カテゴリー別アーカイブ: 未分類

こころの真空

11月19日 日曜日 曇り 新しいアルバムの完成にたくさんのコメントをありがとう。みんな待っていてくれて、嬉しいさぁ。 8ヶ月の間、アルバム制作に携わっていた。そういうことをやり終えると、こころが真空みたいな状態になる。そして、たいていの場合高熱を出して数日寝込んでリセットされる。みたいな。 どうやら今回もそのパターンだな、と思っていたが、今日はイベントがあって救われた。生きるってことはどういうことなのか、それぞれ猛者のみなさん方が多大なリスクをしょって、誰かのために生きている姿に叱咤される。そこに通っている筋は半端なものではなかった。ひかり、と言い換えてもいいと思うな。 少し年下の高田漣くんがここで演奏するのはしんどかろうと、老婆心でギターを抱えて行ったのだが、さすがの百戦錬磨、こころの重心は低く、堂々たる見事な貫禄。大したミュージシャンだよ。音楽はやっぱり無力ではなく、二人で演奏してると、空気がぐん、と動くのがわかるんだ。僕を童心に還してくれる。 ほんとうに生き辛い世の中になってきたと思う。終電で帰ったのだけれど、車内の殺伐とそれぞれの顔を照らすスマホのひかりが怖かった。 言いたいことは自責の元に言えばいいし、君と僕とは違う生き物。いろんなやつが居て当たり前だよ。多様性こそ、文化じゃん。 新しいアルバムに「僕は僕のうたを歌おう」というデビュー曲を収録した。25歳が書いた曲を53歳が歌う。色あせないものと、習熟したもの。その具合がなんとも言えぬ味わいを醸し出していた。スタジオでプレイバックを聞きながら、「生きる」ってこういうことか、と自分の曲に教えられた。わはは。 悪くない。たぶん。  

カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント

Mastering day#2、アルバム「YOUR SONGS」完成 !!!!!!!!!!!!!!

11月18日 土曜日 雨 ソニーの乃木坂スタジオにて。本日、完成いたしました。 みんなが素晴らしい2018年を迎えられるよう、こころを込めて、創りました。受けとってくださいまし。 たくさんの声援、ありがとう。 disc2は疲れきった日々のこころに寄りそえるように。最後の曲に小さな声でささやくように、こころからのメッセージを届けました。   飲むぞ!  

カテゴリー: 未分類 | 23件のコメント

Mastering day#1

11月17日 金曜日 晴れ 乃木坂にあるソニーのマスタリング・スタジオにて。僕がこころから信頼しているマスタリング・エンジニア、酒井くんによって「YOUR SONGS」のdisc1にマスタリングが施される。 彼とエンジニアの森岡氏はソニー録音部の先輩後輩の間柄であるからして、リレーションはバッチリ。僕はいい音になっていくのを殆ど見ているだけ。ああ、報われる。酒井くんはAKBからHWまでマスタリングを手掛けていることになる。守備範囲広い! disc1はみんなが元気になって欲しくて創った。クルマで聞いても、通勤の電車で聞いても、日々を闘う力が込み上げてくるように。 帰りのクルマの中で、爆音で聞いたよ。家に着くのがえらい早かったからして、目的は達成したってこと、かな。笑。 さぁ、明日には完成するよ。  

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

days

11月16日 木曜日 晴れ イベントのお知らせっす。   1回前のこのイベントに誘われて出演しました。きっかけはジョー横溝くんの圧力(笑)。知っての通り、僕は政治的な人間じゃありません。もちろん個人としてのイデオロギーはあるけれど、それを音楽で「直接的」に表現するのは苦手です。 でもね「死刑」に関して。 僕のアニキ分から、そこには世界のありとあらゆる矛盾が凝縮されていることを聞かされ、知っていたし、自分と地続きの問題だって認識もありました。ただ、積極的に知ろうとしていなかったのですね。知ったらその向こうには大変なことが待ち受けているのも薄々は気づいてた。 で、そいつは向こうからやってきた。もちろん逃げることもできたわけです。 でも、僕の信念として「知らないことは何も恥ずかしくないけれど、知ろうとしないことは恥ずかしい」ことなのです。 逡巡のあげく、そのイベントに出ました。現実にこの国で行われていることに、言葉を失いました。吐き気も催しました。自分の無知にも呆れました。そして、安田さん、森さん、ジョーくん、主催している人々のほんとうの意味での優しさ、思いやりにこころを動かされました。ひどくね。政治的とか、そんなことじゃなく、各個人の「人として」ってところにです。誰ひとり営利のために動いているわけじゃない。それどころか、この問題に関わると、勤務(隷属)していれば、仕事さえ失いかねない。 でも、どんなに叩かれても、人としての愛を貫く人々にこころ打たれのです。これこそ、ダライ・ラマがいうところの気高さ = コンパッションだと思うのです。見返りを求めない、所有しようとしない。それが愛です。 それから安田さんがやられてきたことを知り、森さんの著作や映画はほとんど観ました。彼らを「優しさ」で評する人をあまり知りませんが、本質的に優しいのです。こころから尊敬します。もう一度書いておきます。僕を動かしたのはイデオロギーではなく、人としての気高さ、思いやり、そして優しさ、です。 そんな僕に今度はニコニコ動画生放送への出演依頼。今度は死刑存置派と反対派の弁護士たちの討論。加えて犯罪被害者の遺族の方も出演される。マジで痺れる状況。そこもまた逃げることはできました。でも、逃げたくなかったのです。ただし、みんなに告知はしませんでした。これがいいことなのかどうか僕はわからなかったし。 その生放送の4時間は地獄に等しかった。弁護士の言葉は僕に理解できるものではなかったし、意見はまったく噛み合わないし、犯罪被害者のお母さんの言葉とまなざしは脳の深いところに食い込んだままだし、僕は歌わなきゃいけないし、存置派の弁護士は「死刑は国家による殺人じゃない!」と言い切るし。 僕はひとことだけこう叫びたかった。「愛だろ!愛!」って。 痺れました。人と人とがわかりあえないという本質はこういうことなのかと途方に暮れました。じゃ、諦めるのか?応えはノンです。僕は僕のできることをやります。やり続けます。原発だって、なんだって。本質は同じところにあると思う。自分のことだと思っているか、どうか、だけ。この国に暮らしている限り、死刑は僕が自分の手を下しているのだと思っています。険しいからこそ、行きます。死ぬときに自分を恥じたくないのです。 たしかに脳髄までしびれたけれど、あの日から世界が違って見えるのです。 だって、もう知ってしまったんだもん。知らないとは言いません。でも知ってよかった。知らずに死ななくてよかった。そう思います。この国の死刑賛成90%は知ろうとしない人たちによって、大半は支えられています。ちょっと前の僕みたいな人間たちによって。 このイベントは有志によって運営されています。難しい言葉じゃなくて、みんなの暮らしと地続きに「死刑」があることを広く知ってもらうためのカジュアルなイベントです。 確かに最初はヘビーです。感受性の強い人ほどヘビーだと思います。でもね、あぶり出しのように「人として何をたいせつにすべきか」が浮かび上がってくるはずです。それが人によって違っていて、多いに結構だと思うのです。そんなイベントです。今回は高田蓮くんも参加します。いうまでもなく素晴らしい音楽家です。 今回は僕も客として参加したいと思っています。会場で見かけたら気軽に声をかけてください。

カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント

YOUR SONGS 2最終日、横浜にて

11月15日 水曜日 晴れ 一年かけてやってきたYOUR SONS 2も最終日。なかばホームの横浜にて。すべてのリクエストに応えられなくてごめんね。全部やってたら、朝だよ。笑。 あんまり明るいラインアップとは言えなかったけど、一曲一曲、こころを込めて歌いましたとも。33をリクエストしたくれた人、娘ちゃんと来たから帰っちゃったんだってね。ちょーノリノリでお見舞いしといたよー! ステージからいろんな顔が見えたよ。なんであれ、日々のこと、ちょっとでも忘れて、音楽に身を委ねて気持ちが軽くなってくれたら、それが僕の歓びだよ。 ウィークディにもかかわらず来てくれて、ありがとう。バンドは週末にライヴをやらないと、コケたら次がないから仕方ないけど、ソロはウィークデイでもいいじゃんって、今日サムズアップのオーナーと話したんだ。だって、週末は先の先までハコの予定がぎっしり。でもウィークデイはガラガラ。お店だってやってかなきゃだし、週末が休みじゃない人だっているんしさ。 さぁ。ツアーはやり終えたぞ。あとはアルバムのマスタリングだー! ツアーに来てくれた人は知ってると思うけど。来れなかった人に伝えたいこと。 2019年にバンドは結成40年を迎える。40年って、なかなかないと思う。16歳のとき授業中に結成して、そのまま40年。そこから見える風景を音楽にして、新しいアルバムをみんなに感謝を込めて届けたい。それが僕の小さな夢。 それを創る前に僕らが創った音楽がみんなのこころにどう響いているのか知りたかったんだ。だからYOUR SONGのツアーをし、YOUR SONGSってアルバムを創った。もうすぐ完成するよ。これを聞いて、2017年をハッピーに締めて、素晴らしい2018年にしてくれ!   1 TOMORROW (リクエスト) 2. OLD MAN (リクエスト) 3. 遠い声 (リクエスト) 4. TOKYO CITY MAN (リクエスト) 5. TOKYO CITY HIERARCHY (リクエスト) 6. ガーディアンエンジェル (リクエスト) 7. 風にハーモニカ (リクエスト) 8. パンダマン イン ユァ ソウル (リクエスト) 9. NORTHERN LIGHTS … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 6件のコメント

レコーディング

11月14日 火曜日 雨 神様なんて信じてないけど、あと5日だけちゃんと仕事をできる体力をくださいって感じ。あと5日。ガンバレ、オレ。 新宿のスタジオにて。某バンドのレコーディング。てか、僕のギターのダビングのためにメンバー全員揃ってくれてんのが嬉しい。うちのバンドじゃありえないからね。なんにせよ、チーム全員で素晴らしいものを生み出そうとしている空気が好きです。 とんぼ帰りして、新しいアルバムの印刷そのほかのチェック。目を皿のようにしても誤植はあるものなのです。今日が最後のチェック。あとはマスタリングだけ。 はてさて。明日は僕のソロツアー、YOUR SONGS2の最終公演、横浜でございます。仕事終わりに食事をしつつ、酒を飲みつつ愉しめるThumbs up。遠慮なくきなされーホトトギス。明日も全曲リクエストです。  

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

東京に戻る

11月13日 月曜日 晴れ 高松から一路700キロ弱。東京に戻りました。死んだように寝て、ようやく復活したところdeath。ちょっとでも気を抜いたら途端に発熱しそうな予感がするので、気は抜きません。にしても、自分のベッドは素晴らしい。疲れの取れ方が違う。 今週は某バンドよりレコーディングの依頼があり(えぇ、君たちのためなら頑張りますとも)、横浜でYOUR SONGS2の最終公演があり、それから2枚組の「YOUR SONGS」のマスタリングが2日間。そこまでは這ってでもやり抜く所存でございます。 しっかし、一彦とやんちゃにギターを弾いた代償。全身痛う(いとう)ございます。(普段あんなに激しく弾かないのでね)まぁ、みんなが楽しんでくれたなら本望だよ。横浜も全曲、リクエストで構成されます。ぜひ来てください。今年のソロ公演はこれで終わりです。。 ところで、わたくし。人生で初めてヤフオクをやってみたのです。正確にはそういうことには向いてないのがわかっているので、精通している人物に代理でお願いしたのです。 ミキシングの際、エンジニアが使っていたラジカセがちょー素晴らしかったのですが、もう新品はとうの昔にないので、オークションで買うしかないのですね。 いちおうエンジニアにも見てもらって、レアなものなんで、これなら大丈夫だろうと、代理の人物に「即決価格」で落札してもらったんす。記されていた文章はこうでした。「蓋の電動部分の動作確認済み、全体にきれいな印象です」最後に「CD、MDの動作は確認しておりません」。 で、届いた訳ですが、「全体にきれいな印象」だけど、片方のスピーカーからは音は出ないし、CDもMDも再生されない。完全なジャンク品。 まぁ、おそらくCDなども動作確認の上、不動の部分は伏せて売ったってことなんだと思います。ほんとうにオレ、カモだよなぁ。てか、なんだかさびしー気持ちになるんだよな。世知辛い。 こういうところも「世間知らず」なんだろうけど、オークションにはとつもなく向いてないので、金輪際撤退します。で、そのラジカセ。モノとして不憫なので、なんとか治してやろうと画策中。 もちろんそれを売った人物に「これをあの金額で売るのはどうかと思いますよ」と伝えたけど、馬の耳に念仏ってやつです。しゅるしゅるしゅるー。だって、確信犯なんだもん。見抜けなかったオレがぽんぽこぴーだけど、騙すより騙されてる方がマシだと思うよ。 てな訳で、明日は某バンドのレコーディングに行ってまいります。

カテゴリー: 未分類 | 5件のコメント

OUR SONGS(特別公演)、香川県高松市にて w/藤井一彦

11月11日 土曜日 晴れ 縁あって、藤井一彦と一緒にやることになった「YOUR SONGS」。旧いともだちだから、誰もが数曲くらいはセッションするだろう。そんな風に思っていたことだろう。こんな時代にあの決して広いとは云えないハコにスシ詰めになったちょー満員のオーディエンスに。ロックンロールの魔法を過剰なくらいお見舞いしてあげようではないか。笑。 もうしばらくあの2人は観なくていい。ってくらいには一彦と全身全霊で演奏した。てか、事前にリハーサルができるわけもないのに全曲2人で演奏したオレたちを褒めてくれ。笑。 高松でそれが実現したことがとっても嬉しかったっす。来てくれて、ありがとう。立って観てた人は今日使い物になんないよね。でも、これがロックンロールだよ。一彦、おつかれー!ありがとね。 1. 明日のために靴を磨こう 2. UNDER THE FOGGY MOON 3. OLD MAN 4. ミスター・デザイア 5. 気の持ちようさ 6. ジギーと星屑 (リクエスト) 7. WHAT’S GOIN ON 8. STARLIGHT (リクエスト) 9. 確信犯的ストレイシープ 10. NO FEAR (リクエスト) 11. GET OFF MY CLOUD 12. MR.SONGWRITER 13. 美しき人よ 14. HELLO LAZY FELLOW 15. 新しい風 (リクエスト) EN 16. PEACE LOVE … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 13件のコメント

YOUR SONGS2、高知県高知市にて

11月10日 金曜日 晴れ 昨夜は高知のともだちと飲んだ。いい夜だった。この街に初めて来て、もう四半世紀が過ぎたと思う。いろんなことがあって、今がある。それぞれのストーリーの中に僕らの曲があるとするなら、こんなに嬉しいことはない。この国はありとあらゆる意味で没落していく大国のサンプルだ。それでも美しいものはまだあると僕は思うよ。 僕のこころを動かしたいくつかのリクエストを載せておくね。   高知にお住まいのSさん、49歳 女性 曲「陽光」 蝶は死んだ魂の乗り物だという話を信じています。先日、祖母の3回忌を終えました。毎年、瓜を育てて、天日で干して、奈良漬を作って孫達に送ってくれていた ばあちゃんは、20歳の私がやったからといって、自転車で四国山脈の峠越えを65歳でやろうとして、娘達から止められた、負けず嫌いな人でした。蝶を見ると、死者の魂が乗っかっているようで、励まされます。四国で陽光を聴きたいです。   広島にお住まいのKさん 40代の岩国公演へのリクエスト 曲「季節のワルツ」 岩国は祖父母の家があった場所。そして母が私を産んだ土地です。 体の弱い母が医師から出産を諦めるように言われていたにもかかわらず、早産で産んでくれました。出産前、4ヶ月。出産後3ヶ月も入院していたそうです。 上に兄が3人いるので、出産前、亡き父が「もう諦めて子どもの世話をしに戻って来い。」と母に言ったことを40年以上経った今でも 「あんなにひどい言葉は聞いたことがない!」と度々思い出しては未だに怒ります。多分、父は母の体を思い兄弟たちの気持ちを思い言ってたと思うのですが。。 産湯も、何ヶ月も飲んだミルクも、岩国のキレイな水でした。 祖父母がいた子供の頃、夏休みには錦川で泳ぎ、冬休みには羅漢山でスキーをして遊んでいました。 とても小さく産まれたことと少し視力に障害があるくらいで半世紀近くも生きてます。こうしてヒロシさんの歌を聴きに来れます。 育った場所で聞いた曲を産まれた場所でも是非、聴きたいです。よろしくお願いします。 余談ですが、後で兄達に聞くと、父はあまりにも小さい赤ん坊の私を自分のシャツに入れたり、ジャンバーの中に入れたりしてカンガルーのように運んでいたそうです。 これも母に怒られたに違いないですね(笑) だから、この曲を高知で歌いました。 1. フリージア (リクエスト) 2. BLIND PILOT 3. TOKYO CITY HIERARCHY (リクエスト) 4. SWEET REVOLUTION(No.95) (リクエスト) 5. プレシャス (リクエスト) 6. 季節のワルツ (このツアーでやってみて、とっても良かったので) 7. パンダマン・イン・ユア・ソウル  (リクエスト) … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 3件のコメント

四国へ

11月9日 木曜日 晴れ   四国に来るたび、ここは独立国家だなぁ、と思う。ほんとうはとっても多様性に富んだ素晴らしい国なんだよ。アメリカを一日に1600キロ移動したって、あまり変化はないけど、この国は30キロ移動したら、もう微妙に言葉も食べ物も違うからね。  普段観ないテレビを観ると、政治家、タレント、エトセトラ。出てくる人物の表情に驚く。どの国のトップも決して世界のことなんて考えちゃいない。そう顔にしっかり書いてあるよ。ある意味、衝撃的。でも二日もするとあの表情に慣れてくる。恐ろしいことさ。だから、僕はテレビを観ない。  そしてステージに上がって、オーディエンスの顔を見る。ほんとうに生き抜くのは大変なんだろうなぁと。そんな中、働いたお金でライヴに来てくれる。近年ライヴ中に泣いてる人が増えた。どうかすると、ずっと号泣してる、とか。泣くだけ泣いて、すっきりしてくれれば、僕は嬉しい。何でもいいから、元気になって帰って欲しい。それが僕らの役目だと思う。そのためだったら、どんなことだってするさ。  じゃ、四国のみんなに会えるのを愉しみにしてます。

カテゴリー: 未分類 | 7件のコメント