the Boy40 tour day #013 長野にて

5月11日 土曜日 晴れ

つくづく恵まれた人生だなぁと。

長野に着いたら、待ってくれてる人がいて、積もる話をして、美味しいものをいただいて、飲みすぎて、会場入りしたらタテタカコ御一行がいて、たくさんミチロウさんの話をして、彼の歌を一緒に演奏した。ステージにミチロウさん、居たよ。

やれることを全力でやることでしかないんだけど、11/16についに大好きなネオンホールにHWでやってこれること。発表したときのオーディエンスの表情が、ギフト以外のなにものでもなかった。

ほんとうにありがとう!

 

ミチロウさんのこと、書かせていただきました

タテちゃん、ありがと!

ありがと!

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

the Boy40 tour day #013 長野にて への6件のコメント

  1. jun より:

    長野公演お疲れ様でした&ありがとうございました♪
    洋さんの新曲のひとつは令和になり、いまの時代に自分の夢に取り組もうと思いました。(!)
    あと洋さんのギターの音はなんて優しい音だと思いました。
    ネオンホールの方やお客さんたちが作りあげた空間でした。

  2. はたぼー より:

    東京からネオンホール初参加しました。
    なんだかとてもあったかい場所でした。
    木のぬくもりだけじゃなくて、ここで演奏した多くのミュージシャンの音魂が染みついてるからなんでしょうね。
    ライブも勿論最高でした。
    最後にタテタカコさんと演奏したミチロウさんの曲には、魂わし掴みにされてぶるぶる震えてしまうほど。
    ミチロウさんも確かにいましたね。
    余韻に浸りながら東京へ向かっています。新緑の山々が美しいなぁ。
    11月も長野に行きますー。

  3. えーちゃん。 より:

    山口先輩!
    素晴らしいライブでした!
    明日からまた頑張る。

    ミチロウさん、桃持ってましたね。
    桃かじってバシャ!
    何度見てもよかです。

    確かなミチロウさん、いました!

    あのレアな「満月の夕」、泣けました。
    ありがとうございました。

    11.16、ネオンホール再び。
    波動砲を体感したいと思います。
    お待ちしてます。

  4. 林檎 より:

    今年も長野に来て下さり、山口さんの歌とギターをお聴きする事が出来て、極上で至福な時間をありがとうございました!!!♪(*^-^*)

    私にとって2回目の新曲や初めての新曲を聴き、またすぐに聴きたくなってしまっています ^ ^

    突然のタテタカコさん登場にも驚き、山口さんとタテさんとの熱演、力強い歌唱力の相乗効果は凄くて、圧巻でした!!!(◎o◎)
    ミチロウさんとのエピソードも含めMCも楽しかったです♪

    そして、HEATWAVEでの長野公演、とっても嬉しいです!!!!!!!新曲収録のCDも含め、楽しみにしております♪o(*^_^*)o

  5. Ray's Dad より:

    令和元年の最初の月が終わる今日、こっそりコメントしますね。

    ネオンホールの夜は、最高でした。
    デュエットによる「満月の夕」。
    聴いていた僕も、演奏後に灰になりました。
    聴き手も完全燃焼するほど、気持ちが揺さ振られた名演奏でした。

    11月のネオンホールにも伺いますので、事あるごとにリクエストし続けてきた「(What’s So Funny’bout) Peace, Love and Understanding」が、長野で演奏されることを心待ちにしていますね。

    半年後のネオンホールで、逢いましょう!

  6. かつらぎ より:

    先日、登山をされる女性の手で描かれた穂高岳の抽象画を買いました。整理番号1番で訪れた長野、大切な街です。ネオンホールの前のおばんざい屋さん、神事もつとめる鯉店、フルーツサンドの美味しいパン屋さん。魅力的な商店街の古書店。観光地に行く時間は取れなかったけど、街の文化にふれました。文化の土壌や風土は、熟成されて育つものだと、痛感しています。街と人。多謝!

はたぼー への返信 コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>