痺れる

5月10日 日曜日 曇り

ともだちからの情報。

ライ・クーダーが「 Under My Thumb」をLAバンダ・スタイルでカヴァーしていて、収益の一部はネイティヴ・アメリカンのナヴァホとホピ族のCOVID-19救済基金に使われると。

痺れるよ。
ぜひ!

音源は2ドル50セントで買えます。

PVはこちら
YouTube Preview Image

 

 

ナヴァホもホピの台地も、オレ若い頃、さんざんお世話になったから。

 

ライはキースにオープンチューニングを盗まれて、そのおかげで「Honky Tonk Women」が生まれて、こうやって今「 Under My Thumb」をカヴァーしてるところが激シブ。

こういうセッション、HWでも提供したいと画策中でございます!素晴らしいよ。

 

YouTube Preview Image

 

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

痺れる への3件のコメント

  1. 風にハモ太郎 より:

    痺れました!Ry Cooder と Banda Boogaloo の Under my Thumb!
    1950年代のアメリカ映画フィルム・ノワール繋ぎの映像PVが素晴らしい!
    一筋縄では行かない男と女の不穏なドラマと、ブーガルーの曲の進行が、メラメラとしてきます(笑)。under my thumb(言いなり)にならなそうな女性ばかり登場だし、洋さんご指摘の盗作疑惑と相まって、なんてアイロニーな。美男美女の中で0:23あたりのエドワード・G・ロビンソン(ホームレスに落ちた「飾り窓の女」かな?)が大好きです。
    セッション、もいいですねー。こちらの映像、もうHEATWAVEにしか見えてきません。
    是非、管楽器も入れて欲しい(聴きたい)です。
    昨日のスナックひろこ、追加オーダーの「オリオンのスライド」で、強烈にアメリカの砂漠からの風景を感じました。今日のライと偶然?必然?
    いつもいい曲紹介をありがとう、山口洋音楽堂さん!

  2. 山田だんだだん より:

    ストーンズもライ・クーダーもさほど詳しくない私だが、ギターソロの雰囲気・質感は最近の山口洋ギターソロに近しいものを感じますね。何というか、出し惜しみしない、弾きまくりの感じが。サンタナっぽいのかな、と思っていたけど、こっちの方がより近いですね。昔の山口さんのソロはもっと抑えていたような気がするけど、最近はとことんまでやったるっていう感じですよね(違ってる?)

    ラテンはたまに無性に聴きたくなりますね。何も考えずに気分を上げたい時など。
    ブラスの入ったヒートウェイヴ。いいですね。ハモ太郎さん賛成です。
    真城めぐみさんボーカルで「お祭りマンボ」のカバーなんかいいかも。
    制作費はもちろんマネーの虎に出してもらいましょう(嘘です、笑)。

  3. たかいけいちろう より:

    真城さんのヴォーカルいいですねぇ~!!
    できれば、「ケーシー・ジョーンズ」とかグレイトフルデッドの曲を
    山口さんのエレキで聴きたいです!!

    あと、リクオさんの「光」という名曲。
    真城さんもバックコーラスで参加されていますが、
    ぜひこの曲でも、山口さんのギターソロで
    彩りをつけていただいて、コラボしてほしいなぁ~!!

    山口さん、
    おすすめのホーンやブラスの入ったごきげんなロックが
    ありましたら、ぜひ、今度のインスタでかけてくださいまし!!
    よろしくお願いいたします。(*´ω`*)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>