on the road、day#013、苦悩する生き物

9月13日 木曜日 晴れ 

 しっかし、人間は苦悩する生き物だなぁとあらためて。哲学だったり、宗教だったり、んなものが必要なのが身にしみてよくわかる。でも、僕は死ぬまで体験主義者で居たい。研究と勉強が嫌い。自分が経験したことしか信じたくない。

 若い頃、絵を描いていた。静物を描くとき、たとえばリンゴを3時間凝視していたら、リンゴの中身とその反対側の風景が見えるようになる。それを「見切る」と勝手に呼んでいたのだけど、LIFEだけは見切ることはできないなぁ。相変わらず、自然との対話を通して、あるいは運動中にふと湧いてきたこと。そういうときにもたらされたメッセージが有効かなぁ。でも、働きかけがたいせつで、こころをからっぽにして働きかけていないと、そのメッセージも受けとれない。都会にいるとその案配は難しくて、山はそこがいいかなぁ。

 今回、体力の限りを尽くして、やれることはほぼやったと思う。窓が壊れて吹きっさらしになっている間に家電製品の殆どがヤラれてしまった。必要最低限のものだけ買い換えた。母は彫刻をやっていたのだけれど、その作品を保管していた部屋もやられてしまった。ほんの一部を除いて、薪ストーブで燃やしてやることにした。それが母と作品へのいちばんの愛だと思ったから。僕が死んだら、また誰かに迷惑をかけることになる。ならば、僕の手で燃やしてやるのがいい。まぁ、なかなかに愉しくないんだけど、これでいいのかな。もし、母を知る方で欲しい方がいらしゃったら差し上げますので、ご連絡ください。

 つくづく思う。身軽にしておこう。

 この家での晩ご飯!遂に。博多名物、水炊き。美味しかったよ。来年はみんなの笑い声が聞こえると思う。

 と、ここまで書いて。山に居ると、朝4時には目が覚めるので、早朝麓まで降りて(往復1時間、笑)、セブンイレブンの無料wifiを借りてblogを更新しているのだけれど。今朝は身体が岩のようで起きれず。指は力仕事で腫れてしまった。

 なにもかも。全力でやりすぎたな。思考も労働もなにもかも。でも、これでよかったと思う。少しだけ自分を休ませてやろう。あ、blogに写真をアップする気力が山にいる間ないので、それはインスタを参照してください。メッセージがもたらされた瞬間も写ってると思うよ。

 10年前に見えなかったことが、今になって見えてくる。ある種の衝撃。それが自分の苦難に満ちた(笑)成長なのだと思う。どうしてそれに気づかなかったのかって、自分にその器がなかったから。だからこそ、向き合ってきてよかった。人には勧めないけれど、楽な方に逃げていたなら、それは見えなかった。多少のダメージはあるけれど、それがこころの筋肉を鍛えるのかなぁ。強いってことはしなやかで優しいということだと思う。

 こころとからだの激しい筋肉痛と発熱とともに。なーに、野生の動物はじっとしてりゃ、すぐ治る。笑。

———–

ソロ・ツアー「YOUR SONGS 2」のリクエスト。

このblogのコメント欄に
1. 参加する会場名
2. お住まいの地域
3. 氏名(ニックネーム可)、年齢(サバ読み可)、性別
4. リクエスト曲(一人一曲で)
5. なによりも、それを聞きたい理由(きちんと書いてくれた方が採用率上がります)

を書いてください。このblogの最新のコメント欄に書いてください。古いものだと見落とす可能性があります。

ツアーの詳細はこちら

———–

HEATWAVE、ツアーに出るよ!

▼▼BLOG先行受付中!!▼▼

http://eplus.jp/heatwave2018/

受付期間:9/9(日)12時〜9/24(月/祝)23:59

<TOUR INFO>
HEATWAVE TOUR 2018 “Heavenly”

■大阪公演
2018.12.19(水)18:30/19:30
梅田バナナホール

■福岡公演
2018.12.20.(木)18:30/19:30
福岡Gate’s7

■東京公演
2018.12.22(土)18:00/19:00
渋谷duo MUSIC EXCHANGE

席種:全自由
料金:前売り ¥5,000 (税込) ・ドリンク代別

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

on the road、day#013、苦悩する生き物 への1件のコメント

  1. rie より:

    お母さんの作品、知りない人に処分されるより、息子の手で燃やされて、暖まってもらう方が、うれしいんじゃないかと思います。
    だから、良かったんだと思います。 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>