を続けることができたのだ、と。深い感謝の気持ちがあります。 特にビート。この街、固有のものが受け継がれてきました。それを未来に繋ぐべく、このイベントが企画されました。 サンハウスからショットガン、ザ・ルースターズ、、そしてHEATWAVEへ。時空を超えて、未来へ向けて受け継がれるもの。 ぜひ!      

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

グッズ、リクエスト途中経過

9月20日 水曜日 晴れ どうにもこうにも分かりあえない人物ってのが存在する。 どうしてもソリが合わない、もっと言うなら近くにいるだけで具合が悪くなる。そういう関係は残念ながらある。時が解決するのか、と距離と時間を置いてみても、ほとんど効果なし。 ある日、気づいたんだけど。こちらが相手を理解できないように、合わせ鏡のように相手も同じことを思っている。 昔はそれでもなんとかしようとして、いつも撃沈。言葉はとりあえず通じてるみたいだけど、本当に果てしなく遠い。 この頃思う。それは、もう、しゃーない。たぶん、あの人物とは死ぬまで分かりあえない。もとい、死んでも分かりあえない。それがきっと、分かりあうことの意味だな。苦笑。これは業で修行なんだよ。 だから、勝手ながら、自分が死ぬときにこのままの関係で後悔しないかどうかってことを基準にすることにした。少し軽くなる。 アーメン。   さて。ツアーへのリクエストフォームへ、たくさんの投稿をありがとう。 考えてみたら、投稿を可視化すればよかったね。そっちの方が盛り上がったかもしれんが、今回はわたくすがときどき報告するってことでお許しを。みんなのリクエストはすべて目を通しております。 まず曲から。 見事にバラけておりまして、複数票を獲得しているのは「怒りの門」、「馬車は走る」、「STARLIGHT」の3曲。上位の曲はセットリストに入れるつもりでいるので、どんどん投票してくださいまし。投票の行方次第で、この3曲の存在も危しってことになりまする。 それからグッズ。 みんなの意見を取り入れて、以下のようにスタッフともども考えているところです。 ・ロングTシャツ 冬だもんね!確かに。長い間製作してなかったから、いいかも。デザイン案も募集します。これは決定でいこうかな。 ・アクリルスタンド(メンバーの写真かイラスト) これね。たくさんリクエストをいただきました。いちばんウケたのは(芝刈り姿は不可)って投稿。なもん見たら作りたくなるじゃん。(笑)わたすは自分のアクリルスタンドなんか要らんと主張しましたが、3大アニバーサリーだし、ここはみなさんの意見を聞いておきましょうとスタッフから説得がてら送られてきた、池畑さんのイラストに悶絶。これは魔除けに使える!(失礼)   な、わけで今回はナカキカクさんのイラストから急転、劇画チックにハードボイルドに行く感じでどうでしょうか?魔除けに使ってください。玄関にシーサーの代わりっつーのもアリかも。   ・ピンパッジ(社章のような) これもたっくさんのリクエストが。わたくす、これが何のことかわかっておりませんでしたが、スタッフに説明を受けて、納得いたしました。望まれているのなら、作りましょう! ・キャップ 昨年好評だったので、今年はメッシュバージョンを作ってほしいと。帽子好きとしては嬉しい悲鳴。 というわけで、引き続き、曲とグッズのリクエスト募集中です。   HEATWAVE TOUR 2023 “三大アニバーサリーツアー”http://no-regrets.jp/news/2023/0909_tour_hw/index.html <オフィシャル先行> https://eplus.jp/heatwave-of/ 09/09(土)12:00~09/24(日)23:59 <リクエストフォーム> https://forms.gle/sDEF9howH9NHMjcg6

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

やってもうた!

9月19日 火曜日 晴れ 昨日は吉祥寺でイベントに出演。おおはた雄一くんと久しぶりにギターで会話したんだけど、言うことなし。笑。空白は楽器の会話で埋まる。若いガールズたちの歌もそれぞれに焦燥とともに起立していて、とってもよかった。 ところで。 喉が渇いたので、水を買いに外にでた。そのとき気づいた。財布を持たずにでかけていたことに。財布には免許証、クレジットカード、保険証、現金、エトセトラ。そういう類のものがぜんぶ入っている。ライヴの前に喫茶店で打ち合わせがあったのだが、そこは携帯で支払いができたので気づかなかった。 これはショックだったねぇ。この手のポカはやらないタイプの人間だったんだけど、、、。こうやって、そのうちライヴにギターを忘れる日がくるのか、、、。 というか、キャパを超えてるってことなんだと思う。受け止めないとね。 吉祥寺から山形へ楽器を送る6000円を借りて、一文なしのままバイクで帰った。相当情けなかった。 てなわけで、ツアーへのリクエスト吟味中です。ちょっと待ってね。明日には途中経過発表できるかな。

カテゴリー: 未分類 | 8件のコメント

北海道民のみなさんへ

9月18日 月曜日 晴れ 9/28(おかんの誕生日!)に迫ってきた、にゃんとひさしぶりの札幌公演。ハコである円山夜想より連絡がありまして、チケットの売れ行きが芳しくない、と。これまたド平日の木曜日だもんな、、、。 ツアーってものは海を渡ると途端に開催が難しくなります。単純に遠いってのと、経費がかさむからです。 この際、はっきり伝えておきたいのは。どうしてたったひとりでツアーをしているかというと、その土地でいつかバンドを見て体験して欲しいからです。花咲ジジイみたいに種を蒔いてるんです。その昔は北海道までバンドで行ってましたが(行けてましたが、か)、今はとても難しい状況にあります。単純に海を渡るとバンドが成り立たなくなるからです。 でも、わたすは諦めていません。アホなのかドリーマーなのか諦めが悪いのか、わからないけれど、いつだって夢を持って生きています。だって諦めたら、負けじゃん。 嗚呼、それなのに、ソロでもダメじゃんって。そうじゃないと思うのです。こういう稼業を続けていると、どうにもならないことってたくさん経験します。ハコの情熱も素晴らしいのです。愛を持っていつだって迎えてくれる場所です。いいライヴを続けていればなんとかなるかって、そんな簡単なことでもないです。だって、前回の札幌、とってもいいライヴだったし。笑。まぁ、ウチの宣伝力のなさは災いしてると思うけど。 一本一本。もう二度とその瞬間はないと思ってやっています。北海道民のみなさん。北海道にソロで行けなくなるのは避けたいんです。ちょいと無理して、ぜひ見にきてください。 なので、わたすも考えました。北海道にたどり着くこと、もっと冒険的に、かつその距離(遠さ)も実感して、もっといいライヴをやる努力をしよう。経費も時間もかかるけど、それがいいのではないか、と。 今週末、山形でライヴがあります。そのまま自走で北上することにしました。クルマじゃありません。バイクです。ほんとは飛脚よろしく自分の足がいいんだろうけど。笑。自宅から札幌まで1200キロあります。とても1日で行ける距離ではありません。なおかつ、天候にも甚だ影響を受けます。それゆえ、行程の一切を決めることなく、フレキシブルにスポンテニアスにクリエイティヴに札幌に向かっていくことを、blogやインスタでお伝えしながら、旅をしようと思います。 場合によっては、どこかにバイクを置いてってことになるかもしれませんが、できるだけ自分の力でと考えています。明日、どうしよう。昔鍛えたその嗅覚はまだ衰えていないと思います。 例えば、山形でライヴを終えたあと、仙台から苫小牧までフェリーに乗る。新潟から小樽までフェリーに乗る。下北半島の突端、大間まで自走してフェリーに乗る。青森からフェリーに乗る。諦めて新幹線に乗る。ざっと考えて、これだけのルートがあります。前もっていろんなことを予約しないのはまた経費がかさむんだけれど、今回の札幌行きに関しては、その日最善のことを選ぶって道を行ってみようと思います。 どうしてそんなことをするかって。旅ってそんなもんでしょ?その街の実質的な自分との距離を体感することってとっても大事です。近づくたびに、その街で演奏する意味が見えてくると思うからです。 てなわけで、北海道民のみなさん。ぜひ来てください。あ、続く弘前公演もよろしくです! ついしん   年末のHWツアー、曲目へのリクエスト、グッズのアイデアなど。たくさん寄せてくれてありがとう。ぜんぶ目を通させてもらってます。そろそろ途中経過を発表しますが、もっとどしどしお寄せくださいまし。オフィシャル先行と、応募フォームはこちらです。 HEATWAVE TOUR 2023 “三大アニバーサリーツアー” <オフィシャル先行> https://eplus.jp/heatwave-of/ 09/09(土)12:00~09/24(日)23:59 <リクエストフォーム> https://forms.gle/sDEF9howH9NHMjcg6   最後に。この前、京都拾得で聞いて以来、第三次アレックス・チルトンブーム到来中です。連休最終日、ぜひ聞いてみて。最高だよ。        

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

尋常ではない日々

9月17日 日曜日 晴れ   少しばかり、尋常ではない日々を送っている。笑。  この時代に音楽だけで、慌ただしいほど忙しいってのはありがたいことだけれど、あまりにも多種多様のリクエストを間違いなく、ひとつづつクリアしていくことが限界に近づいている。単純に移動すら強烈すぎるとか、ちゃんと食事を摂る時間がない、とか。笑。危険水域に達してきたかな。  こうなると、体にガタがきたり、コになったりすると、さらに周囲を混乱させることになるので、気をつけないとね。免疫を落とさないように走り抜けよう。  というか、性格に問題があって、心底頼まれると断れないってところがいちばん問題なのだと思う。それって結果的にキャパ超えしたら、誰かに迷惑かけるってことだから。で、結局、音楽を制作するクリエイターとしての時間をいちばん削っていることになる。それはほんとうに良くない。なんでもそつなくこなすってことは、なにひとつ深く表現できていないのと同義だから。  ほんとうは世間と少し離れたところに存在しているのがいい。俯瞰でモノを見ているくらいが。だから、その立ち位置を確保すべく、またちょいと荒療治を思いついたから、実行してみようかと思っている。とことんアホだな、と自分に呆れながら。あはは。

カテゴリー: 未分類 | 3件のコメント

京都にて & たいせつなお知らせ

9月16日 土曜日 晴れ 大好きな京都拾得にて。こころゆくまで演奏しました。むっちゃ、幸せでした。みんな楽しんでくれたかな? 長くなるけど、ぜひぜひ読んでくださいまし! 震災後、福島の人たちとMY LIFE IS MY MESSAGEを立ち上げて、12年になります。 近年、山形県長井市の人たちと深く関わっています。復興を応援する日本酒「甦る」にまつわるストーリーです。 浪江町にあった鈴木酒造の酒蔵が津波で流され、長井市で休眠中だった酒蔵を借りて酒造りを再開。福島から避難、移住してきた人たちと長井の人々が協力して、絶滅しかかっていた米「さわのはな」を最上川の河原で復活させました。そうやって鈴木酒造が作ったのが復興のお酒「甦る」。 3年前、僕は大型二輪の免許を長井市の自動車学校で合宿で取っていたところ、インスタにアップした最上川の写真を見た、この町のおじさんたちに待ち伏せされ、拉致られました。笑。これまでのMY LIFE IS MY MESSAGEの活動にお礼がいいたい、と。 酒席とコンサートを重ね、今年は「さわのはな」の稲刈り後のライヴをMY LIFE IS MY MASSAGEと共催するに至りました。 ここには震災後の人々の復興への取り組みのひとつの理想形があると思います。その活動を知って欲しくて、街の有志たちによって、今年の収穫コンサートをyoutubeライヴで中継してもらうことになりました。無料ですが、音楽を楽しみつつ、多くの人たちが関わって、街とこころの復興に取り組んできたことを知ってもらえたら嬉しいです。 9/24の午後2時くらいからです。コンサートは2:30からなのですが、開演前に街の人たちの活動の歩みなどをお伝えする予定です。URLはこちらです。     それからもうひとつ。 なにか、音楽でできないかと考え、山形県民がみんな知っている地元の民謡「花笠音頭」をカヴァーすることにしました。歌詞は福島県いわき市から長井市に避難移住した村田孝さんに書いてもらいました。僕のスーパー無茶振りにわずか数時間で応えてくれました。このバージョンは今年中にアナログシングルにする予定ですが、山形の人たちにお返ししたく、当日コンサートに来てくれた人にMY LIFE IS MY MASSAGEからCDでプレゼントすることにしました。家でも歌えるようカラオケ入りです。笑。これはかなりのレアものになることは間違いなく、再プレスの予定もないので、ぜひ会場に来ていただければ、と。 歌詞カードは長井名産の和紙で作られています。こちらは観戦ツアーを企画してくれた「やまがたアルカディア観光局」の提供です。さっそく、穂が頭を垂れる「さわのはな」と写真を撮って送ってくれました。感謝。 てなわけで、ライヴ参戦、youtubeでの参加、お待ちしています。 花笠音頭(長井ヴァージョン)補作詞:村田孝 めでためでたの若松様よ 枝も チョイチョイ 風に揺れるは 酒林 ハァ ヤッショウ マカショ 花の山形 あやめの長井に 潮の チョイチョイ 香り届ける 男酒 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント