still life with my GTR

5月27日 水曜日 曇り

偉大なレフティー、中村俊輔選手に新横浜でばったり会って、なぜか彼が試合の帰りなのにグレッチを持っていて、グレッチ談義をするって不思議な夢を見ました。

ギターを弾くって原稿を書いていたから、かな。でも、14歳の誕生日で出会ってから、ただひたすらまっすぐにその道を歩いてきた自分の情熱にも呆れるし、ほんとうに幸福な人生を送らせてもらってるなぁ、と感謝しかないす。

誰からも習ってないけれど、今となってはそれが良かったんだろう、と。個性を作るって意味では。自分にしかできないことを自分で作っていく。そういうことを夢の中でレフティーと語っていたような。

さて、今週はギターバー・ヒロシをお届けします。

リクエストを募集します。ギターに関することならなんでも。それからHWのこの曲のギターが好きみたいなことでも。ええ、なんでも弾きますとも!この曲の弾き方を教えてほしいとか。コメント欄にどしどしどうぞ。木曜日いっぱいまで受け付けます。

もちろん、この曲が聞きたいってリクエストでも。なかなかツアーで行けない地方の人にも届けたいんすよ。遠慮なく。

ギターバー・ヒロシへのリクエストはこのblogのコメント欄に。木曜日いっぱいまで受け付けます。

1. 名前(ニックネームで構いません)
2. だいたいの年齢、性別、お住まいの地域
3. ギターバー・ヒロシで聞きたいHWの曲(今週も歌うぞー)
4. メッセージを遠慮なくどうぞ!(くっだらない話も大歓迎。HWのこのギターが好き、この曲を弾きたいとか)

これは1930年製なんだよ。

これもまた名器。

――――

「HEATWAVE 無観客生配信ライブ “Blink”」応援よろしゅうお願いしマックス!

■配信予定日時
2020年6月20日(土)20:00~21:30

――――

 

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

still life with my GTR への13件のコメント

  1. げっこ より:

    1.げっこ
    2.50代、女、福岡県
    3.新しい風
    4.「灯り」のインパクトあるイントロのギターのコードが知りたいです。
    それと、私は20代半ばからステージに立っておらず、かなり長いブランクがあり、人前でギターを演奏することに恐怖心を感じます。なので、この何十年かずっと一人で部屋でギターを弾いています。(たまに、飼ってる猫が仕方なく聴いてくれますが…)ヒートウエイヴのファンになってから、またステージでギターを演奏してみたいと思うようになりました。アマチュアのただのおばさんですが、何かアドバイスがあればお願いします。

  2. heath より:

    1.heath
    2.50歳 女 徳島県西部
    3.僕のほころびの場所から からの らっぱ
    4.毎週心のこもったほっこりと落ち着ける場所を、時間を、本当にありがとうございます!!週末にヒロシズバーにお邪魔するのが最近の唯一の愉しみなんです。6月の生配信ライヴまで続けてくださる事、本当に嬉しいです!!
    今回はギターバー!って事で、ガツンとくるイントロが大好きな「僕のほころびの場所から」をリクエストします。
    当方ギターを見るのも聴くのも大好きなんですが、楽器を演奏する事にとんと疎く(笑)細かな技術云々はわかりませんが、それでも山口さんのギターにいつもワクワクと心躍る自分がいます。ライヴではその手元に、佇まいに、掻き鳴らす音に釘付けになる自分がいます。今回もいっぱい歌ってくれるとの事!!ぜひ、ほころび聴かせて下さい!
    そしてそのままの流れで「らっぱ」に突入して頂けると最高なんですが…よろしくお願いします!!!
    そこに棲む人の心や夢の中にまで 届け!僕のらっぱ!!

  3. ヨコチン より:

    1.ヨコチン
    2.岩手県盛岡市、50歳、オス
    3.森を歩く
    4.先週のライブ中、皆さまのコメントを眺めていて、この曲へのリクエストを求める声が幾つか目に付きました。僕も大好きな曲で、Your Songsツアーの時にリクエストをして歌って頂いた事があります。
    その時書いたメッセージの下書きがiPhoneの中に残っていました。我ながら気持ちをよく書けていると思うので(失礼)コピペします。

    僕は、この曲を聴きながら、もっと多くの人が、群れをはなれて森の中を歩き、舞い上がる風の歌や小川のせせらぎや空を舞う鳥たちのうたに耳を澄ましたりすればいいのに、と夢想する事があります。
    そうすれば、少なからずの人が今よりも少しは生きやすい世の中になるのかな、と。
    しかしきっといつの世も、恐らく太古の昔から、そういう作業をする人の数は決まっているという事はこの歳になるとある程度想像出来て(減る事はないけど増えもしないのかな)、まあ夢ばかり見ている訳にもいかないな、などと思いながら日々を過ごしています。
    でも、この曲を芯にして、ライブ会場全体が”Alone Together”な空気に包まれるのはきっと、はかないけれどとても美しい風景なのではないかとも想像します。僕はそんな景色が見てみたいのです。

    インスタライブではライブハウスでのような一体感は得られないかもですが、部屋で酔っ払って聴いても気持ちいいと思うんですよね〜

  4. ecwish より:

    1:ecwish
    2:53,男,埼玉
    3:SWEET HEART/SHE’S HURT
    マスターのフェイザーとディレイのお薦めセッティングをご教示頂きたく。

  5. ルッコラ より:

    1. ルッコラ
    2. 50代 女 宮城県
    3. ギターバー・ヒロシで聞きたいHWの曲
    BORN TO DIE
    イマジネーションを喚起させる詩!
    ソロで聞いたことがないので。

    感謝しよう、無への長い道のり、More Smile!
    奇妙な世界から、生き残るだけさ

    4. メッセージを遠慮なくどうぞ!

    毎週のインスタライブ、ありがとうございます。
    もう、お役目御免でもいいのかな~と思っていたのですが、申しわけないです。
    6月20日までついていきます。

    HEATWAVEの魅力は数々あるけれど、山口さんのギターにあるのは間違いない。
    なんだか、うっとりしてしまうんですよね。
    いつまでも聞いていたい。

    私は80年代、Aztec Cameraが好きだったんですが、ブリティッシュニューウェーブでは、山口さんはどのバンドがお好きでしたか?
    山口さんのルーツ、もっと知りたいです。

    インスタライブで山口さんのギター&歌を毎週聞ける贅沢、堪能しております。

  6. 西宮の同級生 より:

    「夜の果てへの旅」を。アルバムで随分聴いていたのにスルーしていて。ライブで聴いて初めてこの曲の良さを知りました。そんなに難しいコード進行ではないのに、弾いてみると洋さんの雰囲気が出ない。どんなマジックが必要なのか教えてほしい。

  7. ふるけん より:

    1 ふるけん
    2 51歳 男性 佐賀
    3 ゆきてかえらず
    4 毎週インスタライブありがとうございます。先週のインスタライブでstar Lightを聴いた翌日、ここ2,3日が山だと思っていた14歳の愛犬が旅立ちました。感謝の気持ちをこめて、この曲を愛犬ハッピーに送りたい。

  8. sonomanmayoshikun より:

    1.いとう
    2.60代 男 徳島
    3.荒野の風
     どんな時でも背筋を伸ばして立っていたいものです。
    4.山口さんの「Starllight」のギター講座で説明してもらったDADGAD! アイリッシュな雰囲気を持つ楽曲は、ほとんどDADGADで弾いているのでしょうか? 荒野の風もDADGADならば、イントロも含めてどのようなポジションで弾いているか教えてください。

  9. Raku より:

    1.Raku
    2.55歳、男、松戸
    3.誰も居ない庭
    4.先週の水曜日に母が亡くなりました。押し寄せる感情。初めての喪主。待ったなしの事務手続き。嵐のような1週間を過ごしました。この曲を何卒よろしくお願い致します。

  10. KUMIKO より:

    今週はギターバー・ヒロシなんですねー!
    想像しただけでテンション上がります(笑)
    嬉しいです。楽しみにしています。

    リクエスト致します。

    1. KUMIKO
    2. 50代 女性 埼玉県
    3. TOWER OF SILENCE
    4. この楽曲がたまらなく好きです。
    通底する暗い光が明るさを探りながら広がるようなイメージと哀感にうたれるギターソロが心に響くのです。

    以前からある匿名によるネット、SNS上での心ない誹謗中傷という卑怯な行為。
    誹謗中傷が楽しいと思える人は心の病だと感じますね。気の毒というかある意味可哀想。
    愛の連鎖が未来を変えると私は思うから
    人生は善きことのために生きたいと思います。

  11. フクダ ノリカズ より:

    1.フクダノリカズ
    2.48歳 男 大阪
    4.先日「フールとクール」をリクエスト
    させてもらいました。
    が、アコギ編、エレキ編と考えて
    もらってるみたいですし、せっかくの機会なんで、
    伝家の宝刀カントリージェントルマン殿の
    お顔(音色)を拝まして頂きたいです!

  12. ひーさん より:

    1.ひーさん
    2.49歳、男性、辻堂  
    3.ガーディアンエンジェルをリクエストします。

    今回はギターバーヒロシですね。
    楽しみです。ギターシバリという事で、ずっと聞きたかったこと、質問します。
    もう、20年近く前、仕事に忙殺される毎日の中で、ヒートウェイブのガーディアンエンジェルやボヘミアンブルーが弾きたくて、ブズーキが欲しくなり、ヤイリ社ブズーキを購入しました。 
    妻に呆れられながらもこの無謀な野望はかないましたが、ギターに触ったことがない私には何から始めれば良いかもわからず、今はクローゼットの奥に鎮座しています(ブズーキがかわいそう)。
    前置きが長くなりましたが、ブズーキを弾けるようになるには、ギターから習った方がいいですか。ブズーキってどうやったら弾けるようになりますか(ギターをなめとんのか、のご批判は、その通りです。)

  13. Daisy より:

    1. Daisy
    2. 約50歳、男、千葉県
    3. 夏
    4. まだ早いけど、「夏」。
     熊本の田舎から出てきて30年。
     高校生ヒロシのカエルの話を聞くたび、我が田舎のセミの鳴き声を思い出します。
     「あーーっ!」と叫びたくなる衝動、懐かしいです。
     ところで、歌詞にもある「セミの寿命7日間」説は俗説との話。
     高校生の研究によると、アブラゼミで最長32日間生きたそう。
     「おぉ」と唸りましたね。あの名著『八日目の蟬』の立場は?と。
     何の話だっけ?
     そうセミ、じゃなくて「夏」。
     夏本番の頃には、このインスタライブも無事終了しているでしょうから、今のうちにリクエストです。

     ヒロシ兄さんの言葉とギターで、国政への怒りも忘れ、まだ身も心もキレイだった田舎の少年に、ひと時でも戻りたいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>