日別アーカイブ: 2014年11月11日

HEATWAVE / 夕陽へのファンファーレ #004

11月11日 火曜日 雨 はてさて。 今日はツアー前の最後のリハーサルなのですが、おそらくスーパー全力を出し切って帰ってくるので、帰宅後のblog更新は無理かと思われ(元気があったら、写真だけ更新します)、みなさんに新しいアルバムを是非手にして欲しくて、朝6時にこれを書いております。 —————————————- ミキシングのことです。 ミキシングって、これまた知らない人にはぜんぜん分からない話っすよね。えー、マルチトラックの個々のトラックには大抵の場合、一種類の音が収められています。たとえば、ギターとかヴォーカルとか、ベースとか。昔はたくさんのトラックを使っていましたが、今の僕らは極端に少ないです。たいてい16トラックあれば事足ります。24までいくことは最近あまりないです。隙間で語るバンドになったからだと思います。 それらをどのように混ぜ合わせて音楽を作るかってのがミキシングです。ルールはありません。自分のやりたいようにやればいいのです。ただし、かなり専門的な知識も必要になりますが。 僕の場合は短編映画のような動画がスピーカーの間に見えているので、そこに向かっていきます。空想の動画を実際の音が上回ると、ひじょーにコーフンします。 みなさんの日々に響くファンファーレを創るにあたって。主張が強く、痛く、激しいだけのものを創りたくはなかったのです。それに関して、貼られていた戒めの標語は「強さじゃないんだ、風なんだ」でした。笑。ストロングな方向に行きすぎて、耳が痛くなってきたら、その標語が僕を戻してくれます。 とにもかくにも、次第にいろんなつまみが動かなくなってきます。動く範囲も狭くなってきます。最後は0.2dbくらいの攻防が繰り返されて、行きたかった場所にたどり着きます。そこは絶妙なバランスで成り立っている奇蹟的な場所なのです。早くて3日、手こずると1週間くらいかかります。僕は専門的な教育を受けていないので、技術よりセンスで突破しなければならず、どうしても時間がかかります。通常の現場では平均して1日1曲ぐらいです。 自由に生きるってことは、責任を自分で取れば、どのように生きても自由なのです。でも、たとえば今年はソロアルバムも含めると、約4ヶ月、自分のスタジオにカンヅメになっていました。その間、当然収入はありません。本来作家とはそのような職業です。こんなことでビビるくらいなら音楽なんかやるんじゃねーと、これまた無駄に自分を鼓舞します。僕はもうこういうことにビビったりしませんが(多少の危機感はあります、もちろん)、家族が居たらキビシーかなぁ。ここまで集中できないかも。そして家族が居ようが居まいが、人々が手にしてくれる作品を創れなければ、次はないってことです。アウトです。続きませんから。いつだって崖っぷち。いつも云ってますが、続けることが一番難しいのです。その緊張感もいい風に変えて、作業は続きます。 ミキシングには2週間くらいの余裕を取ってあり、フィニッシュは阿蘇でと考えていましたが、耳の疲れもあって、作業は大幅に遅れ、結局ギリギリでした。細部に渡って、丁寧に、そして大胆に気持ちは込めてあります。約3ヶ月の「途方もない航海」はようやく終わりました。 そこからはマスタリングです。全体のバランスを整え、曲順、曲間を決める重要な作業です。これまた専門職なのですが、今回は魚が担当しました。ケチったのではありません。誤解なきよう。あくまでもバンドの総合力で完成させたかったのです。 ツアーが再開してしまった僕とネットで毎日やり取りをします。どこのポイントをどう変えたのか、周波数と変化の度合いが分かってしまう自分の耳が恨めしかったです。僕らの耳は0.2dbの違いを聞き分けます。ちょっとうんざりします。マスタリングも大抵の場合一日で終わる作業なのですが、これまた困難を極めました。そもそもの録音の成り立ちが変わっているアルバムなので、質感を揃え、ストーリーを創るにはいったいどうしたものか、二人で途方に暮れました。追い込まれた日、深夜に魚が解決方法を見つけたとき。ネットを挟んでガッツポーズをした日のことは忘れられません。それは最後の巨大な壁だったからです。格言、「諦めたら、負けだ」。 最後の最後。僕はツアー先の長野から車をぶっ飛ばして魚のスタジオに行き、二人でフィニッシュしました。お土産は横川の峠の釜飯、どうでもいいか。締め切りの前日。滑り込みセーフです。魚のスタジオの(敢えて)ラジカセから1曲目が流れてきたとき。言葉にならない充実感がありました。 家に着くころ、魚から電話。「釜飯ありがとう」。あれ、ときどき無性に喰いたくなるよね。笑。 最後にアート・ディレクション。デザイナーは渡辺圭一です。バンドのアルバムだからです。彼は演奏してから、音楽がどのように変化しているのか、まったく知りませんでした。物理的に離れた場所に住んでいるし、作業そのものは僕ひとりで続けていたからです。 僕の作業が8割方終了した時点で、音楽を聴いてもらいました。タイトルが見えていると、お互い作業は早いです。浮かんできてからは、フィニッシュに向けて突っ走るだけでした。今回ジャケットにはアルバムタイトルも、バンドの名前も記されていません。そこに込められたデザイナーの想いも受け取ってもらえたらと思います。 こうやって、宣伝のため、仕方なく、言葉で説明していますが、ほんとうはイメージを限定するような行為を何ひとつしたがらないのがHWというバンドの良さだと思っています。「またヒロシが言葉で説明しすぎ」とバンドのみなさんに思われていることでしょうが、今回は僕も云いたい。「じゃ、売ることに協力してくれ」、笑。 てな訳で、ツアー前に、このシリーズの記述は一旦終わりです。読んでくれて、ありがとう。2014年、HW。全身で魂込めました。みなさんの日々で響きますように。 一番大切なことを。どんな状況であれ、僕らをサポートしてくれる皆さんが居てくれなければ、僕らは成り立たないのです。これまでのたくさんの声援にこころから感謝します。ほんとうにありがとう。 とにもかくにも、ツアーに来て、手にしてくれると嬉しいです。今日も大きな声で云うぞ。買ってくれーーーーーーーー。 アルバムに収録されている曲は以下です。僕のソロで知っている曲も多いでしょうが、全部新録です。 夕陽へのファンファーレ / HEATWAVE 1. Don’t Look Back 2. Life Goes On 3. I Believe in You 4. … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 20件のコメント