カテゴリー別アーカイブ: 未分類

クソガキか!

7月16日 火曜日 雨   荒れてた。何年ぶりかに。クソガキからなにひとつ成長していない自分に呆れる。  飲むだけ飲んで、あとは文章を書いていただけ。けれど、なにかが見えてきた訳ではなかった。それでも向き合わないよりはよかったとは思うけれど。  書き上げたと思って、数時間経過して、もう一度読み直したなら、なにも書けていなかった。そこには自分の動揺が記されていただけ。  さぁ。もう立ち上がらなきゃ。風にあたってこなきゃなぁ。  結局、できることは自分の仕事に誠意を込めて、ひとつひとつ丁寧に向き合っていくことだけ。こころをこめて、音楽を創ること。それが自分にできる唯一のことなんだと思う。   ふぅ。

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

ウサギとカメ

7月14日 日曜日 曇り 長谷川博一さんが僕に遺してくれたもの。 ひとつひとつ噛みしめるように文章を書いています。どこにたどり着くのかわからないし、どこにもたどりつかないのかもしれないけれど、彼がいなければ、僕はここまで歩いてこれなかったことだけは間違いなく。書くことでしか、それを確かめる術もなく。咀嚼できるまで時間を。 なんだか、兄弟のようなものさえ超えていたような、おかしなウサギとカメのような関係(もちろん僕がカメ)で、ようやく僕が追いついたなら、彼はジャンプして勝手に逝ってしまった。そんな感じ。 ふたりは「死」についてもしょっちゅう語っていて、記録も残っていたりする。 いわく、「ぼくならば、今。死よりも重要と感じられる幸福感が欲しい。寿命より早く、今ここで朽ち果ててもいいと思わせてくれる興奮が欲しい」。 僕らはずっと永遠の円環を目指してきた。果たして彼はそれを手にしたのか?空に聞いてみたい。 友人たちが彼の仕事を送ってくれます。どれも素晴らしい。こららもみんなに見てもらえないか、と。どうしたらいいか考えています。   佐野元春さんのメッセージ。 佐野さんの作品、”COYOTE”に寄せられた長谷川さんの文章。   彼の最初の著作、「ミスターアウトサイド、わたしがロックを描くとき」はビル・フラナガンの名著「ロックの創造者たちー28人のアーティストは語る」にインスパイアされた主にソングライティングについての本で、清志郎さん、佐野さん、泉谷さん、友部さんなど偉大な先達の中に若輩ものとして混ぜてもらってほんとうに嬉しかったのです。これまでこの国にはなかった、素晴らしい内容なので、「きれいな歌に会いにいく」と合わせて、是非手にして欲しいです。 彼にメッセージがあれば、このblogのコメント欄に。僕が彼と遺族に伝えます。    

カテゴリー: 未分類 | 8件のコメント

仙台にて

7月13日 土曜日 雨   こんな気分のときにライヴがあってよかったよ。  音楽に集中して、自分の中にあるありったけのポジティヴなものを推進力にして、風景を描いていく。  こころをこめて、迎え入れてくれたたくさんの仙台のスタッフのみなさん、PAチーム、フードチーム、素晴らしいミュージシャンのみんな。ほんとにありがとう。  一彦と俺はどっちがギター弾いてんのか、わかんなかった。笑。こりゃ、芸、だな。  仙台に行ったなら、是非素晴らしい音楽が溢れてるVORZ BARへ。 GROOVE COUNCILの企画にハズレなしだよ。  11月にHWで仙台に行くこと。オーディエンスの前で発表できてよかった!来てね。 VORZ BAR & GROOVE COUNCIL presents MIX UP & BLEND vol.3 出演: 山口洋(HEATWAVE) 藤井一彦(THE GROOVERS) 大江健人 Opening Act:堀下さゆり&佐山亜紀

カテゴリー: 未分類 | 3件のコメント

Recording days #024

7月12日 金曜日 曇り 悪い夢でも見たのか、醒めたら現実じゃなくなると思ったけれど、残念ながら事実だった。 さんざん、人との別れを経験してきたつもりだったけれど、強烈なボディーブローを喰らったように、ともだちの不在がみぞおちに食い込んでくる。経験したことのない喪失感を味わっている。 彼が最初にパブリックな場所で僕を褒めてくれたのは「Hey my friend / don’t die young」という曲だった。自分の口癖を取られたみたいな名曲だって。で、あんたが若くして死んでんじゃないよ。冗談になってない。やるせない。 でも、このやるせなさも彼からのプレゼントだと思うことにする。 彼が荼毘にふされている頃、とびきりのロックンロール・ギターを弾いて弔うことにした。レスポールJr、58年製。我々より、少し年上。 キース・リチャーズがこう言ってた。 ”ロックンロールは分析されたり、深く考えられるようなものじゃない。そうやって立ち止まっちまうと、完全に見失うものだぜ” その言葉を信じてみるよ。  

カテゴリー: 未分類 | 5件のコメント

Recording days #023

7月11日 木曜日 雨 MY LIFE IS MY MESSAGE 2019、渾身のレポートです。ぜひ、読んでください。 ———————— たいせつなともだちのとつぜんの訃報。正直に言って、今も現実感なし。慌てて駆けつけ、亡骸に対面して思わず出てきた言葉は「死んでんじゃねーよ、バカ野郎!」。隣で状況を説明してくれていた奥さんも思わず笑ってくれていたから、本意は伝わったと思うけど。 彼がいなければ、俺は国内で煮詰まって音楽をやめてたかもしんないし、あの曲がリリースされなかったことは間違いないし、いや、そんなことより、とてもたいせつなともだちであることは今も変わらないってこと。 少し、時間かかるかもしれないけれど、この場所でみんなに彼のこと、伝えられたらと思います。素晴らしい才能を。 ありがとう。

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

Recording days #022

7月10日 水曜日 晴れ 長かった梅雨空が晴れて、ほんの少しだけ夏の香りがした。 5曲めを完成させた。なんとか、今月中に2クールめまでのダビング作業を終えられたら、8月はミックスに集中できる。なんにせよ、今は3合目あたりをえっちらおっちら登ってるところかなぁ。  

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

耳休め

7月9日 火曜日 曇り アルバム完成までの長い道のり。経験上、ロートル・ロッカーは頑張りすぎると最後まで体力が持たないことを知っている。6日連続で音楽に向き合ったら、一日は耳を休めた方がいい。 ヴァン・モリソンのエンジニアだったミック・グロソップさんが教えてくれた。結局、こっちの方が効率がいいし、耳も消耗品だからね。 魚さんとときどきスタジオ環境の情報を交換する。てか、教えてもらう。モニター・スピーカーは特に重要で、二人とも試行錯誤を繰りかえしてきたけれど、未だベストなものは見つからず。でも、この前彼がこう言った。「最近、ラジカセとヘッドフォン」。で、俺も真似して耳に負担がかからないように繊細ではない作業は全部ラジカセでやってるんだけど、こりゃいいかも。 ZS-M5って名機があって、当然新品なんかないから、オークション嫌いな俺がともだちに頼んで落札してもらったもの。特性がフラットで実にわかりやすい。 モニター用のスピーカーは特徴がありすぎるとダメなのです。できるだけフラットな特性じゃないと判断できない。だから、決していい音じゃない。 世界で一番好きなスピーカーはタンノイのゴールドモニターってやつ。これはなにを聞いてもうっとりするから仕事には使えないんだけど、程度のいいやつをずっと探してます。 その代わりリビングでアナログを聴くシステムはアルバムを1枚出すたびに、ひとつづつ買い揃えていったもの。だから、とっても愛着があるのです。    

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

Recording days #021

7月8日 月曜日 曇り 久しぶりに太陽を見たなぁ。 万策尽きたかってところで、1時間半くらいあてもなく歩き続けて、「そうだ、マンドリンだ!」って閃いて、音楽をぐっと前に進めたときの喜び。 今日のハイライトはマンドリンだったよ。笑。それから、残念ながら、またベースも弾いた。今日は余計なフィルを一切弾かない実にタイミングのいい、シンプルなピック弾きのベーシストっちゅーコンセプトで。  

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

Recording days #020

7月7日 日曜日 雨 若い頃から愛してやまないカポーティーの原稿を書いて、いろいろ考えた。 機会を与えられて、向き合うことで、成長は促されてるんだと思う。発表の機会がなければそこまで考察しないわけで。 ほとんど修行僧のような日々。笑。詳細は記さないけど。解脱しそう。 できるだけクリアな精神でいたかったから、音楽に不純なものを持ち込みたくなくて、ほんとうに一人で孤独と向き合っている。本気で生きるってことは孤独になることだよ。そんなこと怖がっていたら、何もできないし、向き合えないのなら、アーティストなんてやってられない。 まぁ、世界は理解してくれないことがほとんどだけど。仕方ないよね。 4曲めが、ほぼ完成。一歩づつ進んでる。    

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

Recording days #019

7月6日 土曜日 曇り 早朝からのじいさんみたいなレコーディングの日々。 とかく悪いヴァイブスは入れたくないから、テレビは見ないし、誰にも会わないし、街にも出ないし、凛とした気持ちで音楽に向かう。 集中している間は浮世離れしていて、こころが澄んでくる。悪くない、と思う。 3曲め。完成したかな。あ、残念なお知らせ。ベース弾いたよ。ビル・ワイマンの気持ちで。 ブルース・スプリングスティーンの新譜について書かせてもらいました。ぜひ、読んでください。    

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント