HEATWAVE / 夕陽へのファンファーレ #001

11月8日 土曜日 曇り

さぁ、宣伝だー。これから時間のあるときに、数回に分けて、HEATWAVEの新しいアルバムのことを伝えていきます。

—————————————

制作に取りかかったのはいつのことだったのか(遠い目)。前のアルバムをリリースしたのが2007年。実に7年。決して遊んでいたわけじゃないっす。

その間に起きたことはあらためてここに記すまでもないか、と。個人的な事情と相まって、表現者として、ニンゲンとしての姿勢を根本から問われました。言葉を失っている時期から、音楽へと再び向き合うまで、かなりの時間を必要としました。あたりまえか。

簡単に書けば、世界と自分は容易に咀嚼できるような状況ではなかったということです。でも、そこに生息しているのも紛れもない事実で、世界がより良くファンクションするために、いったい自分は何ができるのか、失敗と挫折と失望を繰り返しながら、考えていたのだと思います。

ある日。

個人的な体験と相まって、エゴとはかなりかけ離れた地点に自分が立っていることに気づきました。表現者たるもの、自我は不可欠。云うまでもなく、僕もまたエゴの塊だったはずなのに。おそらく望まない鍛錬を繰り返すうちに、それが遠くに霞んだのでしょう。自分のことを考える余裕もなかったし、そのつもりもなかったし、実際そんなことはどうでも良かったんです。

数年かけて、日本中を廻るうちに、ようやくいろんな想いが音楽となって渦巻いてきました。

去年の夏。バンドでレコーディングに突入しました。やっと見つけた(僕らにとって)イケてるレコーディング・スタジオ。状況は整っていたはずだけれど、そこで録音されたものにロックンロールを感じなかったのです。理由はうーん。2011年以降のメンバーそれぞれの世界に対する態度の違い。違いはあって当たり前で、それでこそバンドなのだけれど、その「偉大なる差異」をまとめるだけの力量が僕にはなかったってことでしょう。

正直、途方に暮れました。もう限界かも、と思いもしました。50歳を超えるバンドがほぼ存在できない理由も身をもって理解しました。ただ、ここで終止符を打ったなら、後悔を残すことも、ね。

一人でツアーをしながら、僕らの新しい曲が望まれていることを肌で感じていました。同じ時代に生きていること。そんな理由もあって、まずは自分のソロでレコーディングし、アルバムをリリースしました。SONGS OF EXPERIENCE、ウイリアム・ブレイクの言葉を借りて「経験の歌」。読んで字の如し。そのままです。

僕はもう一度チャレンジすることを決めました。バンドの紆余曲折の35年にそのくらいの価値はあるはずだと思いたかったんです。いや、マジで。

レコーディング・スタジオではなく、ライヴやリハーサルの現場で、できるだけマルチトラックで録音しておき、それを僕がまとめあげるという、書けばこれだけのことだけれど、途方もない航海に出てみようと思ったのです。この期に及んで途方もないチャレンジに出たって、誰に迷惑をかける訳でもないじゃん、みたいな。

実際、そのチャレンジはかなり途方もなかったんすけど、その道程を耐えられるだけの言葉、いや、なんだろう、態度。そんなものを見つけたんです。

今日はこのあたりで。続きは次回。

カテゴリー: 夕陽へのファンファーレ / HEATWAVE   パーマリンク

HEATWAVE / 夕陽へのファンファーレ #001 への2件のコメント

  1. Froggy II より:

    言葉が適切かどうかわからないけれど、その7年のあいだにも音が止むことはなく「沈黙」というべつのメロディーが流れつづけていて、それをちゃんと聞いていたリスナーもたくさんいるのではないでしょうか。

    小さなエゴが次第に大きくなって自分の外側、たとえば他者や環境などをも含むようになったとき。いつのまにか質が変わって、それは豊かさをもたらすエゴになるんだと思います。わたしは大きなエゴが好きです。

    失望や挫折をくり返しながら、なんとかものごとを相対化していくゲームをつづけていった先である日、扉が開いて自由であることに気づくのかな。
    そういう意味でも高年齢(褒め言葉です♡)の表現者って、圧倒的な説得力でもって人間の普遍性や励ましをビシバシ伝えてくれますから。笑 
    がんばってくださいーd(´▽`)b

    新しいアルバム、楽しみに待ってます。50歳を超えたからこその色彩を感じたいです。

  2. Kumiko より:

    失敗と失望や挫折の経験を昇華することで、また違うエネルギーが沸いてくるのだと思うのです。闇の中にいると光さえも奪うけど、

    そんな状況の中でも闇に慣れると、
    光が指している方向が見えてくる。

    乗り越えるまでの藻掻きは半端なく大変な道のりだけど、

    幾つもの偶然が重なることで必然なことに気づくのでしょうねー。

    だからこそSONGS OF EXPERIENCEが生まれたのだと思います。

    HEATWAVEの新しいアルバムがどの様な風景を光を見せてくれるのか、とても楽しみにしています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>