カテゴリー別アーカイブ: 未分類

日々雑感、そして黙っていられないノイズ問題。

5月20日 日曜日 晴れ 長くなるけど、読んでくれると嬉しいっす。たいせつなことを書くので。 午前中、地元でいちばんイケてそうな花屋をリサーチして、2つの花束を作ってもらう。ガサツな俺にしては丁寧に2つの状況を説明して。最近花が好きだから、初対面の花屋さんと花束を作っていくのはとってもクリエティヴな作業で愉しかった。     ともだちの家族がいらっしゃるホスピスのような施設を訪ねる。病院にいいイメージなんてまったくなかったけれど、この施設を一目見ただけで、「本来」の目的のために運営されているのがわかる。てか、ほんとうに人の命の終わりについて考えぬかれていることにこころが動いた。 庭園にはいろとりどりの季節の花が咲いている。その中を親子が状況に合わせた車椅子を押しながら歩いていく。陽射しがキツかったから、僕はレイバンのデカ長グラサンをかけたまま、歩いてくる親子に「こんにちは!」と挨拶をする。ガラ悪くてごめんなさい。その親子たちの佇まいが美しくて、泣けた。きっといままでにいろんなことがあって、5月の陽射しの中、最後になるかもしれない散歩をする。美しい風景。人があんなに柔和な顔をしているのを久しぶりに見たし、車椅子に乗っている親の多くは透明な顔をしていた。実のところ、殺伐とした世界に生きていて、癒されたのは僕の方だった。愛のある仕事ってほんとうに素晴らしい。       大好きな国立へ。名だたるロック・ミュージシャンの衣装を創ってきたルゥさんの展覧会。国立の街が僕を彼女に会わせてくれた。彼女はぜんぜん僕よりミュージシャンみたい。笑。 彼女にはあんな風に世界が見えてたんだね。僕だってもちろん見えているけど、いつもモノトーン。あんまり色が好きじゃないんだ。彼女の色彩は派手なんだけど、まったくいやらしくない。てか、美しい。彼女が女性にスタイリングしてあげたあと、その女性が輝きを放つ瞬間を見て、洋服は暑さや寒さをしのぐ以外にもレッキとした目的があることを教えられる。てか、素晴らしいアートだよ。 会場はさながらルゥさんの脳の中。すごい刺激を受けたなぁ。ルゥさん、誘ってくれて、ありがとう!     閑話休題   伝えておきたいことがいくつか。 HWは5/18から新しいスタートを切りました。長年バンドを支えたベーシストの脱退に際して、続けるためには通常は誰かを入れる(サポートでもいいわけだし)のが普通でしょう。 でも、「敢えて」その方法を選ばなかったことが、バンドを継続する3人からの応えのすべてです。もう一回書きます。「敢えて」その方法を選ばなかったことが、3人からの応えのすべて。 これ以上の説明は野暮だと思います。ぜひ、一度ライヴに足を運んでみてください。僕らは地球上にこれまでになかったバンドを目指します。本気っす。そして、道が二つに分かれたなら、険しい方を選びます。たいていの場合、それがアーティストとして行くべき道だからです。 ———————————————————   最近のHW作品における「ノイズ」と言われている問題について。 音を生業にして、誇りを持って仕事をしてきた以上、これは黙っていることはできません。 「ノイズ」と云われているものは僕の古いギターアンプ、フェンダー・デラックスリバーブとアンペッグVT-40から出ている音です。僕はこのアンプをデビュー前から使っています。もう30年以上同じアンプで、同じギター。もっと云うならツマミの位置まで同じです。そんな人、僕以外に見たことないです。 古さゆえ、トラブルは多々あります。だから、定期的なメインテナンスは欠かせません。運搬、保管にも気を使います。会場やスタジオの電源から「ノイズ」が乗ってしまうこともあります。 あまりに扱いが難しく面倒なので、ある時フェンダー社に行って、現存するすべてのモデルを試奏しました。けれど、僕が愛してきたアンプを超えるものはひとつもありませんでした。一応スペアとして、その日一番良かったものを買いましたが、未だにサブ扱いです。 細海魚。彼も僕と同じく、すべて本物の楽器を使っています。いまどき、サンプリングされた優秀な楽器もあります。軽くて、壊れなくて、運搬が簡単で。それでもあの小さな体で、どんな現場にも、リハーサルのスタジオにもすべて本物の楽器を運んできます。 なぜなら。そこがHWのHWたるこだわりだからです。音は空気の振動によって伝達されます。どこに行っても同じ音がするなんてことはありえないのです。その微妙な差異から僕は「今日の」彼のメンタルの状態やヴィジョンを受け取るのです。それらが複雑に絡み合って、トータルとしてHWのサウンドが表現されるってことです。 僕や魚のスピーカーの震え。音を愛する人間として、僕ら固有の音を「ノイズ」と云われるのはとっても心外なのです。みんな、無味無臭の漂白されたサウンドに慣れすぎてませんか? あれらの「ノイズ」も含めて僕ら固有の音なのです。作品を完成させるまでに100回以上、ミックス時に聞きます。どこにどんな音があるのか僕は熟知しています。音に命を賭けてきた者として「ノイズ」と思っているものを作品にするなんてことはあり得ないのです。 道を歩いていて、野生の花にこころを動かされるのは雑然としているように見えるけれど、そこに生きる意志を感じるからです。手入れされた庭よりも遥かに切なくて美しいと思います。 なにがいい音なのか、なんてことに応えはないのです。僕らは僕らにとってのいい音をこれからも追求します。作品として昇華されたものはHW印の誇りを込めた良品です。理解してもらえると嬉しいです。 あまりblogには書きませんでしたが、この作品2018年1月。ひとつきまるまるかけて、気持ちを込めてミックスしました。 OFFICIAL BOOTLEG#005、通販開始です。 Recorded Live at … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント

180518@横浜THUMS UP by 三浦旅麻子さん

5月19日 土曜日 曇り 本日から、OFFICIAL BOOTLEG#005、通販開始です。 Recorded Live at shibuya duo MUSIC EXCHANGE, Tokyo on 22 December 2017 NO REGRETS / HWNR-014 ――――――――――――――――――― 6月から始まるソロ・ツアー「YOUR SONGS 2」のリクエストを受け付け中。 このblogのコメント欄に 1. 参加する会場名 2. お住まいの地域 3. 氏名(ニックネーム可)、年齢(サバ読み可)、性別 4. リクエスト曲(一人一曲で) 5. なによりも、それを聞きたい理由(きちんと書いてくれた方が採用率上がります) を書いてください。最新のコメント欄に書いてください。古いものだと見落とす可能性があります。 ツアーの詳細はこちら。   昨日の写真 by 三浦旅麻子さんです。著作権は写真家に帰属します。三浦さん、いつもありがとうです!

カテゴリー: 未分類 | 9件のコメント

新しい出発の日

5月18日 金曜日 曇り 2018年5月18日。新しい出発の日。 このトシになってまでファンに心配かけて悪かったと思う。でもなぜこの選択や決断をしたかってことは、見てくれたらわかってくれたと思う。やっとここまでたどり着いたかと感慨深かったし、やっぱりこのバンドは心血を注ぐに値するとこころから思った。 だから行けるところまで行くよ。俺は音楽に集中してて、写真を撮る余裕なんかどこにもなかったのよ。明日あたりにひょっとしたら、お伝えできる(かも)ね。 来てくれて、ありがとう。こういう実験の機会を増やして、年内にツアーできたらと企画中です。今年のバンドのツアーは敢えてスタンディングは止めて、みんな椅子に座って、ゆったりと音楽の奇蹟を味わってほしいと思っています。   明日の昼12時から、OFFICIAL BOOTLEG#005、通販開始です。 OFFICIAL BOOTLEG SERIES #005 ¥2,500 OFFICIAL BOOTLEG シリーズ、待望の第四弾。 初のセルフカバーアルバム“Your Songs”のリリースツアーファイナルとして開催され、 ベーシスト渡辺圭一がメンバーとして演奏した最後のライヴ、 2018.12.22 渋谷 duo Music Exchange 公演より珠玉の10曲・合計71分のライブ音源を収録した超大作。 (2018年作品) ※ライヴ会場とHEATWAVE OFFICIAL SHOP(通販)での限定販売となります。 こちらのブログでは、山口洋がアルバムへ込めた思い、 さらに本アルバムには未収録となった「BRAND NEW DAY WAY」の試聴サイトをチェックできます。 [収録曲] 01. 新しい風 02. NO FEAR … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 10件のコメント

リハーサル

5月17日 木曜日 曇り リハーサル。と云っても一人のリハーサル。音楽のタッチを身体に入れる作業。 明日は新生HWのデビュー・ステージ。ほんとうにいろいろ長かったなぁ、と妙な感慨。でも、高校生の時分に夢みたことを40年近く続けていられるLIFEは幸福以外のなにものでもないと思うす。 グラフィック・デザイナーから訳あって17歳時の写真を求められて、普段自分の写真なんて見たりすることもないので、探し当てた学生証と共通一次試験(このワードがすでに死語?)の受験票を見て、もはや同じ人物とは思えず、のけぞったでござるよ。普段、その人が生きてきた道程が顔に書いてあると思ってるのだけれど、自分ももれなくそうだったとは今日まで気づかなかったっす。苦笑。 でもまぁ、そんなに間違ってもなかったのかなぁ、とまるで自分の孫チックな写真を見て思うのだった。 さて。明日、HW@横浜。お待ちしております。てか、みんなに会えるのを愉しみにしています。僕らが前を向いている姿を見ていただいて、みんなも元気になってもらえたら、と思います。 OFFICIAL BOOTLEG #005、明日から手にしてもらえます。通販開始は明後日っす!よろしくね。 ――――――――――― 6月から始まるソロ・ツアー「YOUR SONGS 2」のリクエストを受け付け中。 このblogのコメント欄に 1. 参加する会場名 2. お住まいの地域 3. 氏名(ニックネーム可)、年齢(サバ読み可)、性別 4. リクエスト曲(一人一曲で) 5. なによりも、それを聞きたい理由(きちんと書いてくれた方が採用率上がります) を書いてください。最新のコメント欄に書いてください。古いものだと見落とす可能性があります。 ツアーの詳細はこちら。  

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

楽器の整備

5月16日 水曜日 晴れ ひっさしぶりにバンドで6時間歌いっぱなしってのは老体には堪えるんだけど、この疲労感と耳鳴りと筋肉痛、悪くないdeath。俺たちの音楽は肉体で精神を突破するんだってことを身体が教えてくれます。 5/18@横浜。残席僅かだそうです。お見逃しなきよう。当たり前だけれど、新しいHWはもう昔のHWではありません。 時間をかけてひとつづつ楽器を整備します。昔、下山淳さんの曲に「OLD GUITAR」って歌詞を書いたことがあるんだけど。「増えていく疵がいい」と思います。ひとつひとつの疵が僕とバンドの歴史。とっても愛おしいです。おまけにすごく気持ちを鎮めることができる作業。密かにモチベーションを高めています。 OFFICIAL BOOTLEG #005、通して爆音で聞きました。あなたの部屋でライヴが再現されるっす。18日のライヴから、通販は19日からです。五月病を吹っ飛ばしておくんなまし! ――――――――――― 6月から始まるソロ・ツアー「YOUR SONGS 2」のリクエストを受け付け中。 このblogのコメント欄に 1. 参加する会場名 2. お住まいの地域 3. 氏名(ニックネーム可)、年齢(サバ読み可)、性別 4. リクエスト曲(一人一曲で) 5. なによりも、それを聞きたい理由(きちんと書いてくれた方が採用率上がります) を書いてください。最新のコメント欄に書いてください。古いものだと見落とす可能性があります。 ツアーの詳細はこちら。  

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

リハーサル

5月15日 火曜日 晴れ 今年初めて、HWが全員揃う日。隣のスタジオはジュンスカ。お互い生き残ったなぁ、というヘンな感慨。 いっさい、そんなことは誰も口にしないのだけれど、僕らが今置かれた状況はそれぞれの立場で理解してる。あとは音にして、やりたいことを表現するだけ。そういう大人の関係がとても気持ちいいです。 あとはライヴの現場になってみなければどうなるかわからない領域。それがとても嬉しい。この緊張感もね。僕らは3人でステージに立ちます。その覚悟っつーか、誇りっつーか、なんつーか。見てくれればわかると思います。前進あるのみ。じゃ、みんなと会えるのを愉しみにしてるね。 なので、メンバーの写真は載せません。興ざめするじゃん。笑。 ――――――――――― 6月から始まるソロ・ツアー「YOUR SONGS 2」のリクエストを受け付け中。 このblogのコメント欄に 1. 参加する会場名 2. お住まいの地域 3. 氏名(ニックネーム可)、年齢(サバ読み可)、性別 4. リクエスト曲(一人一曲で) 5. なによりも、それを聞きたい理由(きちんと書いてくれた方が採用率上がります) を書いてください。最新のコメント欄に書いてください。古いものだと見落とす可能性があります。 ツアーの詳細はこちら。

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

OFFICIAL BOOTLEG #005通販のお知らせ

5月14日 月曜日 晴れ 空が高い。雲ひとつない。鳥のさえずりを聞きながら屋上でストレッチと筋トレ。なかなかの至福。この齢になっても、身体は努力に応えようとしてくれる。なんだか、ちょっとこの老体が愛おしくなるもんだよ。 明日は2018年初めてのHWのリハーサル。とっても長かったっす。苦笑。ここまでの道のり。昔はリハーサルが大嫌いだったけれど、今はバンドとともに音楽に没入できることがとてもプレシャスなことだと思います。何度も書くけれど、5/18は新生HW、はじめの一歩です。ぜひ来てください。サムズアップはご飯を食べつつ、飲みつつ音楽を満喫できます。詳細はこちら。 もちろんOFFICIAL BOOTLEG #005は会場で手にしていただけます。   それから、OFFICIAL BOOTLEG #005。オフィシャルショップにて5/19 (土)12:00より通販開始です。 OFFICIAL BOOTLEG SERIES #005 171222 / HEATWAVE ¥2,500 [収録曲] 01. 新しい風 02. NO FEAR 03. STREET WISE 04. NORTHERN LIGHTS 05. TOKYO CITY HIERARCHY 06. MR.SONGWRITER 07. BLIND PILOT … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 6件のコメント

母の日と雨

5月13日 日曜日 雨 母の日。うちのおかんはほぼ母の日に亡くなったのですよ。「私が死んだらオールド・イングリッシュローズで埋め尽くして」という無茶な遺言のせいで、福岡の花市場をともだちの花屋さんに止めてもらって、どえりゃー苦労して手に入れた思い出。笑。 なんにせよ、おかんが元気でいらっしゃる方はたいせつにしてあげてください。ありゃ、無償の愛だからね。妻や彼女とは違うんです。 ちょっと悲しい話だけど。 もう満足に歩けなくなった母親を看病していて、食事も僕が作ってたのです。とにかく安静第一。動くなって。ぜんぶ、オレがやるからって。 でも看病も続くと肉体的にしんどい。ついついソファーで眠りこけてたら、おかんがキッチンに立ってる。僕はかっとなって怒ったのです。そしたら「あんたの好きな卵焼きを作ってやろうと思って」って。それがキッチンに立ってる母の最後の姿になりました。こんなことなら怒るんじゃなかったって、今でも後悔してます。 な訳で、世界で一番好きな食べ物は卵焼きです。はい。 来週は新生HWの初めてのステージです。いい緊張感で日々を過ごしてます。ぜひ、来てね。 ――――――――――― 6月から始まるソロ・ツアー「YOUR SONGS 2」のリクエストを受け付け中。 このblogのコメント欄に 1. 参加する会場名 2. お住まいの地域 3. 氏名(ニックネーム可)、年齢(サバ読み可)、性別 4. リクエスト曲(一人一曲で) 5. なによりも、それを聞きたい理由(きちんと書いてくれた方が採用率上がります) を書いてください。最新のコメント欄に書いてください。古いものだと見落とす可能性があります。 ツアーの詳細はこちら。

カテゴリー: 未分類 | 13件のコメント

5月12日 土曜日 快晴 花なんて、なんの興味もなかったのに。散歩してると花ばかりに目がいく。特に野生のやつはぐっとくるなぁ。逞しくて、儚くて、優しくて。 怖れ多くて書けなかったジミ・ヘン。編集部のリクエストで書くことができました。読んでね。 ――――――――――― リクエスト、ぼちぼち増えてきました。各会場ともまだまだ余裕あるよー。 6月から始まるソロ・ツアー「YOUR SONGS 2」のリクエストを受け付け中。 このblogのコメント欄に 1. 参加する会場名 2. お住まいの地域 3. 氏名(ニックネーム可)、年齢(サバ読み可)、性別 4. リクエスト曲(一人一曲で) 5. なによりも、それを聞きたい理由(きちんと書いてくれた方が採用率上がります) を書いてください。最新のコメント欄に書いてください。古いものだと見落とす可能性があります。 ツアーの詳細はこちら。    

カテゴリー: 未分類 | 5件のコメント

続・OFFICIAL BOOTLEG #005

5月11日 金曜日 快晴 快晴。なのに、昨夜は飲み過ぎてゲロゲロゲー。ようやく昼前に猿と人間の間くらいの存在になって、涙目になりながらストレッチと筋トレを敢行。飲酒歴40年近いんだから、学べよ自分。古市コーロー先生みたいに酒飲みのプロになりたいと強く思う金曜日。 はてさて。18日のライヴから手にしていただけるOFFICIAL BOOTLEG #005ですが、以下の曲目が収録されておりマッスル。 1. 新しい風 2. NO FEAR 3. STREET WISE 4. NORTHERN LIGHTS 5. TOKYO CITY HIERARCHY 6. MR.SONGWRITER 7. BLIND PILOT 8. SWEET REVOLUTION (NO.2017) 9. 僕は僕のうたを歌おう 10. 明日のために靴を磨こう   収録分数ギリギリまで入っている濃厚な一枚です。ライブ会場と通販のみの販売です。通販のアナウンスはもうちょっと待っててください。 現在「山口洋の頭の中のスープ」という謎の一枚を制作中。な、なんと収録曲が20を超えるくどいにもほどがあるマニア向けの一枚になりそうです。愉しみながら、制作中。もうすぐ完成。 さて、今日も171222のライヴで最後に演奏されたBRAND NEW DAY / … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 3件のコメント