カテゴリー別アーカイブ: 未分類

SOLD OUT

1月27日 月曜日 雨 「ミスター・アウトサイド」初日に売り切れました。ありがとう!発起人3人、身を引き締めております。 はてさて。訳あって久しぶりに絵を描きました。それまた訳あって、模写なんだけど、数十年のブランクを超えて、人として成長してる部分が絵から理解できて不思議な気分でした。ずっと封印してたんだけど、もう描いてもいいのかな、と思います。 ハリー・ニルソンの新譜が素晴らしすぎて、悶絶中。ひょっとして、ジョン・レノンと泥酔の果てに創り上げた名盤「プッシー・キャット」に引けを取らない素晴らしさ。アウトサイダーに惹かれるあなたには絶大な自信を持ってオススメします。元気でるよ。そう来なくっちゃー! 明日はコータローくんとのツアー初日です。浜松ーーーー!久しぶり。動いてね、しんかんせーん!      

カテゴリー: 未分類 | 3件のコメント

「ミスター・アウトサイド」開催します!

1月26日 日曜日 晴れ   じゃんじゃじゃーーーん!!!!!!! 「ミスター・アウトサイド」開催します! 善きことのために生きた音楽ジャーナリスト、故・長谷川博一さんの遺志を勝手に受け継ぐイベント「ミスター・アウトサイド」。上野、池之端にある「古書ほうろう」にてシリーズ開催! ゆったり愉しんでもらいたいので、席には限りがあります。ご予約はお早めに! —————————— 発起人はTBSプロデューサー金富隆くん、古書ほうろうの宮地健太郎くん、そして ナビゲーターは山口洋(HEATWAVE)。良書がたくさん。居心地の良い「古書ほうろう」で美味しいコーヒーやお酒を飲みながら、約2時間の架空のラジオ番組を愉しんでください。 第一回は長谷川さんの著作「ミスター・アウトサイド」にちなんで「アウトサイダー」をテーマにお送りします。 ぜひ! 山口洋(HEATWAVE) —————————— 音楽評論家・長谷川博一さんとは18年前、山口洋さんとの飲み会で出会いました。長谷川さんの著書「Mr.OUTSIDE わたしがロックをえがく時」は持っていたし、90年代に司会を務めたNHK BSの「伝説のロック大全集 サタデーナイトライブから」も見ていたので、おっ長谷川博一だ!‥てな感じだったのですが。 その後、長谷川さんが編集長だった音楽雑誌「スローハンド」に寄稿させて貰ったり、お互いデロデロになるまで上野あたりで飲んだり。 そうそうあれは2005年、当時担当していた「筑紫哲也NEWS23」にHEATWAVEに出演して貰った時も、スタジオの片隅で彼は目を細めていました。 本当のところ飲んでるばかりだったけど。楽しい時間でした。当日は長谷川さんを偲びながら時を過ごします。長谷川さんの愛した根津界隈で。 金富 隆(TBS プロデューサー) ———————————— 長谷川さんとは、2002年、山口洋さんの紹介でお会いして以来、親しくお付き合いさせていただきました。ご近所にお住まいだったこともあり、ふらっと店に現れては、あの極上の笑顔で「宮地くん、知ってる?」と、さまざまなことを教えてくれました。町の古本屋の棚は、一人一人のお客さんとの関係が積み重なってできあがっていくことが今でははっきりわかりますが、店を始めて数年というあの頃、長谷川さんからは本当にたくさんのものをいただきました。その紹介で扱うようになった本やCD、譲っていただいた蔵書といった目に見えるものこそ、すでに新たな持ち主のもとへ旅立っていきましたが、帳場で交わしたさまざまな会話とそこから受け取ったものは、移転後の池之端のこの店にも息づいています。 長谷川さんの文章とは、さらに遡ること10数年前、『POP・IND’S』誌で出会いました。当時愛読していたこの雑誌で、もっとも好きな書き手が長谷川さんで、その後間もなく出た著書『Mr.OUTSIDE わたしがロックをえがく時』とともに大きな影響を受けました。楽曲に対する深い洞察と、ミュージシャンその人への強い共感。それが長谷川さんの人柄に包まれたとき、他の誰にも書けない、明晰でありながら温かみのある文章が生まれました。読める機会は決して多くはありませんでしたが、そのぶん何度も読み返し、それは古本屋になる前の自分の血となり肉となりました。 長谷川さんのことを知らないみなさんにも、ぜひ来ていただきたいと願っています。 宮地健太郎(古書ほうろう) 「ミスター・アウトサイド」#001 日時:2020年3月17日(火)19時開演(18時開店) 出演:山口洋(HEATWAVE) 会場:古書ほうろう(東京都台東区池之端2-1-45-104) 料金:3,000円 (1ドリンクつき) 予約・お問合せ:古書ほうろうまで ▪ 電話:03-3824-3388 ▪ メール:koshohoro●gmail.com(●→@) 件名は「3/17 ミスター・アウトサイド」で … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ポール・サイモン

1月25日 土曜日 曇り このところ、いまさらながらにポール・サイモンという人物の才能にのけぞっています。 で、書かせていただきました。彼の音楽を聴いたことのない人も、これを機会にぜひ。   明日の正午にちょっとしたお知らせをします。お愉しみに!      

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

days

1月24日 金曜日 曇り うっかり切らしてしまったパスポートの申請。これなきゃ国外逃亡できないもんね。 自宅にいるときは1日1曲、ミックスに勤しんでいます。何を作っているのか、お楽しみに。  

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

リハーサル

1月23日 木曜日 雨 コータローくんと聖地、池袋でリハーサル。14歳のとき初めて親友がギターを教えてくれて一緒に弾いたGの響き。 それをまごうことな本物のおっさんになって再び味わう喜びって感じかな。笑。わかんねーか。 オレにとっても、かつてなかったようなライヴになると思います。敢えて平日ばかりなんだけど、ぜひきてください。 あんまり愉しかったので、急遽ホテルを取ってもらって、腰を据えて飲みました。はい。0点です。わたくす、永遠のアマチュアの酔っ払いです。夜中にラーメンを喰らうというプロの真似をしてみましたが、やっぱり無理でした。胃袋もアマです。プロのは鉄だと思われ。感服。    

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

ジョーのレポート

1月22日 水曜日 晴れ ともだちのジョーが福島第一原発の廃炉作業の進捗状況について体当たりレポート。 彼の目を通して、見てきたことを伝えてくれています。興味のある方は是非。 ジョー、おつかれ!ありがとう。      

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

人として

1月21日 火曜日 晴れ 人として。 自分がされて嫌なことを誰かにしないってこと。 それが国家であれ、ともだちであれ、家族であれ、恋人であれ。 とってもシンプルなはずなのに、エゴや欲が邪魔をして、それができない。 人間の性。情けないってか、憐れってか。 そういうところ、軽々と越えていきたい。 生きてる時間には限りがある。 だから、美しくありたい。 あることないこと、揶揄されても。 言わせておけばいい。 誰かを変えることはできないけど、自分は変えることができるのだから。   ついしん たくさん問い合わせがあったので。ギネスシチューに市販のルーなどは入れません。入れなくてもギネスの魔法がかかります。笑。 ともだちの日系アイルランド人(笑)、ユミコの本にレシピ書いてありますよ。  

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

ワイン考

1月19日 日曜日 晴れ 56年も生きてたのにワイングラスによって、受け取る味がぜんぜん違うってことを知って、その深さに打ちのめされ中。とりあえず、グラスのフェンダー、ギブソンみたいなものを買ってみたけど、すごく美味しい。   まぁ、ど素人に近いんで、生きてる間にどこまでいけるのかわかんないけど、ロマンチックに酔うってところが素敵だなぁ。 閑話休題。 今年初めて雪が舞った日にギネスシチューを作りました。美味しくて、そして飲み過ぎた。ブルーチーズがこれまた深すぎて、、、、。苦笑。 今日は寒くて、走りに出た瞬間に筋肉をぐきっと。もうほんとうに若くないのだってことを実感。すべてのことに完璧な準備が必要ってことですね。アーメン。      

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

おめでとう、モーガン!

1月18日 土曜日 雪 モーガン・フィッシャーが70歳になったんだって。おめでとう!モーガン。 考えてみりゃ、子供の頃夢中になってたモット・ザ・フープルの人と一緒にバンドをやってるのは不思議な感じだったけど。 彼は世界の扉をたくさん開けてくれた。イアン・ハンターやアル・クーバーにオレの曲聞かせてくれたし、ヴァン・モリソンのエンジニア、ミック・グロソップを紹介してくれたのもモーガン。ジミ・ヘンのレコーディングの話なんて、ほんとにワクワクしたよ。 うちのおかんと仲良かったのも、不思議。モーガンのお母さん、むっちゃ元気でイングランドからフランスまで車運転してワインを買いにいくって言ってたけど、元気かなぁ。 しばらく会ってないけど、久しぶりに一緒に演奏したいな。体に気をつけて、いつまでも元気でいてね。   故Honzi、ようこちゃん、魚、伴ちゃん、山川くん、そしてモーガン!        

カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント

25years

1月17日 金曜日 曇り 今日もあちこちでラジオからあの曲が流れていたよ、と。 ありがとう。 数年前に初めて公の場でこの曲のことを書かせてもらいました。ようやく喉のつっかえが取れたような気持ちになりました。 これはパブリックな僕の声明です。これ以上言えることなんてなにもないのです。 よかったら読んでみてください。 その1 その2  

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント