MY LIFE IS MY MESSAGE 2019 “BROTHERHOOD”

6月28日 土曜日 曇り

横浜にて。

さまざまな人たちのたゆみない尽力があって、なによりも働いたお金で観に来てくれるひとたちが居て、MLIMMはなりたっている。

チャボさんの全霊の演奏を一番近くで体験していたのはオレ。こころと身体と魂に刻んだ。凄まじかった。まったく、なんというか、感謝しかない。

今夜のことは言語化不能。でも、プロジェクトゆえ、画像か、映像か、何がしかの形でオフィシャルに報告できたらと思います。

来てくれて、ありがとう!僕らが信じてきたもの。本気で鳴らしました。

例年、コンサートの前にMLIMMの趣旨を話すのですが、今年は飲食もできる名店サムズアップゆえ、文章にしたためました。ぜひ、読んでください。

———————————————————

MY LIFE IS MY MESSAGE 2019 “BROTHERHOOD” 開催によせて

ようこそ!

ライヴを始める前に、MY LIFE IS MY MESSAGE (以下、MLIMM)の趣旨を伝えさせてください。Thumbs Upの美味しいフードやお酒とともに、開演までに目を通していただけたら幸いです。

MLIMMは東日本大震災直後の2011年4月に、福島県相馬市の人たちとともに、町とこころの復興を目指して立ち上げられました。それから8年の間に、共鳴してくれた多くのミュージシャンや市井の人々とともに、さまざまなイベント、ライヴ、ツアーを開催し、ロック・フェスなどに出演してきました。(活動の詳細はオフィシャル・サイトをごらんください)近年は仲井戸”CHABO”麗市さん、矢井田瞳さんを中心として、一年に一度、この時期にコンサートを開催し、「あのときの気持ち」を忘れないように活動を続けています。

正直にお伝えするなら、時間の経過、記憶の風化とともに、活動を継続することが難しくなってきたことは否めません。たしかに”忘れていくこと”は、人が本来持っている”癒える”ためのプロセスだと思います。震災後、たくさん存在していたプロジェクトもほとんどがなくなっているか、活動を休止しているのが現状です。

それでも、忘れてはいけないことがあると思うのです。「あのときの気持ち」。明日があるのは当たり前ではなかったこと。首相が世界に向けて「アンダーコントロール」を宣言し、来年オリンピックが開催される中、未だ家に帰れない人たちが約5万4000人(※注)もいること。

僕は決して政治的な人間ではありません。ノンポリです。

あの原発で作られた電気を使っていたのは福島の人々ではなく、関東在住のまぎれもない僕でした。どうして僕らが使った「たかが」電気のせいで、人々は故郷を追われなければならないのか?なにひとつ、誰ひとり、責任を問われないまま、僕らが生きている間に、おそらく事故の収束さえできない中、原発を外国に輸出するような国に住んでいるのか?こんな無責任なことを、未来を背負っていくこどもたちになんと説明すればいいのか? 考えたいのです。活動を続けながら。たとえ答が見つからなくても。

このことに全身で向き合っていた遠藤ミチロウさん。志半ばで倒れた彼が、僕のこころに遺してくれたものも誰かに手渡したいと思っています。

毎年、暮れにプライベートでふらっと福島を訪れます。けれど、昨年はどうしても行くことができませんでした。心苦しく思っていたら、福島の裏通りの重鎮たち(笑)が僕の住む町を訪ねてくれたのです。福島のお米でできた銘酒を抱えて。

震災後の炊き出しやイベントで、400キロ以上離れたふたつの町には交流が生まれていました。

ひとびとは深夜までバカ話を肴に、酒を酌み交わしていました。その光景を見て、思ったのです。これでいいじゃないか、と。CHABOさんの名訳で歌われた「いったい何ができるだろう?ともだちとして」。自分のことの前に誰かを思いやる。難しいことを考える前に、シンプルにともだちを想い、近況を語り、酒を酌み交わす。それが忘れないことの意味でもじゅうぶんじゃないか、と。

あれから8年が過ぎても。毎月、あるいは、定期的に僕らに想いを託してくれる人たちが少なからず全国にいらっしゃいます。その想いを還流させる方法は次第に難しくなってきましたが、これからも誰かを思いやる気持ちの受け皿として、活動を続けていきたいと思っています。

今の福島の声はお配りした「かえる新聞」をぜひ、読んでください。これからもMLIMMをどうぞ、よろしくお願いします。

それでは、MY LIFE IS MY MESSAGE 2019 “BROTHERHOOD”。僕らが信じてきたものを、でっかい音で鳴らします。愉しんでください!

たくさんの愛。

2019年6月28日 山口洋 (HEATWAVE)

(※注)
2019年1月、復興庁のまとめ。避難生活者はこの1年で2万人以上減少。一方で、まだプレハブ型仮設住宅での生活を余儀なくされている被災者が約5000人。福島県は17年3月末をもって、避難指示区域外から全国に避難している「自主避難者」への住宅無償提供を打ち切り。このタイミングで避難先の各市町村が自主避難者の多くを「避難者」に計上しなくなったこともあり、公的な数字としての避難者数は大きく減少している。

MY LIFE IS MY MESSAGE オフィシャル・サイト

 

guitar cases

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

MY LIFE IS MY MESSAGE 2019 “BROTHERHOOD” への12件のコメント

  1. にゃあにゃあ。 より:

    参加できて感謝でした☆
    優しい人2人がライブをすると、100倍くらいの優しさに増幅されるんですね。
    brotherhood。
    そのタイトルどおりのステージ。シアワセな時間でした!

    以前YouTubeで観て圧倒されたヒロシさんとチャボさんの新・相馬盆唄。生で聞けるなんて、感激でした!!

    ヒロシさんが「すっっっごく好き」でリクエストしたというラストのチャボさんの歌、ほんっっっとに素敵でした!!

    羽根Tもげっとできました。
    画像より実物のほうが羽根が大っきくてカッコイイです☆

  2. rie より:

    来て良かった。
    ありがとうございました。
    何もかもすごかった。心がいっぱいになった。

    文字にすると、そうでもなさそうなところ残念な気がしますが、、、他の言葉思いつきません。ありがとうございました。チャボさんにも。

  3. のり より:

    6月28日 金曜日ですね。
    そんなこまけぇ事はどうでも良いんだけど、毎度毎度日程が合いません。
    ソロもHWもMLIMMも・・・
    今年は一度は参戦したいと思っているんだけどなぁ~
    一度だけ無理しちゃおうかな(笑)

  4. 桃瑠(トウル) より:

    いがった~、良かった~♪!すべての歌、演奏が、グッときました。目が離せませんでした。チャボさん、山口さんのバイブが伝わり、又みんなの、見守る気持ちが、会場内に、いい空気が流れてました。又ホールスタッフの方々も、てきぱきと動き、気持ち良くライブを観る事が出来ました。そして何よりも、相馬盆唄では、ミチロウさんの魂を呼び起こし、山口さん、チャボさんの三人で、演奏してるような錯覚になりました。本当に全身全霊とは、こういうことを言うのですね。文が長くなりましたが、あの震災後の何ができるか、と、模索してましたが、やっぱり友達として、同じ東北人の仲間として、MLMMを応援していくことかなと思いました。お疲れ様でした。ありがとうがざいました。

  5. わしわし より:

    音楽の本質である魂の喜び、それに触れられて本当に癒しの時間でした。

    ロックンロールヒーリングを本気で体感させていただきました。

    サムズアップのスタッフの方々も、演奏を音を邪魔しない、みんな見事な働きぶり、チャボさん、山口さん、スタッフのみなさん、会場にいたみなさんが本気で音楽を信じているからこそ作り上げられたあの空間。
    全身全霊を捧げてくれたチャボさん、それを支えてくれているみなさん。
    生きている人も、いまいない人も。
    MY LIFE IS MY MESSAGEは、「いのち」を大切にすること。
    本気でそれを描いた山口洋!そんな風に受け取りました。
    行ってよかったです。
    素晴らしかったです。

    最後、清志郎さんが、「いいじゃん!」って、笑ったようでした。

    私の中にもある「いのち」を、大切に大切にしよう。

    ありがとうございました!

  6. かつらぎ より:

    趣旨メッセージに、あしたが来るのは当たり前じゃなかったとあの日気付いたこと。ひきもどされ、楔を打ち込まれた気持ちです。傷や闇から背負ったものは、消えることはない。それでも、この世界はうつくしいと、嘘のまじらない声でつたえたい。阪神間の高速道路封鎖、府内の学校木曜日金曜日休校G20の厳戒態勢下の日常でおもいました。わたしも音楽の可能性を令和3年まで、見届けます。1度目、震災3年後演奏されたHW神戸の満月の夕で、蓋をしていた1.17震災当時にわたしがフィルムの逆回転で引き戻されたように。かかわったすべての方に感謝を。

  7. Masako より:

    MY LIFE IS MY MESSAGE。今年も参加させて頂きました。2013年、14年の時と変わらないライヴ。演奏されなくなった『新・相馬盆唄も』甦り、いつもより、チャボさんの投げかけた詞が響き、こころの深いところに届きました。参加出来たことも、ここまで応援出来たことも、音楽で色んな繋がりが出来たことも、2013年のMY LIFE IS MY MESSAGEのライヴに参加出来たからこそ。本当に感謝です。チャボさんと山口洋さんのギターの掛け合い、アシスト。歌声。MC。素晴らしいステージありがとうございました。
    山口洋さんの書かれた文章と共に、たくさんの想いが還流していると思います。でも、なかなか参加出来ない方々もいるかと思います。いつかまた、どこか他の地域でもおふたりのライヴ “BROTHERHOOD”が開催されるといいなぁと思います。
    かえる新聞の『今の福島に来ませんか』。自分なりに出来ることを考えてみます。

  8. UHUの出汁の香り より:

    二人の「ギター小僧」による R&R Tonight って感じでした!
    聴けてもの凄く嬉しかったっす

  9. Soulboy より:

    MY LIFE IS MY MESSAGE今年も行きました。初回以来毎回参加することに決めています。すべての曲が染みました。新曲良かったです。「新相馬盆唄」では間違いなくミチロウさんもステージに降りてきていました。チャボさんの「ロックンロール・トゥナイト」凄まじかったです。洋さんがリクエストされた由。ありがとうございます。最後に少数意見かと思いますがお伝えしたいことがあります。私は料理が出る場で音楽を聞くのは嫌いです。料理の匂い、演奏中も料理を運びウロウロする店員、バーカウンターで演奏中にグラスのうるさい音。耳はもちろん鼻を含む五感全て音楽に没入したいです。今回、会場が嫌なので行くのをやめようかと思いましたが、このプロジェクトには必ず参加すると決めているので行きました。音楽があまりに素晴らしかったので余計に悶々としてしまいます。

  10. toshie, tokyo より:

    今年も「かえる新聞」とともに開催してくださりありがとうございました。参加することができてよかったです。本気のメッセージと音楽は今も心深くに鳴り続けています。こうして、これからも、受け取ったものを自分の及ぶ範囲は小さく、身近なところですが渡し続けていけたらと思います。

  11. 鳥の歌 より:

    バタバタしているうちにあっというまに数日経過…でもいまだにあの日の感動が心のなかでフツフツとしています。
    洋さんのソロパートからグッときて、歌詞をかみしめながら聴いていました。
    いつまでも夢に取り組む人ばっかりだったら… 洋さん、CHABOさん、身近な家族、いくつになっても夢に取り組んでいる人たちがいてくれることに感謝しつつ、夢を見失っちゃいけないなあと自分を省みました。
    CHABOさんのソロパートも、ちょっと切ない「夏に続く午後」、かっこいい!「さまざまな自由」など、この季節の歌がすてきでした。
    第3部と第4部のおふたりの歌とギターはやはり圧巻、圧倒されました。終わって放心状態。特に最後のCHABOさんの「R & R tonight」、すさまじかった、すばらしかった。CHABOさんにリクエストしてくださってありがとうございました!
    不都合なことは忘れてしまおう、長いものには巻かれよう、って風潮が強くてときに暗い気持ちになりますが、大切なことをしっかり胸に刻み、音楽を聴きながら顔をあげて歩いていこうって思います。

  12. より:

    MLIMM、極力参加していますが、行けて良かった!
    山口さんとチャボさんの結束感が、観る度に強くなっている気がします。
    相馬盆唄では、お二人の楽しそうなステージに、ミチロウさんも
    ふらっと遊びに来てたような…。かと思えば、チャボさんの
    ヴォーカルが清志郎さんに聴こえる曲もあったり…。
    そんな、現世と来世が交錯するちょっと不思議なLIVE、楽しませて
    いただきました。

わしわし への返信 コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>