山に還る

12月10日 土曜日 曇り 

 このまま、ここの家の子になって、人生をイチからやり直したかったが、オレは山に帰らねばならなかった。この夏、阿蘇に大雨が降ってたいへんなことになっていたが、オレはスケジュールがタイトでどうしようもなかったのだ。

 最後の角を曲がったら、草の中に家が埋もれていた。その昔、ネヴァダにあるメディスンマン、ローリングサンダーの家を訪ねたことがある。彼は一切の殺生をしないので、草がボーボーなのだが、それすらも凌駕する雑草魂。ここまで来ると、何だか笑える。とりあえず道を作ることから始めた。クルマが通れるようにし、お亡くなりになったたくさんの虫の死骸と闘い、林業のゴンが運んでくれた薪に火をつけ、何とか暮らせるところまでは辿り着いた。でも、ヘンタイだとは思うけど、オレ好きなんだよね。労働しないと、何も始まらないってのが。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

山に還る への2件のコメント

  1. さちこ より:

    山口さん、お疲れ様でした。

    1200kmの長~いドライブ、無事に到着してよかったです。
    なぜか、山口さんのブログを読ませていただいているといつも胸がキュンと痛くなります。
    自分はのほほんと生きているなあ。と、、、
    そして、何か手伝えないかなあ。と勝手に思ってしまいます。
    「女子のわりには運転が好きで上手いです。」しか思いつかない自分が情けないです。

    12月の恵比寿のライブ楽しみにしています。

  2. かつらぎ より:

    阿蘇の写真がアップされるのを、楽しみにしています。

かつらぎ への返信 コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>