日別アーカイブ: 2011年10月28日

驟雨

10月28日 金曜日 曇り 霧雨の中、峠を20キロ走って、身体のブラッシュアップは完了。濃いガスにまかれると視界は3メートル。本当に道があるのか疑わしくなるけど、多分ある。人には勧められないけど、得難い経験。 自分なりにカタをつけて、清い心で山を降りようとしたが、そうは問屋が卸さず。ネットに繋がらなくても、目眩のするような情報が次々に飛び込んでくる。今日は我慢の限界を超えたので、いくつかのトピックに分けて、伝えます。これって、ここ一日の話だよ、ほんと。信じられる? —————————————————————- 1. 「津波が来る前から、原発は制御不能だった」 広瀬隆さんとフクイチの設計者であるサイエンスライターの田中三彦さんの告発。「津波前から原発は制御不能だった」。東電は津波による全電源喪失が事故の原因だと公式見解を出しているが、もし津波の前に地震で壊れていたのなら、地震列島日本に建設されている、他の原発は再稼働できなくなる。地震後、どのような対応をしたかと云う追求に対して、東電は「黒塗り」の作業手順書を提出。田中氏は元エンジニアとして、地震による配管破断から制御を失った可能性をデータから指摘。電力会社はこの惨事から学ぶ姿勢に欠けすぎている。この後に及んでごまかそうとする、その体質に呆れる。ストレステストなる名目でメーカーにそれを依頼して、再稼働させようとする政府も同罪。目眩。 2. 「東電は原発賠償で国に一兆円の支援要請」 、、、、、、、、、、、。言葉が見つかりましぇん。 3. 「放出されたセシウム137は約3万5000テラ・ベクレル。それは日本政府の推計の2倍を超える可能性がある」 原発事故によって放出された放射性セシウム137は約3万5000テラ・ベクレル(再び目眩)に上る。それは日本政府の推計の2倍を超える可能性がある、と北欧の研究者たちが指摘。「太平洋上空に流れた量を多く見積もっている」と例によってアホな読売新聞は報じているが、その文章に何の根拠があるのか、まったく分からない。大切なことは、それがどれだけ途方もないことなのか、一般ピープルに理解できるように、示すことだとオレは思うのだが。 4. 「海にダダ漏れしたセシウムについて」 海洋流出したセシウム137は2.71京ベクレル。東電が6月に発表した数値の20倍。フランスの研究所が発表。 5. 「自分の安全は自分で守るしかないこと」 僕は普段、関東某所に生息している。前にも何処かで伝えたけれど、あまりのキンチョー感のなさにときどき目眩を覚える。けれど、発見される放射性物質の場所は次第に接近してきていて、遂にベリー近場で8000ベクレルのセシウムが検出された。小学校でね。例によって、自治体は地上5メートルの空間線量しか測っていなかった。今回、この数値が出たのも「住民の要請」によるもので、その危機管理のなってなさに目眩。NHKの夕方のニュースは「今日の放射線量」ってのを流しているのだけれど、前にも書いたが、その数値と、僕らが測ったものは「一桁」違うってことを伝えておく。これだけの「ウソ」が公然とまかり通っている中で、自分の身、子供たちの未来は、自らの手で守って欲しい。みんなが住んでるから安全、なんてことはあり得ないってことを。あのね、僕だって、こんなこと書きたくない。フツーに他愛のないことを書いて、暮らしてたいよ。でも先日、僕は研究者によるチェルノブイリの影響のレポートを詳細に読んだのだが、慄然としたのだよ。自分が知っていることをどう伝えるべきか、本当に悩む。 6. 「福島で行われる駅伝」 11/13に福島市で東日本女子駅伝が催される。放射線管理区域である0.6マイクロシーベルトを超えている地点が多々ある、と。中高生も走るんだと。目眩。 7. 「食品から受ける生涯の累計線量の上限を100ミリシーベルトに」 食品中の放射性物質による内部被爆の健康影響について検討してきた内閣府の食品安全委員会は、食品から受ける生涯の累計線量の上限をおおよそ100ミリシーベルトとする答案をまとめた。 しかも、これは外部被爆を含まずってことらしい。何はともあれ、読みかえれば、生涯100ミリシーベルトまでなら、内部被爆オッケーってことです。と、政府が申しております。 8. 「原発輸出、首相表明へ。ベトナム首相と31日首脳会談」 まったく。どじょうはどっち向いて泳いでんだか。 ———————————————————————————- どうして正直に生きようとしないんだろう。どこまで腐ってるんだろう。どうして暴動が起きないんだろう。3たび、この言葉を。 「普遍的な愛の基盤は、あらゆることに対する責任感です」。by ダライ・ラマ14世

カテゴリー: 未分類 | 13件のコメント